« LTE | トップページ | ニコラのピザ »

2012.08.17

フィルムのこっち側

ちょっと前、つらつらと私のカメラ趣味遍歴をつづった時にも書いたけど、私はMF一眼→AFデジ一と移行していったので、AFフィルム一眼を使ったことが無い。
当時は青臭い、別の言い方をすればカネが無い時分だったので、「写真は自分でピント合わせてナンボだろ」なんてイキがってMFに拘っていたものだ。

デジタル一眼レフでMF機なんて無いのは当然で、もう今ではMFなんてよっぽどピントが合わないときぐらいしか使わないくらいまで私も成長したのだが、そうする時になるのがAFフィルム一眼。

かつて超高嶺の花だったニコン一眼レフの高級機、いわゆるF一桁機も中古市場では驚くくらいのお買い得価格で取引されている。

こうなってくると手に入れたくなるもので、F一桁機で最初に本格オートフォーカス機構が搭載されたF4をターゲットにしたが、大至急必要なという訳でもないし、気に入ったものがあれば買おう!というスタンスで暇な時なんかに中古カメラ屋さんやネットショップで品定めをしていた。

そんなとき、写真撮影の時にいつもお世話になっているある方がニコンF5を手放すとの情報が。
すぐに連絡を取ると、譲っていただけることに。
F5か、かっこいい…

MF一眼ではカメラ界の雄だったが、ボディのAF化に乗り遅れキヤノンのEOSシリーズにプロカメラマン需要を持って行かれたニコンが捲土重来を期してリリースしたエポックメーキングなカメラだ。
とはいえ時代はすでにデジタル化の波が押し寄せていて、ビジネス的にはなかなか厳しい結果だったようだが…

しかし、懲りていないのかカメラメーカーの気概なのかこのあとニコンはF6もリリースした。

F5のユーザーインターフェースは今も続くDシリーズの基ともなっていて、はじめて持っても操作に特に戸惑うことは無かった。

最近買ったレンズはほとんどデジ一専用レンズだったけど、フィルムにも使えるレンズを手放さないで持ってて良かった。
フィルムを装填した後だと気軽に試し撮りなんて無くて全て本番になるとかなかなか懐かしい感覚だが、やっぱり一味違うなぁ。

大事にしてきた愛機を譲っていただき、こりゃ責任重大だなと思ったがこれもきっかけ、フィルムでもいろいろ撮っていこうと思った。
「これでニコンには戻れない」とおっしゃっていましたが、ニコンはいつでも待ってますよ~(笑)

|

« LTE | トップページ | ニコラのピザ »

コメント

これでNikonには戻れない。おとこは黙ってサッポロビールw
大事にされているようで、なによりです、ありがとうございます。

投稿: どら猫 | 2012.08.19 23:15

>どら猫さん
大事にします!
少なくとも傷だらけの80-200のようにはしません(笑)
という割にまだ1枚しか撮ってませんが(^-^;
こちらこそありがとうございましたm(_ _)m

投稿: ごつ | 2012.08.19 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/55451203

この記事へのトラックバック一覧です: フィルムのこっち側:

« LTE | トップページ | ニコラのピザ »