« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.25

ぼくらのDNAに刻み込まれた

Bakuhatuお腹いっぱいになって、さてどこかでお腹を休ませないと…という訳で万博公園に向かった。

1970年。私の生まれた年でもあるこの年にあった大阪万博。
もちろん写真や映像でしか見たことは無いのだが、その名を聞くとなんとなくキュンとくる「大阪万博」である。

Tou
万博と言ったらやっぱこれ。
私の中で万博と言ったらサンヨーの人間洗濯機と電気通信館の携帯電話なのだが、やっぱりこれも外せない。

Senaka
背中は初めて見た。こんな黒いヤツがいたなんて。
未来を表す上部の黄金の顔、現在を表す正面の顔、そして過去を表す背面の黒い顔。塔内にあり、現在行方不明の「地底の太陽」を探しているというニュースは聞いたことがあるが、黒い太陽は知らなかったなぁ。

万博の痕跡はこの太陽の塔くらいしか残っていないかと思っていたのだが、園内の案内図を見ると「EXPO'70パビリオン」なるものを発見。
そばにいた係員に聞いてみると、「当時の空気に触れることのできるパビリオンですよ」と。
それそれ!そういうの求めてたんだよ!
という訳であわてて駆けつけてみる。

Tekkoukan万博時の鉄鋼館をそのまま使ったEXPO'70パビリオン。
館内に入ると、1965年万博開催決定から70年3月の開会式、9月の閉会式からその後までの当時の空気を感じさせる展示でもう何ともお腹いっぱい。
当時、東京ではなく大阪で開かれるということで大失敗も予想された万博であった(実際、1日の最小入場者数は開会式翌日だった)が、日を追うごとにフィーバーを増し、最終的に叩き出した入場者数は上海万博に抜かれるまでの万博記録だったわけで、昔っから日本人は熱しやすかったんだなぁと。

Nttkdd展示の一つ、各パビリオンの概要が載ったパネルで見つけた電気通信館。
電電公社と国際電信電話の共同事業だったようだが、建物の設計は日本電信電話公社建築局。ヤバい。なんかカッコよすぎるんですけど。
今に残る歴史的建造物を数多く建ててきた逓信省営繕課の流れも汲むらしいが、電電公社が民営化した今、その後が気になる。
という訳でグーグル先生に聞いてみたところ、NTTファシリティーズがその末裔らしい。
電電公社も国際電信電話もカタカナ社名になってしまったこんな世の中、当然そうなりますわな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.06.21

最後の高速1000円

ETCが普及する以前、トラックなどの大口の高速道路ユーザーには一か月分の高速代が15~20%割引きになる「別納カード制度」というのがあった。
高速代が割引になるなんてことは夢のまた夢だったあの頃、別納カードは夢のカードだったし料金所の料金表示に「別納」と出るのを見ると羨ましかったりしたものだ。

時は流れ。

いまやETCカードが一枚あれば、誰でも割引を受けられる時代である。
しかも国の特別な計らいで、土日はどこまで走ってもたった1000円と言う。
もともと期間限定だったこの出血大サービスも、期間延長されながらもついに終了のお知らせとなり、ならば!というわけで最後の1000円を楽しむために大阪に行ってみた。

目的地はケンタッキーフライドチキン小野原店
Kenta
大阪の箕面市と言うところにあって、ウチからだとちょっと遠いのだが、なにしろこのケンタ、食べ放題なのである。
「食べ放題」には目が無いと思われる兵庫在住のダマ夫妻に前日夜に「ケンタ喰おうぜ!」とメールして大阪に向かったのである。

ちょっと寝坊して午前4時過ぎに自宅を出発。
1000円最終日と言うことでちょっと心配だった渋滞もほとんど巻き込まれることもなく、12時過ぎに目的地到着。

Nobori
店舗の外観はそんじょそこらのケンタと同じだが、こののぼりがやる気を見せている。

Buffet
店内のバフェコーナー。
チキンからクリスピー、ビスケットはもちろん、パスタやサラダまで、もちろんスープ、ドリンクまでどれもこれも食べ放題。
ホント一度でいいから来てみたかったんだよね。

Tabehoudai
まあ最初はこんなもんで、ガンガン喰いまくるぜ~…
なんて思ったのだが、意外とキツい。
そりゃそうだ。普段だってチキン3ピースも食べればお腹いっぱいなんだから、食べ放題だからって胃が拡張するわけじゃあるまいし、喰いまくれるわけがないのだ。

ダマさんと、かつて3店舗あったというカーネルバフェ実施店が一つになった理由を考察しつつ、満腹臨になって店を後にした。
休日は1人1,480円(60分)
食べ放題は元を取ろうとしたら負けだともいうが、これ元を取ろうとしたら大怪我をすると思った。

わざわざ6時間かけていく店なのか?という思いがよぎらないこともなかったが、そうはいっても経験しなきゃ物事は始まらないので、行って良かったお店だった。

まぁ次行くとしたら高速道路が無料になった時かリニアが大阪まで開通して1時間で行けるようになった時かな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.06.11

お絵かきグッズ

前から欲しいなとは思っていたけれど、買いそうになるたびにその必要度はかなりの下位に位置すると考え直してとどまっていたやつ。
それがペンタブレット。

落書きが好きで、中学生の頃からノートの余白にふそうグレートの画とか書いたりしていたが、ペンタブでどうこうするような画なんて書いたこと無いし、なんて思っていた。
そしてなによりペンタブは高いものだと相場は決まっていたのだが、4~5年前にワコムBambooという比較的安価なコンシューマ向けペンタブレットをリリースした。
これを見てペンタブが手に届くおもちゃだと思ったのだが、やっぱり必要性というか買ってゴミになるという最悪の事態を考えて手を出さずに我慢してきたのだが…
Bamboo
ついに買ってしまった…

さて、ゴミにならないように何とかして使わなきゃ…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.06.05

東京湾クルーズ

Kaiho2アクアラインが完成して痛手を被り、さらにアクアライン1000円出血大サービスで血も出ないとどめを食らったかに見えた東京湾フェリーだが、なかなかどうして、1隻船を減らしたりはしたが東京湾納涼船サンセットクルーズのようなイベントを行って乗り物好きを楽しませてくれている。

そんな東京湾フェリーが、前回好評だったと見えて企画してくれたのが「東京湾クルーズ・羽田新滑走路を見に行こう!」。
前回参加して「楽しかった!」と感激していたBrueforceさんに誘われて、今回初参加してみた。

10時10分久里浜出港なのだが、9時前にもかかわらずフェリーターミナルはすごい人だかり。
伊豆七島行きのジェットフォイル待ちの人もいるようだが、東京湾クルーズのお客さんもたくさんいるようだ。
当初はチケットの売れ行きもいまいちだったようだが、最終的には売り切れ。なんだかんだで人気みたい。

10時過ぎにようやくフェリーが着岸。
私たちは座席など目もくれず、展望デッキに陣取る。どうやら朝から並んでいた方たちは船内の景色のいい席を取るために並んでいたのか。

Yokosukakaryoku
夏の電力危機に向け、絶賛復活中の横須賀火力発電所。
休止中の発電機を再起動させるとともに、ガスタービン発電機を13機設置する工事も進んでいる。

Taguboto
久里浜港を出ると浦賀航路を北上する。
後方には東京ガス子会社、東京エルエヌジータンカーが所有するLNG船「エネルギーアドバンス号」が。
20万軒の年間ガス使用量を運ぶことができる巨大船。
タグボートを二隻従えるあたり大物の貫録十分である。
Enerugiadobansu
航路上で釣りをする遊漁船をタグが蹴散らせながら東京ガス袖ケ浦工場のほうに向かっていった。

Kaihonanba3
今回のクルーズの目玉の一つ、第二海堡。
2005年に一般人の立ち入りが禁止され、現在は耐震工事中である。
明治時代に建設され一度は廃墟となった人工島に、現在はソーラーパネルが設置され近代化は著しい。

Jethoiru
羽田沖で方向転換。
ちょうど大島から東京竹芝桟橋に向かうジェットフォイルが横切った。
羽田では安全性から滑走路には近づくことはできず、遠方から離発着を見物。

Yokosukakare
そして久里浜に戻る。
チケットには横須賀海軍カレーがついてくる。
チョイ辛めなルーとコールスローが美味しい。

東京湾は世界一過密する航路とも言われているが、なるほどいろいろな船が行き来していた。
Musasimaru
商船三井フェリー所有自動車運搬船 むさし丸

Sanhurawaa
同じく商船三井フェリー所有 さんふらわあ だいせつ

Ogamaru
小笠原海運所有 おがさわら丸

Tanka
きましたきました、二曳の日本郵船!
と思ったら 所有は伯洋海運のFORWARD FORTUNE
運航が日本郵船。

というわけで船を見ているとなんだか旅情を掻き立てられるわけだが、いつかはやっぱりどこか遠くへ船で行きたいなーと思いつつ久里浜に到着し、東京湾クルーズは終わったのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.01

電卓購入

仕事で愛用していたチタン色に輝く電卓が行方不明になり、まあどうせそんなに使わないしと携帯電話の電卓アプリでしのいでいたここ数カ月。
滅多に使わないとはいえ使うときにはそれなりに不便なリリーフ電卓。
ついにベンチに引っ込め、抑えの切り札を購入することにした。

電卓って、いざ買うとなるとデザインは変わり映えしないしメーカーもキヤノンかシャープ、カシオぐらいしかないし…
なんて思いつつアマゾンをぷらぷら眺めていると
Dentakun
なんか面白そうなの見っけ。

関数電卓みたいなのかな?と思ったのが、普通の電卓でちょっと驚いた。
いったいどんな人が買うんだろうか、とレビューを見てみると、「この電卓はhpのロゴが入っているというのが全て」とあって笑った。

という訳でポチっとな。
Dentakuうむ。レビューは間違ってなかった。
ノベルティーグッズみたいなキッチュ(失礼)なカラーが気に入った。だってこんな色の電卓使ってるの、私だけなんだもの。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »