« 北関東を巡る旅 福島編 | トップページ | 朝練 »

2013.05.25

白鳥丸を討て!

Harunatan2011年から続く白鳥丸攻略。
初回2回目とことごとく榛名湖の鉄壁な防御に阻まれ、白鳥丸を攻め落とすことはできなかった。

今年も4月後半にみちみち軍事顧問より、「そろそろ白鳥丸攻略の時期が来たかと」と意見の具申があり、我々はその計画を実行に移した。

という訳で、今年も大沢うどんと榛名湖の白鳥丸をやっつけに伊香保温泉に向かったのであった。

Mizusawaudonうどんは昨年からお気に入りに追加された庵古堂
一風変わったお店で、わんこOKのうどん屋さんなのだ。
わんこ連れが通されるのは殺風景な従業員食堂のようなスペース。
わざわざ犬連れのために開放してくれているかのようで、その気づかいには頭が下がる。

うどんはもちろん天ぷらもたくさん入り、満腹間違いなしである。

庵古堂、大きなお土産物屋もあるのだが、なんだかイマイチ人の入りが悪い気も・・・
ところがここ、旬刊旅行新聞が選ぶ土産物施設100選で、2013年に8位にランキングされる実力なのだ。
群馬県100選ではなく、全国100選での8位だ。
9位が焼津さかなセンター、7位が山形の庄内観光物産館ふるさと本舗というメジャー級に挟まれての8位。その実力が推し量られる。

Kanetukitaikaiここで満腹になり、食休みに水沢観音に向かう。
いつも素通りしているところだが、前回行った榛名神社と並び、2大パワースポットということで、心をきれいに洗うべく気を引き締めての参拝。
100円也を納め、鐘突きにも挑戦し汚れを落としたところで次の目的地。

Sikahiyaうどんの庵古堂から少し市街地に戻ったところにある鹿火屋(かびや)で少々お茶をいただく。

Kuzumoti萱葺き屋根の古民家風情のお茶屋さんで、わらびもちを。
こんな風情のお茶屋さんだと、由来も「江戸時代の豪農の邸宅を移築し」とか「周辺の集落で残った最後の茅葺の家をお茶屋に」といったストーリーがありがちなところ、どうやら最初からお茶屋さんにする目的で昭和41年に建てられた建物のような雰囲気。

「鹿火屋」とは、かつて畑を荒らす猪や鹿除けのため、一日中焚火を焚いて臭いものをくべる小屋のことを言ったそうで、「なるほど!この古民家はかつてそういう使われ方を!」と思ったのだが、そうでもなく。
鹿火屋公式ホームページによれば、店を構えた当初は「山畑の中にぽっつり一軒だったので、そこで鹿火屋を屋号にした次第です。」とのこと。

さて、ここで一服したところで、いよいよ今回の本丸、榛名湖に乗り込む。

伊香保の温泉街を抜けたあたりで、どうやらこの日に榛名山ヒルクライムin高崎という自転車競技があり、榛名湖までの道路が通行止めになっている、との怪情報が飛び込んできた。

一同、3度目の正直ではなく2度あることは3度ある、か!!と絶望したのだが、どうやらレースの時間とはずれていたようで無事湖畔に到着。ただ、湖畔は自転車競技参加者や競技関係者などで大変賑わっており、自転車が今熱い!を実感したのであった。

そこで我々を待ちうけていたのが!
Hakutyoumaru3ババーーン
でました。白鳥級ネームシップ「白鳥丸(2代目)」。
ついに乗ることができた!

まあ乗ってしまえばただの遊覧船なんですが・・・

榛名湖1周約20分の旅を終えて下船したところに、昭和40年代を彷彿とさせるデザインのモーターボートが係留されているのに気付く。
ふと船尾を見ると、船体に似つかわない最新っぽいエンジンが装着されている。

遊覧船の係員の方に聞くと、「このエンジンはね、中古だけど3年前に新しくしたんだ」と楽しそうに教えてくれた。
そして、「このエンジンは操縦席のだ輪やスロットルとは機械的につながってなくて、電気信号で舵もきるんだよ!」と最新モーターボート事情を教えてくれた。

へー、自動車や飛行機では一般的な仕組みだけど、船の船外機でもそういう技術が一般的なのかーと感心してしまった。
そして、40年代を彷彿とさせるが最新のエンジンと操舵システムを備えたこのモーターボートの乗船料がこれまた意外と安い!
白鳥丸+αで乗れると。
「犬は大丈夫ですか?」と聞くと、逆に「貸切だよ?何か問題が?」と質問の意味が判らないよとでも言いたげな表情。
こりゃ来年は・・・

白鳥丸を攻略し、上機嫌な我々は、山を降り最終目的地のプリン専門店クレヨンへ。
ここはオリジナルプリンが山ほどあってどれも美味しそうでなのだが・・・
Puthingu一番のお勧めはプリンケーキ。
プリンとスポンジケーキの2段になっているのだが、スポンジ部分になんとプリンが練り込まれているというか、プリンとスポンジがミックスされたような生地でとっても美味しい。

これを食べに行くだけでも価値がある逸品だった。

という訳で、2年越しの念願だった白鳥丸攻略は成功裏に終わったが、次回、モーターボート攻略はいかなる結果に終わるか、課題を残した榛名紀行でもあった。

|

« 北関東を巡る旅 福島編 | トップページ | 朝練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/57466759

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥丸を討て!:

« 北関東を巡る旅 福島編 | トップページ | 朝練 »