« お花見? | トップページ | 「バトルシップ」を見た »

2012.04.15

四輪駆動車を求めて

ランクルを売って半月。
もともとそんなに乗っていた訳ではないので、手元に車が無いという実感があまりない。
と、いいつつも、次に乗るクルマは何にしようかなぁ~などと、カネも予定もないのに悩んでしまう。

ネットをさまよっていたら面白そうな四駆ショップをみつけた。
イギリス・ランドローバー社の作るレンジローバーの専門店。
ショップオーナーのブログを見る限り、かなりこだわったショップのようでちょっと興味があったので、暇な週末にちょっと行ってみた。

アポなしの訪問だったが、オーナーは快く応対してくれた。
レンジローバーは1970年のデビューから3モデルあるのだが、私が気になっている3代目は在庫が無く、店に並んでいるのは2代目レンジローバーだけだった。
3代目が気になってるんですよねーなんて言ったら、なんとオーナーの私物の3代目を試乗させてくれた。

BMW製の4.4L V8エンジンはラグジュアリーSUVにふさわしいエンジン音で2.5tの巨体を軽々と運ぶ。
いいなー、これ。
「エンジンがBMW製に変わって信頼性が増しました」と言っていたが、「じゃあランクル並みの信頼性があると?」と聞くと「う~ん(苦笑)」と。うん、正直だ(笑)
日本製が壊れなさすぎですよ、とも言っていたが、私はその日本製に18年乗ってきたので、やはりそのクオリティーを求めてしまう。
といいつつも、プジョーが意外に壊れることなく5年乗れたので、そんなに壊れまくると思っていないのも事実。
Eihutusensouクルマを並べて「ここ、ドーバー海峡ですね」と間を指さしたら笑ってくれた。

メンテナンスにそれなりに手間とお金がかかるのは覚悟するクルマですよ、と念は押された。
そんなんでよくもまあ砂漠のロールスロイスだとか言えるよな~、などと陸の巡洋艦に乗りなれた私は意地悪くも思ってしまうのだが、レンジ乗り見ていると半ば自虐的に愛車をメンテしているので、そういうクルマでそういう乗り方がルールなんだろうなと。
それもまた面白いかも、なんて思うのであった。

|

« お花見? | トップページ | 「バトルシップ」を見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/54481235

この記事へのトラックバック一覧です: 四輪駆動車を求めて:

« お花見? | トップページ | 「バトルシップ」を見た »