« メモリー一新 | トップページ | 海羽田番外編 »

2012.01.29

海から羽田を見てみよう!シーズン2!

前回とても楽しかった、海から飛行機を撮っちゃおう!という面白イベント「海から羽田を見てみよう」の第二弾が挙行されたので行ってみた。


Hunayado前回同様今回も@mutaguchさん仕切りで開かれたこのイベント。前回と違い今回は品川の屋形船で羽田沖へ。以前少しの間勤務していた北品川駅集合だったので、懐かしさを感じつつ駅から船宿にてくてく。
この辺りは旧東海道品川宿のあった場所で下町風情の残る場所なのだが、品川駅東口地区再開発地区の近代的なオフィスやマンションがすぐ隣に立ち並び新旧の対比を見せる。

屋形船は京浜運河をモノレールに沿って進み、城南島の沖を抜けて羽田沖に到着。
Hanedaoki船上から眺める羽田。
冬晴れの良い天気だったのだが、視程はあまり良くなく、富士山も見えなかったのが若干残念。

Zennnikkuu最新のD滑走路離陸を目の前から。
D滑走路からの離陸は陸地からだとなかなか撮ることができないので、これを撮るだけでも船をチャーターする価値がある。

Fainaruapuroti船頭さんに希望を伝え、できる範囲で好きな位置に移動してもらう。
海に囲まれた羽田だからこその撮影手法。海はみんなのものですからね、最大限利用しましょう。

RirikutotyakurikuC滑走路も海側から近づけばこんな感じで。

787話題の最新鋭機、ボーイング787も。
今回参加された方は本気の飛行機マニアの方が多く、どんな機種が何時頃離着陸するかを正確に教えてくれるのでずいぶん楽に楽しく撮影することができた。

そんなこんなで濃密な海の上の時間はあっという間に過ぎ、次は二次会となるパーティー会場へ。
Iosu時間がちょっとあったので、パーティー会場のそばにあるキヤノンプラザでキヤノン見学。
レンズ群を見てちょっとうらやましくなっちゃったりしながらも、ニコン教からの脱会はもちろんならず。
EOS1D MarkIVを見ても「なにこれフルサイズ?APS-C?」状態で物欲も湧かずで撤退。
かちゃかちゃいじってたつちださんがつぶやいた「コルトとS&Wだな」が妙におかしかった。

PatiパーティーはDUBLINERS' CAFE&PUB 品川店
で。
屋形船で掘りごたつという純和風から一転、レトロなインテリアのスタンディングバーでボーイング747の映像を見ながら飛行機を語り合うというmutaguchさんのセンスあふれるセッティングで初対面の人たちとの距離も一気に狭まった。

プロカメラマンのトークセッションやら写真講座など為になるイベントもあったようだが、ビギナーな私やビギナーだと言い張るつちださん、仕事で屋形船は来れなかったがパーティーに参加のBlueforceさんとはまた別の話題で盛り上がりパーティーもお開きに。

前回に比べてかなり大きなイベントになった感もあるが、mutaguchさんの仕切りも完ぺきで進行もスムーズ。こりゃ第三弾も期待できるわい、と胸に秘めつつ品川を後にしたのだった。
mutaguchさん、本当にありがとう&お疲れ様でした!

|

« メモリー一新 | トップページ | 海羽田番外編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/53858034

この記事へのトラックバック一覧です: 海から羽田を見てみよう!シーズン2!:

« メモリー一新 | トップページ | 海羽田番外編 »