« 夏にひんやり | トップページ | 大阪グルメ »

2013.07.21

横浜の老舗へ

Araiya此頃都ニハヤル物 ピザヤ 焼肉 食ベ放題、という訳で、腹ペコな時に重宝するのがいろいろな食べ放題だ。
我が家のそばにも何軒か食べ放題のファミレスなんかができている。
焼肉食べ放題もいいが、すき焼き食べ放題も堪らない。

そんな中、ネットで見つけたのが横浜の老舗、荒井屋牛鍋食べ放題
横浜発祥ともいわれる牛鍋と言えば、やはり太田なわのれんだが、荒井屋も創業は明治28年、120年近い歴史を誇る名店だ。

大学生の頃、社会人になった先輩に連れてこられた思い出がある。
てっきり奢りかと思いきや、なんやかんやでほとんど自分で出したほろ苦い思い出もあるお店。

というわけで、いい年こいた今はもちろんオール自腹での訪問。
風俗街のど真ん中にあるが、もちろんこれは「牛鍋屋の周りに風俗街ができた」が正しい。

夏恒例という食べ放題はもう40年近く続く名物メニューだとか。
知らなかったなぁ。
通常3,300円の牛鍋セットの黒毛和牛が食べ放題になる。
KonroIHではない、普通の卓上ガスコンロが老舗の風格(笑)

Niku来ましたよ。
最初は仲居さんがいろいろ準備してくれ、程よく煮込まれたお肉を小皿に取ってくれたところで食べ放題スタート。

さすがの黒毛和牛は柔らかくふわふわとした食感。
これは堪らないね。
赤身と霜降りのお肉がお皿に並んでいるのだが、その中に数枚めちゃくちゃ柔らかくて甘みもバッチリな物が混ざっていて、これは当たりなのか?と思うほど。

割り下も肉や野菜に合うほどよい甘さ。
時々仲居さんが声をかけてくれるのだが、それがまた程よいタイミングでこういうところにも店の歴史を感じる。

老舗といっても、牛鍋は高級料理というよりはおしゃれな食べ物だった訳で、たぶんバブルの頃の「イタメシ」みたいなものだったんだろう。
お値段はちょっと高級だったけど、お店はちょっと良いお蕎麦屋さんみたいな雰囲気で、かしこまった感じもなくまさに庶民的なお店だった。

食べ放題もいいけどステーキ御膳とかビフテキ丼などなど気になるメニューもいっぱいの荒井屋、やはりもう一度行くべきか。

|

« 夏にひんやり | トップページ | 大阪グルメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/57839876

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の老舗へ:

« 夏にひんやり | トップページ | 大阪グルメ »