« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011.07.31

豪雨被害

Miyasita新潟・福島を襲った大豪雨。ニュースでは氾濫する信濃川水系の河川を映していたが、JR只見線もかなりの被害を受けているようだ。

昨年の12月末、時間が空いたのでふらっと福島から新潟を回るドライブをしたのを思い出した。

その時立ち寄ったJR只見線会津宮下駅。
Tadami
今回の豪雨で被害を受けた大沼郡三島町にある駅である。
たまたま大好きなキハ40が停まっていたのであれこれ写真を撮ったのだが、今は果たしてどんな状況なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.18

羽田沖うろうろ…

Kiseki_2カメラバッグを整理していて、ポケットにGPSを入れていたことを思い出した。
とはいっても、乗船直前に電源を入れたもののずっと船室に置きっぱなしだったので位置は記録していないと思ったのだが、いやいやどうして立派に記録していましたよ。

大師橋のたもとにある船着き場を出た船は羽田をなぞるように進んでいるのが判る。
ちなみにこの地図には新しく完成したD滑走路は載っていないが、大体の位置を書き加えてみた。

上のほうでぐりぐり移動しているのが進入灯付近での撮影時。
地図で見ると城南島海浜公園が近くに感じるが、この時はやけに遠く感じたなぁ。

それにしても船頭さん、行き帰りの要所要所を全く同じ場所を通っているのはさすがです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011.07.17

九州新幹線全線開業CM集

当時あれだけ好きだった南野陽子も、CDはもっぱらレンタルだった。グッズにあまり興味がなかったからかもしれないが、写真集やポスターは持っていなかった。(オンキョーのポスターを1枚だけ持っていたような記憶も…)
平松愛理だってCDはもっぱらパチンコの景品でゲットするだけだったのだが、唯一「Variacion CHAPTER1」というPVを予約してまで購入したのは何故だったのか、今でもあまり覚えていない。

時代は進み、私も人並みにiPodを持つと、たいしてファンでもないのにSMAPやAKB48の曲をiTunes Storeで買っちゃったりしている。
なにしろ買うまでの障害が低すぎる。
シャワーを浴びて体を拭いて服を着て靴を履いてドアを開けてドアを閉めて鍵をかけて階段下りて自転車に乗って自転車降りて店の中うろうろしてやっと探し当ててレジまで持って行って財布を出してお金を数えて店員さんに渡さなくても、半裸どころか全裸でもパソコンの電源入れて(♪)こんなアイコンクリックして歌手名をキーボードで叩けば1曲150円ぐらいで財布に手をかけることもなく買えてしまう。

Bonnbonnというわけでネットサーフィンしていたらいつの間にか手元にDVDが届いた。
恐ろしい世の中である。
インターネットがなければ絶対に買わなかった代物である。
恐ろしい世の中である。

ちなみにいまパソコンから流れている曲は5回くらいマウスをクリックしてダウンロードした「Boom!/マイア・ヒラサワ」である。
恐ろしい世の中である。


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011.07.10

海から羽田を見てみよう!

787旅客機界で今話題なのがボーイング787。
全日空が開発の初期段階から参画し、遅れに遅れた納品がやっと実現したという最新鋭機だ。
そんなボーイング787が、日本各地の空港での適合試験のために飛来したのだが、以前にブログで話題にしたエアバスA380と違い、全日空カラー。さながら「ANA様々やわぁ」と言うところなのだろう。

で、最近いろいろとお世話になっている@mutaguch氏主宰の、「海から羽田を見てみようツアー」に参加してみた。
当初はB787飛来日に日程が当たっていたようだが、残念ながらずれてしまった。
まあそこはそれ、普段は見ることのできない視点から羽田空港を眺めて、好き勝手に写真を撮っちゃおうというゆるい企画はそのままに決行された。

濃口から薄口まで、様々な飛行機マニア総勢約20名を乗せた屋形船は、B787が翼を休める全日空格納庫をかすめ、D滑走路沖へ。

Janbo_2
普段見ることのできないアングルなので楽しくてしょうがない。

しかもチャーター船なので、撮影場所も自由自在。
Ana
B滑走路端に船を停め、じっくり鑑賞なんてことも。
Sutahura
こんなアングルは船だからこそ。

Dsc_2077_2
JALからは姿を消したけど、全日空ではまだまだ現役のB747。
存在感はまだまだ健在。

という訳で、いつものように別邸にて続きをどうぞ。

そして、こんな楽しい企画を考えてくれたmutaguchさん、ありがとうございます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »