« ニコラのピザ | トップページ | ~総火演を振り返って~ »

2012.08.27

総火演に行ってきた

Uttyaeuttyae毎年この時期に行われる、陸上自衛隊のビッグイベント、富士総合火力演習に行ってきた。


応募してもなかなか当たらないプラチナチケットだが、某SNSでお世話になっている方からお誘いいただき、前回の2010年から2年ぶりの火力演習に行くことができた。

昨今の領土問題を意識してか、今までの「本土防衛」から島嶼奪還・防衛を意識したストーリーにバージョンアップした。
今までは航空自衛隊の戦闘機の支援のみだったのが、対潜哨戒機と護衛艦の支援を受け、陸上自衛隊が国土を防衛するストーリーとなった。

Wfuji自衛隊と言えば練度の高さがその真骨頂。
複数の砲弾を空中で爆発させ、直下に大きな打撃を与える曳火射撃。その技術を応用し、富士山の形に砲弾を破裂させるこの演技は練度の高さを示すいい例だろう。

素人目にはそのすごさというより派手さに目を奪われるが、たぶん他国の軍人が見たら「Oh… シンジラレナイデス」とかつぶやいちゃうんだろうな。

Heritobaiku偵察部隊のバイクをヘリで前線まで運び、偵察をする。

敵がいると判ればあらゆる火力を用いて敵をせん滅する。
Buraddore私はこの89式装甲戦闘車が好き。
これは最前線まで兵士を運ぶ車両なのだが、つまりこの車両のいるところが人と人が戦っている最も熱い現場になる。

兵器はカッコいい。だけど使い道は人殺し。
いや、その存在が相手に戦争を思いとどまらせる抑止力になる、という人もいる。
私もそう思う。
だけど地球上から紛争が無くならないところを見ると、持ってると使いたくなっちゃう人がいるのも事実だろう。

私の好きな89式は一度も活躍しないことが最良なのだ。

Nerauyoこれもたぶん初めてのことだと思うが、招待客に銃口を向けている。
よく見ると弾倉は抜いてあるように見えるが、今までこんなシーンは見たことが無かったのでちょっと驚いた。

という訳で、多数撮った他のカッコいい武器の写真はいつものように別邸で。

|

« ニコラのピザ | トップページ | ~総火演を振り返って~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/55523783

この記事へのトラックバック一覧です: 総火演に行ってきた:

« ニコラのピザ | トップページ | ~総火演を振り返って~ »