« FBMに行ってきた その2 | トップページ | 歯医者に行く »

2011.10.31

冷蔵庫の修理

冷蔵庫の自動製氷機が壊れた。
氷が溜まる氷室を分厚い氷が覆っていた。

購入して8年。21世紀の家電製品として人間で言えば働き盛りを少し過ぎたあたりか。
我が家の冷蔵庫は自動製氷機付きで、その機能に惚れて購入した面もあるので、壊れるとちょっとつらい。
むしりとった衣笠で、製氷機を細かくチェックすると、どうやら構造的にはこんな原理のようだ。

製氷皿の水が凍る

センサーアームが氷室の氷残量を確認

氷が少ないと製氷皿が回転

皿が製氷機にある突起に引っかかり皿がゆがんで氷を放出

皿が戻り注水

という流れ。

ところが製氷皿にある製氷機の突起が当たる部分が破損し、皿が回転しても氷が放出されなくなっていた。

氷が詰まったまま注水されるので、あふれた水が氷室に溜まり、凍り付いていたようだ。

製氷時に一番負荷の掛かる部分なので、8年も使っているうちに疲労で壊れたのかなと思い、部品を拾い、金属で補強してホームセンターで一番強力な接着剤を買ってきて補修。

ところが素人修理なので1週間もすると補修部分が壊れてしまう。

くそーこうなったら部品を購入して根本から直してやるーと決意。

メーカーの三菱電機のサービスに電話をすると「一般のお客様には部品の販売は行ってないんですよ」と。
まあそりゃそうだ。私も以前そういう問い合わせを受けた時はきっぱりと断ってきた。

で、「ところで冷蔵庫の型番を教えていただけますか」と聞かれたので答えると「その機種のその部分はたぶん無償修理になる可能性があります」。
なーーーんだ、やっぱり傾向不良か。
いかにも壊れそうな場所だったもんなー

という訳で無事サービスマンがやってきて、いかにも対策部品です的な素材の違う製氷皿に交換し、もちろん無償修理で帰っていった。

今では元気に氷を作り続ける愛しの冷蔵庫。
こんなことならとっとと電話しておけばよかった…(^-^;

|

« FBMに行ってきた その2 | トップページ | 歯医者に行く »

コメント

我家の冷蔵庫様は、冷えなくなって選手交代しました。
家電製品やその手の道具って、だいたい10年ぐらいがお気楽に使える期限って気がします。

いまは洗濯機と掃除機がヤバい感じです(^^;

投稿: ごしゅりん | 2011.11.03 09:34

その10年があとちょっとでやってくるんです。
製氷皿を交換した冷蔵庫は元気ビンビンで動いてくれてますんで、まだ大丈夫だと思うんですが…

うちはガスコンロがボロボロになりつつあるので、東京ガスストーリーが気になってます(笑)

投稿: ごつ | 2011.11.04 01:35

むしりとった衣笠・・・

元ネタなんだっけー!!!!
もしや“あ~る君”?

違ったかなー。
気になる!
教えて~dash

投稿: ダマコ | 2011.11.11 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/53132380

この記事へのトラックバック一覧です: 冷蔵庫の修理:

« FBMに行ってきた その2 | トップページ | 歯医者に行く »