« 電卓購入 | トップページ | お絵かきグッズ »

2011.06.05

東京湾クルーズ

Kaiho2アクアラインが完成して痛手を被り、さらにアクアライン1000円出血大サービスで血も出ないとどめを食らったかに見えた東京湾フェリーだが、なかなかどうして、1隻船を減らしたりはしたが東京湾納涼船サンセットクルーズのようなイベントを行って乗り物好きを楽しませてくれている。

そんな東京湾フェリーが、前回好評だったと見えて企画してくれたのが「東京湾クルーズ・羽田新滑走路を見に行こう!」。
前回参加して「楽しかった!」と感激していたBrueforceさんに誘われて、今回初参加してみた。

10時10分久里浜出港なのだが、9時前にもかかわらずフェリーターミナルはすごい人だかり。
伊豆七島行きのジェットフォイル待ちの人もいるようだが、東京湾クルーズのお客さんもたくさんいるようだ。
当初はチケットの売れ行きもいまいちだったようだが、最終的には売り切れ。なんだかんだで人気みたい。

10時過ぎにようやくフェリーが着岸。
私たちは座席など目もくれず、展望デッキに陣取る。どうやら朝から並んでいた方たちは船内の景色のいい席を取るために並んでいたのか。

Yokosukakaryoku
夏の電力危機に向け、絶賛復活中の横須賀火力発電所。
休止中の発電機を再起動させるとともに、ガスタービン発電機を13機設置する工事も進んでいる。

Taguboto
久里浜港を出ると浦賀航路を北上する。
後方には東京ガス子会社、東京エルエヌジータンカーが所有するLNG船「エネルギーアドバンス号」が。
20万軒の年間ガス使用量を運ぶことができる巨大船。
タグボートを二隻従えるあたり大物の貫録十分である。
Enerugiadobansu
航路上で釣りをする遊漁船をタグが蹴散らせながら東京ガス袖ケ浦工場のほうに向かっていった。

Kaihonanba3
今回のクルーズの目玉の一つ、第二海堡。
2005年に一般人の立ち入りが禁止され、現在は耐震工事中である。
明治時代に建設され一度は廃墟となった人工島に、現在はソーラーパネルが設置され近代化は著しい。

Jethoiru
羽田沖で方向転換。
ちょうど大島から東京竹芝桟橋に向かうジェットフォイルが横切った。
羽田では安全性から滑走路には近づくことはできず、遠方から離発着を見物。

Yokosukakare
そして久里浜に戻る。
チケットには横須賀海軍カレーがついてくる。
チョイ辛めなルーとコールスローが美味しい。

東京湾は世界一過密する航路とも言われているが、なるほどいろいろな船が行き来していた。
Musasimaru
商船三井フェリー所有自動車運搬船 むさし丸

Sanhurawaa
同じく商船三井フェリー所有 さんふらわあ だいせつ

Ogamaru
小笠原海運所有 おがさわら丸

Tanka
きましたきました、二曳の日本郵船!
と思ったら 所有は伯洋海運のFORWARD FORTUNE
運航が日本郵船。

というわけで船を見ているとなんだか旅情を掻き立てられるわけだが、いつかはやっぱりどこか遠くへ船で行きたいなーと思いつつ久里浜に到着し、東京湾クルーズは終わったのであった。

|

« 電卓購入 | トップページ | お絵かきグッズ »

コメント

さんふらわぁさんには過去にお世話になりました
でも大洗発の船がなぜ東京湾に?

今年も間もなくお盆のプラチナチケット争奪戦
舞鶴~小樽間を狙って決戦は来週月曜日!

投稿: ダマ | 2011.06.10 00:19

航路間違っちゃったんでしょ?
それか車検的なあれとか。

フェリーの旅、一度はやっておくべきかなぁ…

投稿: ごつ | 2011.06.11 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/51863546

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾クルーズ:

« 電卓購入 | トップページ | お絵かきグッズ »