« CHAPTER:937 18年目の再会 | トップページ | お花見? »

2012.03.31

春は別れの季節

19で免許を取り、23で初めてマイカーを手にした。
就職の内定を得て、人生で一番やることの無かった時期である。
就職活動中に見かけた中古車屋で目に付いたY160サファリ。
お金をかき集め、よし買おう!と思いつつコレでいいのか、本当はパジェロが欲しいんじゃないのか、などと悩んでいるときに見かけた真っ白なランクル60。これは一目ぼれだった。
そう、ランクルが欲しくて欲しくて買ったわけじゃなかったんだよな。

それからはディーゼル規制との戦いで、(買うときに判ってはいたのだが)車検が通せなくなる時期が来てはランクルからランクルへと乗り換えていった。
60から70、80ときてついに規制の無いガソリンの80を買ったのが9年前か。
マニュアルミッションに載せ変えて公認を取って、前後デフロックも付けてウインチも載せて・・・
正直最強のランクルだった。

お世話になってる四駆ショップの社長はよく言っていた
「世界一安くランクルに乗れる日本人は幸せだ」
私が買ったランクルは新車で500万円くらいで買えたが、オーストラリアでも中東でも2倍近くしたはずだ。
20代30代の若者がランクルを乗り回してるのを見て外国人は驚いたそうだ。

そんなこんなで18年とちょっと乗り継いできたランクルから足を洗った。
年始頃はまだ売る気なんか無かったのだが、車検の切れた不動産を持て余しているうちに年度末。ここ数年は年に1000キロ走るか走らないかで、ミッションもいい加減ギアが入り辛くもなってきて部品交換の時期が来たかなぁなんて思っていたのだが、このまま4月が来て自動車税の納付書が来る前に・・・と一念発起し、売ってしまった。

Osyasin


実際はランクル100も気になってきたし実は他の四駆も気になってきちゃったりで、まあいい区切りかなと。

せっかくランドクルーザーマガジンの中の方(?)からコメントを頂いたところだが、18年ぶりの「ランクルの無い生活」が始まる訳で。

|

« CHAPTER:937 18年目の再会 | トップページ | お花見? »

コメント

えー、あの三保の松原で脚立代わりにした・・・三浦半島でマフラーが落ちた・・・逗子で対向車のミラーを倒した・・・ハンドルがちょっと曲がってた・・・西武警察ごっこした僕にとっても思い出のランクル売っちゃったんですか~残念!
で、来年のスキーまでにはぜひ(爆)

投稿: みっちー | 2012.04.08 23:02

おお…大弛峠の長野側の下りで撮った勇姿…そしてこの数時間後に屋根が凹む悲劇が待ち構えてるとも知らず…
ワシもこれがなぜかうちの車庫に入ってたことがあって、御世話になったので、お疲れ様というか以て冥すべしというか

投稿: 青軍 | 2012.04.09 02:03

>みっちーさん
おー。愛車の歴史を端的に(笑)
来年のスキーまでには何か準備できればいいですね~

>青軍さん
そう言えば半年ぐらいでしたっけ?
とはいえ知り合いの元に引き取られていったので、寂しさも半分といったところです。

投稿: ごつ | 2012.04.15 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/54408191

この記事へのトラックバック一覧です: 春は別れの季節:

« CHAPTER:937 18年目の再会 | トップページ | お花見? »