« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012.11.30

ひさびさ市場

Momiziya土曜日の午後一番、なんとなく魚介類が食べたくなり、横浜市神奈川区にある横浜市中央卸売市場にあるもみじやに行ってみた。
時間は(市場にしては)遅かったので、営業してるかちょっと心配だったが、行ってみたら相変わらずの行列で大繁盛していた。
Okonomi
新メニュー「特選 海鮮丼」を頼んだら、「おまかせ定食をどんぶりにのせただけ。」といわれて、なぜかもみじやゴリ押しのおまかせ定食が出てきた(笑)。

いろいろなお刺身がどっさりのって、ウニも付いて1000円だから食べ応えはアリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.24

野辺山に行ってみた

Denpaboemkyou八ケ岳の帰り道、以前から行ってみたかった国立天文台野辺山宇宙電波観測所に立ち寄った。

以前、夜中に来てパラボラアンテナの写真だけ撮ったことがあるのだが、昼間ならアンテナのすぐそばまで近づくことができると聞き、行ってみたいなぁ~と思っていた。

なんで宇宙観測にアンテナ使うの?ってのもなんともよく判らないのだが、まあ可視光線も電磁波なわけで、だったらアンテナ使えば見えない光も観測できるよネ、ってことらしい。

45mこれがメインの45mミリ波電波望遠鏡。
隣に旧太陽電波観測所棟を利用した資料室があり、電波望遠鏡の基礎知識が学べる。
もう私が長年抱いてきた疑問もこの資料室で氷解した。
パラボラアンテナは、観測していない時はアンテナを真上に向ける。これはアンテナ本体に負担をかけないためである。

となると気になるのは雨。
お椀の中心には電波の受信部があるので、そこに雨水を溜めて排水するとは考えにくい。

答えは資料室にあった。
パラボラの反射面には細いスリットがあり、そこから雨水を逃がしてるらしい。
また、野辺山では雪が降る。
降雪時はパラボラを風下に向け、雪が積もるのを防ぐとか。やっぱり雪の重みは脅威なんだろうな。
それでも積もってしまったら、雪が止んでからパラボラを太陽に向け、溶かすとか。
溶かしてるとこみてみたいなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.22

星野リゾート

Yakei夏に竹富島に行ったとき、高速船が島の桟橋に着いたときに存在感を放っていたのが「星のや 竹富島」の送迎バス。

破たんしたホテルや旅館を再生させることで有名な星野リゾートだが、竹富島のように新たに作ったリゾートもある。

何かと気になる星野リゾートだが、竹富島をはじめどこもいいお値段な設定になっていて、なかなか泊る機会が巡ってこなかったのだが、今回、平日限定でそこそこ手の届くお値段のプランを「リゾナーレ 八ケ岳」で見つけたので泊ってみた。

Syoumenここはもともと会員制リゾート施設だったものを星野リゾートが再生させたホテル。
前身が前身なので、正面玄関も普通のリゾートホテルとは雰囲気がちょっと違う。

Rizonare部屋も、もともとコンドミニアムだったものを改装したようで、一つの客室に二部屋あったりトイレが二つあったりでこれまたリゾートホテル然とはしていない。

Iruminesyonとはいえ、クリスマスイルミネーションで彩られる敷地内はリゾート感たっぷり。
ホテル1階がショッピングゾーンになっていて、海外の商店街の路地のようになっているのは面白い。

Ottosette食事はホテル内のイタリアン「OTTO SETTE」で。
リゾナーレ八ケ岳はちびっ子ウエルカムなリゾートなので、レストランは騒がしいかな、と思ったのだが、全くそんなことは無く、静かで落ち着いた雰囲気。
出てくる料理はいかにもお洒落イタリアンな料理。
でもこのお肉なんて久しぶりに「口の中でとろけて、あごの筋肉がいらない」という陳腐なコメントを言いたくなるほど美味しいお肉だった。

地元八ヶ岳の食材をふんだんに使った料理は肉も野菜もとても美味しく、スタッフの接客も心地よいものだった。

ホテルの部屋はリゾート感に若干欠けるところがあるが、その他がいかにも高原リゾートな感じなので、いつか安いプランがあったら(笑)また来てみたいホテルだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.12

元法相

今朝、仕事に向かう最寄り駅で久しぶりに田中元法相を見た。
入閣ニュース以来だろうか。

私は学生時代まで小泉元首相の選挙区に住んでいた。
とはいえ彼の地元は横須賀。川崎在住だった私は、駅に立つ小泉さんなんて見たこと無かったし、地元選出というイメージはまったく無かった。

それに引き換え、元法相は国会会期中もしばしば駅前に立ち、ビラを配っていた。
彼並みの当選回数があれば普通は閣僚に選ばれるものだ。
なのに今まで入閣しなかったのは「入閣できない何か」があるとから、とも聞いたことがあった。

そんな彼が法務大臣という重要閣僚として入閣した。
論功褒章などと言われたが、地元選出議員なので「おおっ」と思ったのも事実だ。

ニュースが流れた翌日も駅に立っていた彼に「がんばってください」と声をかけたのも「いつも見かける議員さんが大臣になった」というそんな素直な思いからだった。

ところが、である。

正直議員生命は絶たれたも同然だろう。
横浜は、逮捕されても当選し続けることができるような、そんな選挙区でもないだろう。

今日見た彼は、今までと違って覇気も無くただ所在無げに立っているだけだった。
罵声や蔑みを投げかけられても仕方の無い今、駅に立つあたりはさすがだと思ったが、今まで散々辞めていった閣僚のニュースを見てきたが、そんな議員の「その後」を初めて目の当たりにしていろいろ思うのであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.11.10

矢倉沢往還

Hurusato日本には五街道と呼ばれる、江戸・日本橋を起点として各主要地方都市を結ぶ基幹街道がある。
神奈川なら東海道が有名だ。
そんな基幹街道とは別に、今で言うバイパスの街道もたくさんあった。

私は川崎北部出身だが、高津区、宮前区辺りを東西に貫く大山街道もその一つ。
東京・赤坂から溝口、長津田を通り伊勢原の大山へ。そこから西へ南足柄、御殿場を通り静岡の三嶋大社までの道のり。今でいう日本一有名な3ケタ国道ともいわれる国道246号線とほぼ同じ道のりである。

大山街道とは伊勢原市の大山にある大山阿夫利神社参拝の街道で、神奈川周辺には大山街道と呼ばれる旧街道は何本かあるが、元祖246は足柄峠付近の矢倉沢を通ることから矢倉沢往還と呼ばれた。

私は一時期大和市下鶴間に住んでいた。
近所に「鶴桂ストアー」という高度成長期の面影を残す小さい食品雑貨屋さんがあり、お総菜などを買うのに重宝していた。
引っ越してしばらくぶりに尋ねるとストアーは取り壊され、すっかり更地になり寂しい思いをしたものだが、さらにのちに訪問すると立派な古民家風の建物が経っていた。

先日、この古民家風の建物、下鶴間ふるさと館に行ってみた。

Kominkaこの地に建っていた小倉家の母屋を復元したものだそうだ。
国道246号線から一歩入った地にある小倉家の前の道路が、旧矢倉沢往還。
この小道を東に行けば渋谷、西に行けば三嶋神社にたどり着く。
川崎に住んでいた頃に慣れ親しんだ大山街道がここに通じていることになんとなく感銘を受けたりして。

小倉家は雑貨商を営んでいたそうなので、あの鶴桂ストアーもその流れをくむ商店だったのかもしれない。

Otukimi私が訪れた時は、縁側にお月見のススキとお団子が。
最近はすっかりお団子なんて供えなくなったなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.04

フレンチブルーな車山の本番

Kougenpuzyoフランス車のお祭り、フレンチブルーミーティング当日。朝から雨がしとしとと。
昨年はこの天気から奇跡の回復を見せつけた車山だったが、今回はそうもいかなそう…
例年は夜明け前に集まったものだが、今年はのんびりとした集合時間にした。

という訳で、朝食をゆっくり取り、のんびりと集合場所へ向かうことができた。

集合時間ぎりぎりに到着したのだが、あいかわらずのまついさんは既にウオーミングアップも終わってる状態で(笑)

20台近く集まる時もあったが、今年は307cc、308cc、3008とで総勢7台。

Syuugo今回はこじんまりと。
おかげで小回りのきいた隊列となった。

Tairetudesu霧に煙る峠を登るフランス車たち。まるでフランスのクルワ・デ・ファー峠街道にトリップしたかのようだ。(行ったことはない)

去年とうって変わって厳冬の風情の車山。
動き回るのも億劫だったが、気になるシトロエンDS4、DS5を観察してみたりとあちこちうろついて一番気になったのが

Zimunimiやたら車高の高いミニ。
なんじゃこらと車内を見るとインパネはジムニー。

Jiminiもはやフランス車は何の関係もないけれど、こういうの面白いね~。
ジムニーにセルボのボディーを乗せたのをどこかで見たことあるが、でもミニってフレームボディーなの?

Taruこれまでと違い、今年は昼過ぎには現地を出発。
プジョー仲間と連れだって目指すはサントリー白州蒸留所
ここで工場見学&ウィスキーの試飲。
ウィスキー樽を保存する倉庫を見たり、天然水の充填工場を見学したり。
南アルプスの天然水という名前でデビューしたサントリーの天然水も、採水地が増えたりして今では「天然水」という名前で売り出されている。
充填工場の見学でも案内してくれる方はもちろん「南アルプスの天然水」とは一言も言わなかった。

ハンドルキーパーな方々は天然水やなっちゃんを試飲してここで皆さんとは解散。

帰宅後はなんと一年ぶりにお会いした、福岡から来られたはっぴっぴさんから頂いた「サントリー天然水 阿蘇」と「サントリー天然水 南アルプス」を並べて
Tennnennnsui
Matigaisagasi間違い探しなど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.11.03

フレンチブルーな車山の前夜

Porutaso先週の話になるが、毎年恒例の秋の風物詩、フレンチブルーミーティングに行ってきた。

毎年早朝に白樺湖畔に集合し、長い隊列を組んで会場に乗り込んでいたのだが、我らが307CCも年々くしの歯が抜けるように308CCや他のクルマに乗り換えられる方が増えているこんなご時世。
今年は、まあ肩の力も抜いて、まったり会場に乗り込みましょうや…という訳で今回は前回より2時間は後ろ倒しした集合タイムを設定。

前日に車山に乗り込み、今回はいつもお世話になってるみちみち家のご紹介でペットOKのペンション「Wanらいふ」に宿泊した。
動物連れて行かないけどいいの?と思ったが、ペンションオーナーさんからもぜひとのことだったのでお言葉に甘えさせていただいた。

Syake当日夕食タイム直前に到着し、チェックインもそこそこに早速のディナータイム。
どれも美味しい料理だったけど、この鮭が特に美味かった。醤油麹であえた鮭!
和風のような洋風なような、いやーこの鮭は美味しかった~

リンゴのワインと地ビールで気分よくなり、日が変わるまで犬談議・クルマ談議で盛り上がったペンションの夜だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »