« カメラを持ってうろうろと | トップページ | ぽるたんとつれづれまるままに »

2013.03.15

東横線渋谷地上駅

Nakazuri4歳の時分から、「施主・東急不動産、施工・東急建設、管理・東急コミュニティー」のマンションに住んでいた生粋の東急っ子の私だが、やっぱり東急と言えば田園都市線だったので、東横線はどこか「よそ行き」なイメージだった。

川崎北部の住民の皆がそうだったかは判らないが、少なくとも私にとって川崎南部や横浜市中心部はなんとなく敷居の高い街だった。
当時、そもそも川崎北部から川崎南部や横浜市中心部への交通の便は悪く、「街に出る」といえば乗り換え無しで行けた二子玉川か渋谷だった。
自由が丘まで行って乗り換えて横浜に向かう、なんて本当に縁が無かったので東横線も遠い存在だった。

といいつつも、渋谷で遊んでればいやでも目に東横線渋谷駅のかまぼこ屋根は馴染みのある光景でもある。

そんな渋谷駅が3月16日から東京メトロ副都心線との直通運転が始まるため地下に移り、おなじみかまぼこ屋根は近いうちに取り壊されることになる。

そんな訳で、会社帰りにちょっと遠回りして渋谷駅に行ってみた。

Daikonzatu噂では聞いていたが、すごい人出だ。
やはり皆それぞれ思うところがあるんだろう。
なにしろ85年の歴史を誇る駅である。私のような薄っぺらな思い出とは比較にならない様々な思いを持った人たちが思い思いにカメラに光景を焼きつけていた。

Syutokoukoukasita私なんてむしろこの歩道橋のほうが思い出深いものなのだが、こちらもすごい人、人、人…
確かに東横線の渋谷駅と言えば歩道橋からの風景である。

地下化で横浜から乗り換え無しで飯能や川越に行けるようになるのだが、土地勘が無いのでどこがどれくらいすごいのかよく判らないところではある。
しかし、平成31年に地元相鉄線と東横線がつながる予定だ。ということは渋谷や池袋などが乗り換え無しで行けることになる。
つまり、東横線・副都心線の直通はその序章(プロローグ)でしかなかったのだ…!!

Nakazuri_285年間、かまぼこ屋根から渋谷の発展を見つめてきた東横線渋谷駅。
玉川線渋谷駅も地下に移って40年以上たち、京王線渋谷駅の隣にホームがあったことなどすっかり忘れられている。
東横線ホームは取り壊され、高層ビルが建つらしい。
いつか玉川線の渋谷駅のようにすっかり忘れ去られるであろう東横線のかまぼこ屋根。
でもその存在をふと思い出す人は必ずいる。
85年間横浜からの人の流れを受け止め、そして送り出してきたターミナル駅の存在感は決して揺るがない。

|

« カメラを持ってうろうろと | トップページ | ぽるたんとつれづれまるままに »

コメント

私は大学生~20代前半はしょっちゅう東横線の渋谷駅を使っていたので、やっぱりさみしいです。
今日たまたま渋谷に行く用事があったのですが、新しい東横線のホームは狭くて大混雑でした。地上に出る階段・エスカレーターも、何箇所もあるので全部がそうではないのでしょうが、かなり幅が狭くて大渋滞。

投稿: ロコ | 2013.03.17 00:32

>ロコさん
しかもヒカリエの地下ですから、何に乗り換えるにしてもかなり歩きますよね。
東横線の横浜駅は地下になって広くなりましたが、渋谷地下駅は確かに狭いかも。

投稿: ごつ | 2013.03.17 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/56963102

この記事へのトラックバック一覧です: 東横線渋谷地上駅:

« カメラを持ってうろうろと | トップページ | ぽるたんとつれづれまるままに »