« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012.12.25

あのころのクルマ好き

最近、プジョーの担当営業マンが変わった。
今まで担当してくれた人は、いつも適当なことを言うし「ごつさんとこにクルマを売る気、あんま無いんスよ」とか言っちゃうような人で気に入っていたのだが、何故か事務方に異動になってしまった。

その後担当を引き継いでくれたのは、自動車検査員の資格も持つベテランサービスマンで、なぜか最近営業になったという方。

私より3~4歳年下でほぼ同世代の彼と先日だらだらとクルマの話をしていて、自動車遍歴の話になった。

そんな彼の最初のクルマは「86」。
「今のじゃなくて昔のですよ?」というつまらないギャグはともかく、クルマ好きなら鉄板の「初めてのクルマ」である。

そして、AW11 → Z20ソアラ → X100チェイサー とこれまた鉄板の遍歴なのである。

頑なに後輪駆動車を愛好するその姿は、「全輪回らなきゃつまらないよ?」と信じて疑わない私とオーバーラップして、やっぱり親しみを感じてしまうのである。

あ、そうそう、アルミホイルにガラス板のっけてテーブルにしてたとか言い出すから、「灰皿はピストンでしょ?」と聞いたら大ビンゴだった。
ホントみんなそうだった。
すごく懐かしくなったけど、今でもそうなのかな~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.12.08

007 スカイフォール を見た

なに?最近のスパイ映画はトルコあたりと香港か上海を登場させなきゃいけないルールとかあるの?

ってくらいスパイアクション映画でよく見かけるおなじみの街がバンバン出てくる「007 スカイフォール」を見た。

歴代ボンドの中ではなんか怪我をしたりボロボロになってるイメージの強いダニエル・クレイグだが、このボンドもなかなかいい感じ。

中盤に出てきた廃墟となった島は長崎の軍艦島をモチーフにしたと聞いてはいた。
エンドロールにしっかりと「長崎市 軍艦島」と出ていて、島で撮影も行われていたようだ。

それにしても007を見るとレンジローバーが欲しくなるの法則は今回も健在。
アストンマーチン DB5もいいけれど、黒のレンジはもっとスクリーン狭しと暴れまわってほしいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.12.01

ぎんぶら

Nikonpuraza総火演やら観艦式やら、過酷な環境でちょいちょいレンズ交換をしていたおかげか、愛機のローパスフィルタにこびりついたゴミが目立つようになってきた。
私のカメラには一応ゴミ除去機構(イメージセンサークリーニング)はついているのだが、ブロワーでもなかなか落ちない汚れはこのクリーニング機構でもなかなか落ちない。

というわけで、銀座にあるニコンサービスセンターにカメラを持ち込み、クリーニングをしてもらうことに。ちなみに気になるお値段は\1,000(税抜き)

受け取りに2時間ほどかかるとのことなので、その間に銀座をぶらぶらと。

と、古地図を広げている書店を発見。
安政6年に刷られた地図をしげしげと眺めていると、店員さんが「これは珍しいヤツですよ」と。
もちろん複製なのだが、NHKの「ブラタモリ」にたびたび登場し、NHKにも「どこで売っているのか」という問い合わせが何本もあったという地図だとか。
しばらく絶版だったものが少数再版されたのが店頭に並んでいるとのこと。

正直、地図で興味があるのは明治後期から昭和中期のもので、江戸時代はちょっと…
というと、「あー、お客さんみたいな人にぴったりのあるわ」と出てきたのが日本陸軍陸地測量部発行「東京近傍図七面組」という明治20年の東京近郊の地図。
この地図の珍しいところは、高低差が表わされているところ。
ほほー、と思ったのだが、ざんねんながら横浜近辺までは網羅されていない。

が、川崎近辺をしげしげと眺めていると
Kosugimuraおっと、このクランク状の路地はまさに
Musasikosugiではないか。

古地図を見ていて楽しいのは過去の痕跡を現代に見つける醍醐味。
明治と平成、双方の地図に載る西明寺にも俄然興味がわくというものだ。

という訳でついつい衝動買いしてしまった。
Kotizuあとなぜかあまり興味が無いはずだったブラタモリ御用達も。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »