« ぽるたんとつれづれまるままに | トップページ | 広島の牡蠣を横浜で »

2013.03.26

試し乗り~

Maeプジョーから初の3列シートミニバン、5008がデビューした。
担当の敏腕営業氏からはいつでも乗りに来てください、と言われていたので、先日フラッと行ってみた。

プジョーシトロエングループのミニバンと言えば、シトロエンのDS5のほうが気になる存在なのだが、こちらは2列シートの5人乗り。サイズは似ているがカテゴリーは全く違ってくる。

Naka早速乗り込むが、正直3008との違いをあまり感じない。
センターコンソールのスイッチ類のデザインは3008のアイデンティティーの一つだが、5008ではこれが普通のスイッチになっているくらいで、基本は3008と同じようだ。

ただ、センターコンソールだけは強烈に違う。

3008は小物入れのふたが右側に開く。運転席に座るとふたが開けにくいのなんの。
ようやくワイパーが右ハンドルには右ハンドル用になり、右側に拭き残しが残らない仕様になったというのに、ふた一つ左に開くようにできない体たらく。

プジョーの右ハンドルモデルは、年間販売台数もたかが知れている日本専用モデルなどではなく、イギリスモデルを輸入しているのだが、イギリス人ブチ切れないのだろうか。
イギリスで売れる分も入れればそこそこの台数になって発言力も高まると思うのだが…

が、5008のセンターコンソールのふたはロールシャッター式なのだ。
ふたを後方にスライドさせればスススーッと開く。

やればできるじゃんー!
なんで3008でやらなかったかなーー!!

Yokoこのボディーで1.6リッターの排気量。
3008と同じツインスクロールターボがつくとはいえ、1.6リッターといえばファミリーセダンの排気量なイメージだ。

実際走らせると、1.6リッターという排気量は感じさせない。
3名乗車だったので、これでフル乗車だったらさすがにキツいだろうけど、日常に使うのなら問題ないんだろうな。

気になるプライスだが、これがまた3008より安い300万円~ってんだからアベノミクスもびっくりだ。

コストダウン頑張りました、という安っぽさもない欧州の7人乗りミニバンが300万円で買える時代なんですな~

|

« ぽるたんとつれづれまるままに | トップページ | 広島の牡蠣を横浜で »

コメント

3008のワイパーって右ハンドル用になっていたんですね、知らなかったです。でもコンソールは・・・って所はフランス車らしいというか、その何かどっか一つがまだ・・・ってところはかわいいな〜(笑)。

DS4もワイパーは同じなんですけど、フロントガラスが広い分、なんか、拭き残しというより、前より短く感じています。

広さはやっぱり3008よりも5シリーズだから広いんですかね。
うちも一度5008を見に行こうっと。

投稿: tane | 2013.03.28 06:07

>taneさん
うーん、私はあんまりかわいいとは思えないんですよね~(^-^;
日本だけの、年間数千台程度のマーケットならカネをかけたくないってのは判るんですが、世界中の右ハンドルマーケットを考えるのならもう少し何とかせいよ、っていうかね。
5008のアイデアは良いので、なんでこれを3008で採用しなかったのかな、って思いますね。

投稿: ごつ | 2013.03.31 01:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/57040721

この記事へのトラックバック一覧です: 試し乗り~:

« ぽるたんとつれづれまるままに | トップページ | 広島の牡蠣を横浜で »