« 北関東を巡る旅 那須編 | トップページ | 白鳥丸を討て! »

2013.05.12

北関東を巡る旅 福島編

Ekinozuペンションのオーナーさんに聞いた大内宿を目指し山坂道を軽やかに抜けた先で見かけた一軒のかやぶき屋根。
これがなんと駅。

会津鉄道会津線の湯野上温泉駅で、日本で唯一のかやぶき屋根の駅舎だそうだ。
国鉄の分割民営化後に、第三セクターである会津鉄道に移管された路線の駅だが、移管後にかやぶき駅舎になったとのこと。

Eki

Irori駅舎の中は売店やお茶を飲むスペースとともに囲炉裏も。
どうにも煙いのだが、かやぶきの虫除けのために駅舎に人がいるときは火がくべられるとか。

KidousyaAT-550形というらしい会津若松発会津田島行きの気道車。
ディーゼルエンジンの音がよく似合うなあこういう景色には。

Seseragi駅からちょっとした峠を抜けると、そこに大内宿という宿場町がある。
もともとは会津から日光に抜ける街道に整備された宿場町で、1640年ころに確立したらしい。

端から端まで歩いても小一時間で制覇できるほどのこじんまりとした宿場町だが、かつてのかやぶき屋根の宿場が土産物屋さんや食堂になっていて、人通りもかなりの賑わいで驚いた。

Ramune街道のわきを流れるせせらぎに沈むラムネやジュースが涼しげ。
ついつい1本所望し、軒先で涼んじゃったりしてついつい満喫してしまった。

ネギで食べる大内宿名物の高遠そばも食べたかったのだが、この後に喜多方ラーメンが控えているので涙をのんで撤退。次回のリベンジとした。

というわけで、大内宿を後にし、さらに山坂道を抜けて喜多方駅に到着。
当然ノープランなので目当てのラーメン屋等ある訳ではないので駅の観光案内所でパンフを貰い、しばしの作戦会議のあとに「まるや」を目標に選定。

Maruya行き当たりばったりにしては正統派の喜多方ラーメンをチョイスできて、味にも大満足。
せっかくここまで来たのだから2軒目に行くというダブルヘッダーも検討したが、やっぱりちょっとキツイということで帰宅モード。

実はこの日、同じ福島県の小名浜で復興祈念ということでブライトリングジェットチームという海外の民間曲技飛行チームがデモ飛行するということで、知り合いの方々がそろって小名浜に展開していた。
ところが、朝は快晴だったのだが飛行時間になって急に霧がかかり、結局飛行は中止になってしまった。

傷心の展開組と途中で合流し、宇都宮で餃子を食べながら愚痴を聞いて笑いながら今回の北関東を巡る旅は終わったのであった。

|

« 北関東を巡る旅 那須編 | トップページ | 白鳥丸を討て! »

コメント

以前に会津の帰りに国道が大渋滞していて何だろうと思ったのですが、後にそこが大内宿の入り口だったと知りました。ネギで食べる蕎麦は、死ぬまでに一度は食いたいです。(大げさ)

喜多方では、超有名店の「ばんない」を諦めて適当に入った店が「まるや」でした。気が合いますね。(笑)

投稿: なかがわ | 2013.05.20 23:00

>なかがわさん
必死にググりました(笑)
なかがわさんは2007年のゴールデンウィークに行かれたようで、ブログには私もコメントしてました。気が合いますね(笑)

ちなみに国道から大内宿までの街道には「大内宿まであと○○Km」って立て看板があちこちに立ってて変な感じだったのですが、どうやらシーズンの大渋滞にハマった人向けの案内だそうで。

今回は駐車場まですんなり行けたのでラッキーでした。

投稿: ごつ | 2013.05.20 23:33

まぁ!ごつさんも福島と栃木に行ってたんですね。
私もです。
福島はいわき、栃木は益子で、ちょっとズレてはいますが
気が合いますね?(笑)

投稿: ロコ | 2013.05.22 23:17

>ロコさん
おぉ、気が合いますね!(笑)
ズレてはいますが、お隣みたいなものですしね。
どこかでばったり会ったらその時はよろしくです(笑)

投稿: ごつ | 2013.05.26 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/57420485

この記事へのトラックバック一覧です: 北関東を巡る旅 福島編:

« 北関東を巡る旅 那須編 | トップページ | 白鳥丸を討て! »