« 夕暮れのみなとみらい | トップページ | 夢の一周旅行 »

2015.02.15

合成写真

長時間露光の写真を撮るのも好きで、前に年賀状写真なんかに使ったこともある。

長時間露光写真で難しいのが、明るい被写体と星空を一緒に撮ろうとしたとき、明るい被写体が飛んでしまうところ。

それを避けるために、比較明合成というテクニックがある。
簡単にいえば複数の写真の明るいところだけを拾って一枚の写真にする技術。
一回拾った明るいところは足さないので、無駄に明るくならない。

以前この技術を知った時、やり方がすごく面倒臭かったので食わず嫌いしていたのだが、最近簡単にできるフリーソフトの存在を知り、いろいろ遊んでいるところ。

というわけで、雲が少ない予報が出ていた昨晩、箱根大観山に行ってみた。

Ashinokoni30秒露光を50枚合成してみた。
うっすら見える富士山の左肩にひときわ明るく光っているのはナイタースキーのゲレンデなのだが、これがもう明るすぎてちょっと五月蠅くなってしまっている。

本当は北極星を右に配した星ぐるぐる写真を狙っていたのだが、思ったよりカメラは西を向いていて構図的にも失敗しちゃった。

これを撮ったのが午前1時から2時にかけてだったのだが、周囲には既に朝焼け狙いの写真家さんたちがたくさんいてちょっとビビった。

富士山の魅力、気温マイナス2℃にも負けない何かがあるんだろうな。

|

« 夕暮れのみなとみらい | トップページ | 夢の一周旅行 »

コメント

大観山だったんですね。あそこからの眺めは星空もキレイだろうなと思います。夜中、周りは道路とか凍結してませんでしたか?(いや、何せ一度4月にそこで雪を降らせたこともあるもんで)。それがちょっと心配というか、不安要素でして。その要素が問題なれば、いつかは僕もそこで夜撮影してみたいですね(もうちょっと場数を踏む必要もありますが)。

投稿: tane | 2015.02.18 22:22

taneさん
交通情報を聞いてチェーン規制が出てなければノーマルタイヤで問題ないです。

場数は大事だと思いますが、やっぱりこういうところで場数踏まないとあまり意味がないと思います。

空気が澄んでるの今のうちに撮っておきたいものです。

投稿: ごつ | 2015.02.18 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/61145201

この記事へのトラックバック一覧です: 合成写真:

« 夕暮れのみなとみらい | トップページ | 夢の一周旅行 »