« アウトレイジを見た | トップページ | 惜別!CIAL&横浜エクセルホテル東急 »

2011.08.21

房総半島一周り

Kururi久々の平日休み。本当はクルマで出かけようと思っていたのだが、いつもは自動更新される任意保険が保険会社の合併騒ぎで自動更新されず、無保険状態となっていたことが判明。
別に違法状態ではないが、そういう時に限って事故っちゃうんだよね、ってことでクルマは延期。
さてぽっかり空いた平日を有効に使うには、そうだ!青春18切符でどこかに行こう!というわけでとりあえず横浜の金券ショップに行ってみた。

で、驚いたのが1回券で5000円もするってこと。5回分で11500円なんだから、1回2~3000円だと思っていたので買うのを躊躇。
4回分の買い取り金額を聞くと8000円だという。
だったらみどりの窓口で普通に購入して金券ショップに持ち込んだほうがお得じゃん。というわけでみどりの窓口で購入。
目的地の無い旅行には必須の時刻表もキオスクで購入。

最近出張で西方面に行き過ぎていたので、とりあえず上り横須賀線に乗車。
車内で時刻表の路線図を眺めていると、房総半島の久留里線が目に付いた。
という訳で、とりあえずの目的を「タブレット交換を見る」とし、木更津に向かう。

その車中、時刻表をくくりながら旅のスケジュールを調整。
こういう所作はいくらスマートな携帯電話でもできない。
ナビタイムよりも300倍使いやすい時刻表。

旅の概略が決まったころ、木更津に到着。
ここで久留里線に乗り換え。

久留里線は全国でも珍しいタブレット閉塞式が残っている路線で、線路上に信号が無い代わりに「タブレット」という通行証のようなものを持っている列車だけが線路上を走ることで衝突を避ける仕組みになっている。

Singouganai
このように、線路際に信号が無い。

Taburetto
横田駅でのタブレット交換。
のんきに撮影していたら、駅員さんが運転士さんにタブレットを渡す瞬間に背後から鬼のようにシャッター音が響いた。
驚いて振り返ると、気付かなかったが数名のカメラマンが。やっぱりこれを狙う方はいらっしゃるんですねー。

久留里線での目的は済んでしまったのだが、ひとまず久留里駅まで行き下車。

昼飯は久留里商店街で見つけた喜楽飯店
今シーズン初の冷やし中華は安心の地元中華クオリティーで、美味しくいただけました。

この後は木更津に戻り、内房線→外房線と乗り継いで千葉に戻る計画。

Syanai
過ぎゆく夏を懐かしむかのように、人気のない内房線は房総半島をひたすら南下する。

終点の安房鴨川で軽く夕飯を食おうと思ったが、意外に大都会で駅が大きく、外に出るのが面倒くさくなったので
反対側ホームにいた外房線に飛び乗り、時刻表をめくりながら夕飯スポットの駅を探す。

やっぱり海の幸を喰いたいなぁと思いながらふと勝浦駅が目に付いた。
勝浦と言えば鯛だよなぁってことで勝浦下車決定。

駅前をうろうろさまよっているとまるろという定食屋を発見。
ここで地魚の刺身・フライ定食をオーダー。
Gohan
これで1580円はちょっと高いようにも思えるが、カツオやひらめの刺身4点にスズキのフライで意外とボリュームあり。
全て勝浦で揚がった魚とのことで、白身魚のフライなんて普通の定食屋さんならフィレオフィッシュ的なものを想像するが、こちらは衣はサクサク身はふんわりと本当においしい白身魚のフライだった。

次の目的地は上総一ノ宮。
戸塚駅で時々みかける横須賀・総武快速線直通上総一ノ宮行き。
果たしてどんな駅なんだろうと気になっていたこともあるので行ってみた。
Ekimae
駅舎の前にたたずむタクシー。駅前広場で乗降客を出迎える中華料理屋。もう100点満点である。

2時間近く待てば戸塚まで1本で帰れるが、さすがにそれももったいないのでここから千葉まで行き、横須賀線直通に乗り換えて無事旅は終了。

1日で行って帰ってくることを考えるとあまり遠出もできない18きっぷの旅だが、その制限がまた旅の醍醐味になってくるんだなぁと感じた1日だった。

|

« アウトレイジを見た | トップページ | 惜別!CIAL&横浜エクセルホテル東急 »

コメント

「鉄子の旅」を思い出しました。
以前、職場の人から全巻貸してもらって読破し、
アニメのDVDまで貸してもらったもので、
個人的には結構面白かった作品です。

投稿: think_i | 2011.08.27 00:37

鉄子の旅、私も読みましたけど、鉄道の旅の醍醐味が詰まってますよね。

こういう「目的はあるけど目的地の無い旅」って、クルマ鉄道どっちでも好きなんです。

自転車でもぶらり旅は面白いですしね(^-^)

投稿: ごつ | 2011.08.30 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/52536159

この記事へのトラックバック一覧です: 房総半島一周り:

« アウトレイジを見た | トップページ | 惜別!CIAL&横浜エクセルホテル東急 »