« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011.01.20

イチゴ狩ってきたよ

Kisyou1年にたった1日、駐車場に日本に何台も走っていない車が集まるイチゴ農家が静岡県にある。

という訳で、毎年恒例Blueforceさん主宰でいつものプジョー仲間の皆さんとイチゴ狩りに行ってきた。

Naisa
場所はおなじみなぎさ園。
特に予約したりなどはしないのに、やっぱりレア車で乗り付けるからだろうか覚えていただいたようでお店の方にはいろいろと良くしていただき、こりゃ来年もまた来なきゃである。

Inutoyouzyo
ここは何と言っても時間無制限、ワンコOKなところがうれしい。

しこたまイチゴを食べた後はこちらも恒例の朝霧高原Field Dogs Gardenにて昼食。

さて、腹もこなれたし、どうしますか?
というわけで朝霧高原にある日本盲導犬協会が運営する盲導犬の総合センター「盲導犬の里 富士ハーネス」を見学してみることに。

オウム真理教富士山総本部跡地に建つこの施設は、盲導犬の一生をトータルにケアすることを目的とした施設。

牧羊犬から麻薬探知犬、災害救助犬などなど人間のために働く犬は数多けれど、盲導犬はある種別格な扱いを受けている気がする。
この施設は盲導犬の一生をケアするという言葉の通り、犬の分娩棟、訓練棟、医療研究棟、そして最後の別れをする部屋まで完璧に整っている。

直接犬と触れ合うことができるのが引退犬棟。
ここでは盲導犬を引退した犬やPR犬と触れ合える。
PR犬はまだ若く元気いっぱいなのだが、引退した犬はやはり落ち着いており、ベテランの風格も漂う。
Naniwoomou
どことなく物憂げな眼をみると、長い間お疲れ様でしたと素直に思ってしまう。
そしてなにより盲導犬を希望する全ての視覚障害者の思いを叶えてほしい。

この記事を書くにあたっていろいろ調べてみたのだが、公益財団法人日本盲導犬協会財団法人アイメイト協会(リンク先音楽注意)の考え方の違いなど非常に興味深く感じた。

夕食は国立まで来てワンコOKのステーキ鉄板ダイニングArchangeへ。
Archange
これが大当たりで、本格的なオープンキッチンの鉄板で作られるステーキやハンバーグがお手頃な値段で楽しめて大満足。
店内もきれいで清潔感もばっちり。犬もテラス席限定ではなく、店内にも連れて行けるのがうれしい。

イチゴで始まり肉で終わった1日だが、こういうプチドライブはやっぱり楽しいね。
Blueforceさん、お付き合いいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.12

横浜消防出初め式

Keirei7年ぶりとなる横浜市消防局出初め式が行われたので行ってみた。

中田前市長が事業仕分けの大ナタを振り、就任直後から行われなくなった出初め式である。
中田市長は横浜市消防局を安全管理局と組織変更をし、また出初め式を中止するなど消防ファンにとっては何かとアレだった。
09年9月に林市長が就任したことで何か変わるのではないか、と思う消防ファンも多かったと思うのだが、まさにその通りになった。

出初め式での市長挨拶でも触れていたが、就任後にまず手掛けたのが横浜市消防局の名称復活と、そして7年ぶりの出初め式復活。
その挨拶はまるで中田市政との決別宣言に聞こえるほどのものだった。

とはいえ、今までの臨時ヘリポートではなく赤レンガ倉庫広場が[会場となり、規模は大幅な縮小となり、市長の視閲行進や企業消防隊の参加もなく、一部の消防隊が消防総合訓練演技を行うにとどまった。

という訳で、お目当ての訓練演技。
ストーリーは高速道路上の多重衝突事故。
かつては化学工場が爆発する毒劇物災害がメインストーリーだったが、それだと多数の消防車や化学工場を作るスペースが必要。
今回はストーリーを工夫してスペースを確保したようだ。

という訳で、多重衝突事故によりマヒした高速道路に、インターチェンジから逆送にて進入する消防隊を誘導する神奈川県警高速道路交通警察隊の白バイ
Sinnyuu
白バイ独特の笛のようなサイレンはいつ聴いてもたまらない。

続いて特別機動救助部隊の車両が続々到着。
Gentyaku

足りない人員をヘリにて搬送。
Rapekouka

出初め式でのラペリング降下の披露は初めてじゃないかな?
Koukakoukakouka

どうやら事故を起こした車両の中に危険物を積んだ車両があったらしく、一帯をいかにも毒々しい黄色い煙が覆う。
そこで特別高度工作車に積まれる大型ファンによる有毒ガスの拡散作業が行われた。
Haienn
Haien
この車両、側面に総務省消防庁の文字が書かれているが、国の予算で購入し横浜市に無償貸与されているのだそうだ。
国に買ってもらったんだろうなとは思っていたが、貰いものではなく借りもので、予定では5年後に返すとのこと。

Wadome
こちらからはよく見えないが、乗用車の下敷きになった要救助者の救助シーン。
救助工作車のクレーンを活用し、乗用車を持ち上げて救助するのだが、アウトリガーを出しているのにさらに輪留め。基本に忠実はゼロ災の要。

救助隊の活躍で救助も完了、全隊現場引き上げで訓練は終了。

かつての出初め式と違い、ここからはしご車体験搭乗や救助工作車車内の公開など一味違うイベントが続いた。

出初め式にはスポンサーが付いていたし、横浜消防以外にも建設省や神奈川県警なども車両を持ち込んで公開しており、なんとなく防災の日イベント風になっていた。
伝統の出初め式の復活、って言うだけではやっぱり予算も付きづらかったのだろうか。

とはいいつつ、ぜひ来年も続けてほしいイベントだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.01.08

携帯買い替えたよ

Regupon携帯電話と手帳を一つにまとめたい、という思いは携帯電話が高機能化してスケジュール帳の機能が充実しだしたころから思っていた。

そもそも、いわゆるデジタルガジェットが大好きだったので、中学生のころから使いもしないクセに電子電話帳なんかを持ち歩いていたクチなので、カシオの電子手帳DK-7200を知った時は真っ先に買ったものだ。

当時から電子手帳とパソコンの連携に興味があったわけで、HAL研究所の通信ケーブルでPC9801と接続し、電話帳なんかをしこしこ編集していたのを覚えている。

とはいえ、電話帳とはいってもそもそも友人の電話番号は頭で覚えるご時世だったし、スケジュールもやっぱり紙媒体のほうが使いやすく、DK-7200も電池の液漏れでズタボロになっても修理する気が起きず、そのまま不動産になってしまった。

PDAという言葉が一般的になったころ、ガジェット好きがぶり返し、これまたカシオのカシオペアE-750をPHSのCFカードとともに購入。
もうネットサーフィンにどっぷり漬かっていた頃だったので、通信速度が遅いながらもモバイルでのネットサーフィンを楽しんでいた。

そこにSHARPのW-ZERO3が登場。
カシオペアではできなかった音声通話も可能ということでうっかり購入。
しかし、カシオペアもW-ZERO3もPCとの連携にはケーブルを使った「同期」という作業が必要で、これが意外と面倒くさく、使いこなせず。
そのうえ、イケメン顔負けの携帯電話の2台持ちという身の丈を忘れた行為は財政を圧迫。
やむなく手放すことに。

しばらくは携帯電話+紙媒体で生活していたのだが、そこに降ってわいたドコモ3.0、スマートフォンフィーバー。
Edyのユーザーなのでフェリカに対応しない携帯電話には全く興味がなかったのだが、いよいよスマートフォンにもフェリカ搭載の波が来たようで、満を持してREGZA Phoneを購入。

これの楽なところは、googleと完全に同期しているところ。
googleカレンダー上のスケジュールを家のPCだろうが会社のPCだろうがそれこそネカフェのPCで更新しても勝手に携帯のスケジュール帳も更新されるのが素晴らしい。

う~ん、こりゃようやく紙媒体がサブになれるグッズになるかもだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.03

新春スポーツスペシャル

Puriusu新春一発目のネタと言えばやはり箱根駅伝。
実は今回あまりテンションが上がらず、往路はテレビでちらっと見る程度、復路もどうしようかなぁ~と家でうだうだしていたのだが、戸塚中継所通過の声を聞いてふらっと応援に向かってみた。

Saigonozieitaiかつて箱根駅伝と言えば陸上自衛隊第一師団の車両・人員が選手の先導などで活躍したものだが、その協力も平成16年に終わってしまった。マイ写真データベースをひっくり返したら、平成16年の駅伝を撮った写真に1枚だけ自衛隊車両が写っていた。
当時はこれが最後の自衛隊だなんて知らなかった。

大会運営車両も三菱自動車が定番だったのだが、同社のリコール隠し騒動からホンダになった。
ホンダは2014年まで車両提供をするという話だったのだが、今年はなぜかトヨタの提供となり、21台のプリウスプラグインハイブリッドが提供されたそうだ。
たぶん全国から試乗車が集められたのであろうか、豊田ナンバーはもちろん新潟ナンバーなどが走っていた。

箱根駅伝と言えば三菱自動車のイメージがやっぱり強い。
いつかiMiEVが東京-箱根を疾走する日を祈念しつつ・・・

というわけで、のたのたしていたので先頭集団の通過には間に合わず、12位の山梨学院大学が目の前を走り過ぎて行った。
しかも場所取りもできずで写真もいまいち。
駅伝選手並みにあちこち走りまわって撮影ポイントをゲットした時は時すでに遅し。

でもいいんです。
今回のターゲットはただ一人(一台)。あのNSR。

Ketuケツモチのパトカーが「交通規制のご協力ありがとうございます」とアナウンスしながら通り過ぎて・・・

Ketumotiキタ━━━(゚∀゚)━・・・・いないっ!!

いったいどうしたんだろう。
最後の最後、ちょっとさみしい箱根駅伝だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.01

新年明けましておめでとうございます

Onenga11_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »