« フレンチブルーな車山の本番 | トップページ | 元法相 »

2012.11.10

矢倉沢往還

Hurusato日本には五街道と呼ばれる、江戸・日本橋を起点として各主要地方都市を結ぶ基幹街道がある。
神奈川なら東海道が有名だ。
そんな基幹街道とは別に、今で言うバイパスの街道もたくさんあった。

私は川崎北部出身だが、高津区、宮前区辺りを東西に貫く大山街道もその一つ。
東京・赤坂から溝口、長津田を通り伊勢原の大山へ。そこから西へ南足柄、御殿場を通り静岡の三嶋大社までの道のり。今でいう日本一有名な3ケタ国道ともいわれる国道246号線とほぼ同じ道のりである。

大山街道とは伊勢原市の大山にある大山阿夫利神社参拝の街道で、神奈川周辺には大山街道と呼ばれる旧街道は何本かあるが、元祖246は足柄峠付近の矢倉沢を通ることから矢倉沢往還と呼ばれた。

私は一時期大和市下鶴間に住んでいた。
近所に「鶴桂ストアー」という高度成長期の面影を残す小さい食品雑貨屋さんがあり、お総菜などを買うのに重宝していた。
引っ越してしばらくぶりに尋ねるとストアーは取り壊され、すっかり更地になり寂しい思いをしたものだが、さらにのちに訪問すると立派な古民家風の建物が経っていた。

先日、この古民家風の建物、下鶴間ふるさと館に行ってみた。

Kominkaこの地に建っていた小倉家の母屋を復元したものだそうだ。
国道246号線から一歩入った地にある小倉家の前の道路が、旧矢倉沢往還。
この小道を東に行けば渋谷、西に行けば三嶋神社にたどり着く。
川崎に住んでいた頃に慣れ親しんだ大山街道がここに通じていることになんとなく感銘を受けたりして。

小倉家は雑貨商を営んでいたそうなので、あの鶴桂ストアーもその流れをくむ商店だったのかもしれない。

Otukimi私が訪れた時は、縁側にお月見のススキとお団子が。
最近はすっかりお団子なんて供えなくなったなぁ…

|

« フレンチブルーな車山の本番 | トップページ | 元法相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/56085553

この記事へのトラックバック一覧です: 矢倉沢往還:

« フレンチブルーな車山の本番 | トップページ | 元法相 »