« はくちょう級ネームシップをやっつけろ | トップページ | 伝説のオフロードコース »

2012.05.21

金環日食を撮る

私にしては準備をした方だ。
何を撮るにもいつも行き当たりばったりの撮影だが、今回の日食は世紀の天体ショーだ。

ヨドバシカメラの店員さんは「次に金環日食が見られるのは300年後です!」なんて煽って観察用グラスやらを売りまくってた。
ええぇ?!次は300年後?機械の体でも手に入れなきゃ見れないじゃん!と慌てていろいろとグッズを買ったが、よくよく聞けば18年後に札幌で見られるとか。
18年なら運が良ければ生きてられそうだ。

という訳で、電子申請になって格段と取りやすくなった有給を申請し(何しろ顔色を伺ったりせず、ワンクリックで申請できる!)、画像処理までの時間も確保。
以前購入していたインターバルタイマーも駆使し、カメラ2台体制で金環日食を丸裸にしてやるぜ!!と意気込んで早起きしたら!
Doyon絵に描いたようなどんよりとした曇り空。
しかもしとしとと雨まで降っちゃってるし。
ダメだこりゃ、とテンションダダ落ちでマンションの廊下を一眼ぶら下げてうろうろする始末。

ところが食が最大になる時間が近づくにつれ雨も止み雲も薄くなっていく。
と、
Kinkan7時39分頃、金環がうっすらと姿を現した。
大枚はたいて購入したND(減光)フィルターなんか使わなくても、って言うか使うと何も写らないくらいうっすらとした太陽。
いつの間にかマンションのあちこちに人が出てきて、みな歓声をあげている。
うんうん、こりゃ思いの外感動するぞ。

時間が経つにつれて雲は消え、ようやくNDフィルターの出番が。
Mikazukitaiyo7時49分ごろの太陽。
こうして見ると三日月だ。

言われていた通り、月にほとんど隠れても周囲はそれほど暗くならず。
太陽のパワーを痛感しつつ観測を終了。

将来、天文学者が「2012年に見た金環日食に感動してこの道に進もうと思ったんですよ」なんて言っちゃうこともあるだろう。
そんな瞬間をちょっとだけでも共有できたと思うと会社を休んででも見るべき日食だったんだな。(と無理やりこじつけて)

|

« はくちょう級ネームシップをやっつけろ | トップページ | 伝説のオフロードコース »

コメント

ほんと、神秘的ですよね。きれいだな〜。
俺も休みたかったけど、お店の子が二人休みだったからな〜(T_T)。

こういう写真を見ると次は18年後の北海道に向けて機材そろえて、いろいろと撮りたいですよね・・稟議がおりませんけど(笑)

投稿: tane | 2012.05.21 19:52

ゴメンナサイ。
日食グラスを手に入れられなかった私は、曇れ!曇れ!と祈ってました。(笑)

投稿: なかがわ | 2012.05.22 00:26

予報ではいまいちだったのに蓋を開けたら良い天気だった当地では最初から最後までほぼ見えてましたので、月に殆ど隠れていた時は周りが暗くて戸惑いました。
古代人はきっと恐怖を感じたでしょうね。

投稿: ごしゅりん | 2012.05.22 21:53

>taneさん
太陽を撮るだけの最低限の機材なら3000円ぐらいで揃いますよ~
北海道に渡るハードルははるかに高いですが(^-^;

>なかがわさん
私の念よりなかがわさんの怨のほうが強かったと・・・

>ごしゅりんさん
西に行けば行くほど天気は良かったようですね。
古代人の恐怖に思いをはせると同時に、紀元前2000年ですでに日食を理解し、予測までしていた古代中国にも畏敬の念を抱きます。

投稿: ごつ | 2012.05.22 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/54765300

この記事へのトラックバック一覧です: 金環日食を撮る:

« はくちょう級ネームシップをやっつけろ | トップページ | 伝説のオフロードコース »