« 湘南散策 | トップページ | 307CC 近代化改修プログラム ファイナル »

2014.09.28

久しぶりの航空祭

Eafesuta久しぶりに航空祭に行ってみた。
場所は浜松。直前まで行こうか迷っていたのだが、車で3、4時間ならすぐそこだな、なんて思い、深夜2時ごろに出発。

早朝、先に浜松入りしていた友人と合流し、浜松基地周辺は混むだろうという予測の下、タクシーで基地に乗り込む。

思っていたほどの混雑はなく、開場とほぼ同時に基地の中へ入ることができた。

会場をぶらっとした後、撮影場所としてもくろんでいた基地南側に移動。
初めての基地だし、どこを何が飛ぶかとか予習はほぼしてこなかったので、みんなについてゆくだけ…

というわけで観光バスの駐車場と思しき所に陣取り、飛行機が飛ぶのを待っていると、大型機のエンジン音が。

Ropasuおぉ、KC-767がやってきた。
生で見るのは初めての自衛隊が誇る空中給油機だ。
日本がKC-767を採用したのが2008年。当初導入予定だったアメリカ空軍では導入の経緯に不透明なところがあると議会で問題になり、この当時は採用が見送られ、同機種を運用するのは日本とイタリアだけだった。

これが生産機数が少ないことからくるコストアップや運用リスクがあれこれ問題になったのを記憶しているが、結局米軍も採用を決め、そこは一安心になった様子。

それにしても、専守防衛が旗印の自衛隊が空中給油機をもつとはねぇ。
「いやいや、これがあれば訓練時に給油のために基地に戻る回数が減るから騒音が減るんだよ!」とか自衛隊は言ってたけど、よくその言い訳思いついたな!って当時は思ったものだ。

Kuutyuukyuuyu航空自衛隊は空中給油方式にフライングブーム式を採用している。
前世代の給油機では機体後部から目視でフライングブームをジョイスティックで操作して被給油機に接続していたのだが、KC-767では操縦室の後ろにある部屋からテレビモニター越しに給油操作をする。

EhutuuF-2の機動飛行。
実はF-2の生機動も初めて見る。富士総火演でも頭上素通りするの見ただけだし・・・
いや~最強戦闘機の呼び声が高いF-2の機動はやっぱすごい。そして洋上迷彩がなんてかっこいいんだろ。

Ewakkusuこれも飛んでるの初めて見たE-767、早期警戒管制機(AWACS)である。
こちらは日本独占販売で、航空自衛隊しか持っていないレアモデル。

Ewakkusunobankuなかなか気合いの入ったバンクを見せるE-767。
旅客機ベースの軍用機が取る思い切った機動は見ていて気持ちがいい。

Hatosama締めはブルーインパルス。
雲ひとつない青空でのブルーも何年振りだろうか。
飛行高度を生かした演技も堪能できた。

Rupuやっぱブルーは人気があるね。
ブルーインパルスのパイロットも3年のブルーインパルス勤務が終わると戦闘機部隊に戻るわけで、いつまでも彼らが実戦を経験しない世の中を守っていきたいな~、なんてことをブルーインパルスの素晴らしい演技を見るたびに思うわけである。

これで航空祭のイベントは終了。
あとは帰るだけである。

帰りは友人たちと一緒にドライブすることになり、長旅に備えて浜松といえば
Unagiでしょ。
明治創業の名店、八百徳本店のうな重を堪能。高くて美味い!

スタミナも付け、友人におごってもらったレッドブルパワーもあいまって家を出てからあまり寝ていないのに第二東名をノンストップで走り抜け、伊勢原バス停付近の名物渋滞も秦野中井ICからの裏道で華麗に回避。
あっという間に帰宅できた。

天気がいいと航空祭も面白い。ほとんど格納庫にいた豪雨の三沢がいい思い出になるのはいつのことだろうか。
というわけで、ひっそりといつもの別邸を更新…

|

« 湘南散策 | トップページ | 307CC 近代化改修プログラム ファイナル »

コメント

あの、例のあれは?
割った橋を期待していたのですが、斬新な新境地。

投稿: どら猫 | 2014.10.06 20:56

どら猫さん
あれは別邸で(笑)

投稿: ごつ | 2014.10.11 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/60429966

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの航空祭:

« 湘南散策 | トップページ | 307CC 近代化改修プログラム ファイナル »