« ハマギン狩り | トップページ | ゴールデンウィークを振り返り 【その1】三島を訪ねて »

2011.04.30

ご当地雑誌

Hyousi「横濱」という季刊誌がある。
毎号「横浜の坂道」や「鶴見川流域の物語」などなど横浜市民のみならず気になるテーマを特集する雑誌である。
この雑誌が変わっているのは、出版は神奈川新聞社なのだが、「横浜市との協働編集誌」と銘打ち、編集に行政が参加しているところである。
全ページカラー、100ページほどの雑誌で定価600円と言うお値段は、市の広報紙と思えばべらぼうに高いが、内容を鑑みるとかなりお値打ちだと思われる。

で、春号のテーマが「歌、映画、ドラマに見る横浜」ときて表紙が廃墟時代の赤レンガ倉庫だったので即購入。
ちなみに横浜市内の書店の他、相鉄線の駅売店でも買えるあたりが地域密着。

特集はもちろん見応えのある内容だったのだが、さらに目を引いた記事が「~ハマの老舗企業~挑戦者たちの軌跡」。
今号で取り上げられたのが上野トランステック株式会社
昭和シェル石油のガソリンスタンドにガソリンを輸送しているタンクローリーのほとんどが上野トランステック傘下の上野輸送の名前を掲げていることに気付いている人も多いと思う。
てっきり、三菱車の陸送を担うふそう陸送のように、上野輸送も昭和シェル石油の関連会社かと思っていたのだが、実は資本関係は無いと今回の記事で知って驚いた。

そして、昭和シェル石油がライジングサンと呼ばれていた戦前からの取引と、戦後日本で営業を再開するに当たって戦前の仕事ぶりと戦中に収容所に収容されていたライジングサン社員たちへの面倒見の良さから「もう一度上野輸送との関係を復活させたい」というシェル社の思いに応え、国内輸送を担うことになった歴史的経緯も知り、上野輸送を見る目が大きく変わった。

やっぱりネットをぶらついてるだけじゃ得られない情報ってたくさんあるな~。

|

« ハマギン狩り | トップページ | ゴールデンウィークを振り返り 【その1】三島を訪ねて »

コメント

この雑誌、気になってました。そう、相鉄の駅でも売ってるし。1回も手に取ったことないんですけど、見てみようかな。

投稿: ロコ | 2011.05.04 07:17

600円は高いような安いような微妙な値段なんですが、立ち読みするには内容が濃いんですよねー。
次号の特集は「再発見!みなとみらい21」だそうです。
やっぱり気になりますよね~

投稿: ごつ | 2011.05.05 01:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/51538721

この記事へのトラックバック一覧です: ご当地雑誌:

« ハマギン狩り | トップページ | ゴールデンウィークを振り返り 【その1】三島を訪ねて »