« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014.11.17

富岡製糸場に行ってみた

草津からの帰り道、富岡市にある世界遺産、富岡製糸場に寄ってみた。

横浜の発展は絹の輸出と共にあり、その絹の多くは群馬から運ばれてきた。
富岡製糸場は一時期原富太郎氏がオーナーになっていた。氏は横浜市にある三溪園を作ったことで有名だが、そんな縁も感じ、いつかは見てみたいと思っていた。

富岡製糸場とその周辺施設が世界遺産に指定されるなら、富岡製糸場で作られた絹糸も保管されていたであろう「新港埠頭煉瓦倉庫(現・赤レンガ倉庫)」や「旧三井物産株式会社横浜支店倉庫」なども世界遺産級とも言えるのではないか。この倉庫は日本国内でも最初期の鉄筋コンクリート造の倉庫兼地区なのだが、近いうちに解体されるとの話もあり、残念だ。

Iriguti「明治五年」の要石もまぶしい工場正門。

赤レンガ倉庫の完成が明治44年なので、歴史の古さは到底かなわない。
絹の輸出は国を挙げての事業だったわけで、当時の最先端技術や資金が惜しみなく投入されたというのがよくわかる。
それは製糸場もそうだし、輸出にかかわる港湾や倉庫など物流についても同じだったわけだ。

Kouzyou
Kouzyou1世界遺産の工場といえ1987年まで操業していた工場である。

天井に明かり窓を配し、壁面にも大きくガラス窓をとり明るい作業場を確保する設計だったというが、現代は流石に蛍光灯である。
創業当時の絵で女工がずらっと並んで糸を紡ぐシーンをよく見るが、昭和になると数人の作業員で生産していたそうだ。

Kouzyou01かつては人力で運んでいた繭もベルトコンベアで運ばれるようになったのだが、工場の躯体は基本当時のまま使われていたとのこと。
屋内に柱を持たない構造などは100年通じる設計思想だったわけで、その先進性に先端技術を駆使した当時のハイテク技術者は凄いと実感した。

世界遺産ともなると立ち入ることのできる場所も制限され、見学コースを回ってもあっさりと終わってしまう。

そんなわけで小一時間周って工場を後に。

遅めのランチは工場出てすぐにあるはや味で、上州名物おっきりこみ。
Okkikori初めて食べたのだが、これは美味しい。
ほぼほうとう?な感じもするが、北関東の郷土料理で秩父地方なんかにもあるらしいので、山梨のほうとうと起源は似ているのかもしれない。

さて、上州といえばこんにゃくである。

とうわけで富岡製糸場からクルマですぐのところにあるこんにゃくパークなるところに行ってみた。

ここの目玉はこんにゃくバイキング。
Konnnyakubbaiking様々なこんにゃく総菜が食べ放題。
驚くことに無料なのだ。

Tabehoこんなのを何回食べてもタダ。

Konnnyakuramenこんにゃくラーメンだってタダ。
しかも、自販機で売ってるチャーシュー麺より美味しい。

ヨコオデイリーフーズというこんにゃく食品メーカーが運営しているこんにゃくテーマパークなのだが、正直それほどメジャーなこんにゃく屋さんではないし、費用対効果はどうなんだろうと勝手に心配してしまうがまた行ってみたいテーマパークだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.16

草津温泉に行ってみた

魅惑のドライブインを後にし、草津に向かう。

途中、いろいろ有名になり、ようやく完成が近付いてきた八ッ場ダムを通り、夕方にホテル着。

今回は、大正2年創業の歴史を誇る草津ホテルの別館「綿の湯」に。
Teruho歴史あるホテルの別館ということで、ホスピタリティーは十分、それでいてシンプルな部屋はとてもいい雰囲気。
全10部屋とのことでホテル内も静かでゆったりできた。

チェックインしてふらーり草津散歩

Onsentamago草津の温泉卵。
箱根の温泉卵を想像していたのだが、そういえば温泉卵といえばこれだった。

Yubatakeホテルから草津名物湯畑まで歩いて数分。
途中の温泉街には魅力的なラーメン屋や居酒屋がたくさんあったが、ホテルに夕食が待っているのでここは我慢。

垂れ流しのお湯を見て地球のすごさを感じながら湯畑見物をして、ホテルで夕食タイム。

Yorugohan
Nabe料理は温泉地のホテルお約束のようなメニューで良くも悪くも特徴はないが、一つ一つ丁寧に作っているのを感じとても美味しかった。奇をてらうよりも基本が一番。

Asagohan朝ごはんもザ・スタンダード。
ただ、お豆腐と焼きたての出汁巻き玉子がついてくるのだが、これがまたおいしいのなんの。

さすがの国際観光都市の歴史も長い草津だけあっていろいろなホテルや旅館があるけれど、また泊ってみたいなと思うホテルだった。

そしてこの後は世界遺産へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津のドライブインに行ってみた

Nanakosi最近、草津が熱いらしい。
自然湧出泉として日本一の湯量を誇り、また首都圏から気軽に足を延ばせる距離もあるのだろうが、ほぼ地元の箱根に比べても温泉地としての存在感はピカイチなものがると思う。

というわけで、草津に行こうと計画を練ったのだが、そこにひとつの気になる情報が。

昔のドライブインに必ずあった、ハンバーガーやうどんの自販機。

こんな自販機の愛好家がいるというのは知っていたが、この自販機を集めた食堂が群馬にオープンしたらしい。

自販機食堂

そうそう、この自販機ですよ。

でもなぁ、なんか違う。なんか違うんです。

と、いうわけで、私の求めてるのはこっちだった。

ドライブイン七輿

我が家から草津に行くちょっと手前、藤岡市にあるこのドライブインは、自販機バーガー好きにはちょいと名の知れたドライブイン。
私も気にはしていたのだが、場所はよく知らなかった。

今回地図で見て草津に行くのにちょうどよい寄り道ポイントだと気付き、さっそく立ち寄ってみたのだった。

Basuesugiru国道からちょっと外れた場所に位置するというドライブインにしては不思議な立地だが、この場末感たっぷりのネオン看板がたまらない。

中も期待にたがわない。
会議室にあるような長テーブルに簡素な椅子。ゲームコーナーからは空虚なゲーム音が響いてくる。

Motometenaiありました。これですよこれ。
子どものころ、親の実家にクルマで帰省するときの楽しみの一つだった自販機バーガー。
マクドナルドとは一味もふた味も違うハンバーガーは楽しみの一つだった。

Gutenbaga自販機バーガーといえばグーテンバーガーだが、製造元が2000年ころに製造を終了したそうだ。
味?味じゃないんだよ!自販機からハンバーガーの入った箱がゴトッって出てくる。これにカネ出してるんだよ!

Mazuiramen隣にうどんとラーメンの自販機があった。
今回はラーメン自販機でチャーシュー麺も購入。

Detekitaでてきた。
どんぶりから麺がはみ出て出てきたのもご愛敬。

Ramenn味?なにそれ。
ただ、チャーシュー麺を謳うだけあってチャーシューのクオリティーだけはカップ麺以上だった。

堪能した。
子どものころのわくわく感がよみがえってきた。

草津にお立ち寄りの際はぜひドライブイン七輿にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.15

プジョー308デビュー

プジョー308ガデビュー、というDMが来た。
308?マイナーチェンジ?
あまり気に留めていなかったのだが、ネッツトヨタに部品を取りに行ったついでにプジョーディーラーに寄ってみた。

我が家担当の敏腕サービスマン(営業からサービスに異動になったとか)に、「いかにも消耗品のクリップ在庫してないとか、ありえなくないすか」って聞いたら、「トヨタ店行けばあったんじゃないスか」とざっくばらんな解答。

そんなわけで308のことを聞くと、ちょうど試乗車が来たばっかりだと。
「乗ります?」と聞かれたが、あまり時間も無いので、まずは観察のみで。

なぜまた308なのか聞いたところ、欧州ではまで先代の309が走っていることもあり、今後はこのクラスは308という車名で固定されるとか。
まあ数字が加算されていくモデルはいつか破たんするよね、やっぱり。

308ふんふん、なかなかカッコいいじゃない。
サービス氏も「これはイイ」とのこと。競合はガチンコでゴルフ。あっちは売れすぎてて逆にそこが嫌だという人にズッポリはまるそうだ。

エンジンは3気筒1.2リッターターボに6速AT。
小排気量+ターボはもう欧州では標準になってるけれど、3気筒なんてスターレットのイメージなので、技術の進歩はすごいな。
燃費はリッター当たり16.1kmで、欧州車の燃費表示は実際の数字とあまり離れないので、現実もこんなもんだと思う。

Metaインパネが面白い。
回転計はメーターが右から左に回る。そして、シフトノブのそばにあるスポーツボタンを押すと照明が赤になるというドライバースポーツパックが標準装備されている。

スポーツモードになると、アクセルレスポンスとシフトレスポンスがクイックになり、ステアリングも重くなる。
このくらいなら今やどんな車にでもついている普通の装備だが、もう一つおまけに、エンジン音がオーディオスピーカーから流れてくるというそれこそ「おまけ」が付いてくる。

昔、三菱のGTOというスポーティーカーに「アクティブエキゾーストシステム」という装備があった。
これは、排気音にノーマルモードとサイレントモードが選べ、サイレントモードでは低回転時に静寂性を重視した排気モードになるというもの。
当時、若かった私は「良い音になるならまだしも静かになるなんてあんま意味ないじゃん(笑)」なんて思ったものだが、エンジン音をスピーカーで車内に流すなんてもっと意味がない、って思った。

とはいえこのドライバースポーツパックはかなり気になる…

Gamenナビはまだ開発中らしく、試乗車にはついていなかったが、208と同じくセンターコンソールの画面にナビの画面も表示させる仕組みだとか。

Sihutoインテリアの質感はかなり上がっていると感じた。
このクラスでようやくシフトブーツがついたのもその一つ。
縁取りもヘアライン仕上げになっているし、センターコンソールも右ハンドルに対応している。ようやくここまで来たかという感じ。

Ledなんとびっくり、デイタイト・スモールからLow、Highまで全部LEDライト。HIDじゃなくてLED。
え?世の中ってもうそこまで進んでるの?

Pfltで、ヘッドライトに「プジョー フルLEDテクノロジー」の文字が。
いやいやいや、確かにこのクラスでフルLEDは凄いかもだけど、技術的にはそんな凄くないでしょ(笑)

というわけで、試乗しないで帰ったのだが、やっぱりドライバースポーツパックが気になるので、今度試乗してみよう。敏腕サービス氏もしきりに試乗を勧めてきたし。

帰り際、敏腕サービス氏が「あの3008がこのランクルに変わったのか…」とさびしそうにつぶやいてゆさぶりをかけてきた。
戦いはすでに始まっているのかもしれない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仕上げ

粉砕したクリップを近所のトヨタで購入。
こんなの消耗部品だろと思い、家から近いネッツ店に行ったらまさかのお取り寄せ。
足を伸ばしてトヨタ店に行けば在庫あっただろうか…

Kurippuというわけで、2個で500円のクリップでバージョンアップ完了。

Raitoずいぶんカッコよくなったぞ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.08

灯火類バージョンアップ

購入したランクル、10年落ち10万キロ超えという老体だが、内装外装共にピカピカでその年月を感じさせない。

ただ一カ所を除いて。
Kusunderu
どうにもくすんでるんですよね、ここが。

で、社外品でピカピカなヘッドライトユニット売ってるんだけど、これがまた高いのなんの。
そんなわけでいいなーほしいなーライトかえたいなーと思いながらネットをさまよっていると

なんと中古品をヤフオクで発見。
ステーが一部折れているというジャンク品で、小売価格の半分以下。
ステーが折れてはいるものの現状で使っているものらしいので、なら問題無い!

というわけで落札。

届いた商品を見ると
Depo
全く問題なし!
折れているというステーも丁寧に針金で固定されており、更に瞬間接着剤をこれでもかと流しこんだら意外ときちんと固定されて、これも何とかなりそう。

というわけで取り付けへ。

まずは、ついでと言っては何だがフォグライトをイエローバルブに交換。
Fogu
やっぱフォグは黄色じゃないとね。

で、グリルを外し、ヘッドライトを外し…たところでトラブル
Kowareta
このクリップは経年劣化で破損しやすい、とネットに書かれていたので、慎重に外すも一発で粉砕。
反対側もより慎重に外したがやっぱり一発で粉砕。
とりあえずヘッドライトは2本のボルトで固定されているので、あとでトヨタに行くか…

今回ヘッドライトを交換するついでにバルブもHIDに交換。
これまたネットで爆安中華HIDをゲット。

純正ヘッドライのバルブはHB4で社外のヘッドライトはH7。
そしてヤフオクで落札したのはなぜか配線が途中でカットしてあり、まあこれはジャンクなのでしようがないので結線したりなんだかんだ工作して取り付け!
Akaruiraito
いいねいいね~。

暗いと感じていたヘッドライトもこれで解消。
くすんで古臭い感じがしていたフロント周りもリーズナブルにリフレッシュできてよかったよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »