« 高くて美味い店 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2013.12.31

最強のふたり を見た

暮れも大詰めなのに、たまたまCSでやってた映画に目が止まり、ついつい見入ってしまった。
タイトルは最強のふたり
フランス、パリが舞台の映画。
ハリウッド映画と違い、プジョーやらルノーやらが普通に出てくるのがフランス映画の魅力で、見入ってしまったのもそれがきっかけだったのだが…

ストーリーが素晴らしすぎて、プジョー関係なく入りこんでしまった。

事故がもとで首から下が不自由になってしまった大富豪フィリップと、それを介護するアフリカ移民の青年ドリスの話。

青年は失業保険の申請目当てで、働く気ゼロで介護職に応募するが、フィリップの障害を全く気に掛けないその態度が気に入られて採用されてしまうところから話が進む。

フランスはかつての植民地主義や移民政策もあり、移民の多い国である。
そして、元来のフランス人の視線は移民に対して冷たい。
映画でも移民は低所得者層として描かれている。

映画で描かれるフランスと言えば文化と歴史を感じさせ、おしゃれなレストランや重厚な歴史的建造物が随所にちりばめられるきらびやかなイメージだが、その裏側にある移民の経済格差などを描いたこの映画は非常に面白かった。

そして、フィリップの喉にある気管切開の跡が妙にリアルで、そこがすごく気になる映画でもあった。

|

« 高くて美味い店 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

私もこの映画見ました。
ハリウッド映画並のわかりやすさでしたよね。こういうフランス映画もあるんだと驚きました。

投稿: ロコ | 2014.01.05 01:15

>ロコさん
明けましておめでとうございます。

白人と黒人、持つ者と持たざる者の友情、みたいなストーリーってハリウッドっぽいですよね。

ドリスが教養を得ていくところとか、なんとなくプリティーウーマンっぽいなって思いましたし。

今年もよろしくお願いします。

投稿: ごつ | 2014.01.05 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/58854768

この記事へのトラックバック一覧です: 最強のふたり を見た:

« 高くて美味い店 | トップページ | あけましておめでとうございます »