« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015.03.29

夢のラーメン屋でお別れ会

ちょいちょい遊んでいたプジョー仲間、みちみち家がなんと滋賀に転勤することに。

お別れ会ということで以前から行きたかった伊豆高原にあるラーメン屋、餃子こうげん倶楽部で集合してお別れを惜しんだ。

Ramenya国道135号を熱海から下田に向かい、川奈を過ぎたあたりからガードレールに現れる犬のシルエットに「こうげん倶楽部」の看板が目立つ。
以前から気になっていた夢のラーメン屋だ。

Tirasi「ワンも入れるお店です」といいつつ犬が苦手な人は入店お断り。
むしろ「犬が苦手じゃない人も入れるお店」だ。あくまでも犬優先。

Setto料理は…ザ・普通。ザ・スタンダード。ザ・トラディショナル。
いわゆる「ふと食べたくなる味」だね。

Porutanぽるたんともしばしのお別れ。
といっても滋賀ですからね。近いうちに遊びに行きますね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.18

SNS

最近ネットで知り合った(笑)同世代の女性のご子息が卒業式を迎えたらしく、SNSで子育てに区切りがついたなんてつぶやいていたので「乙」とメッセージを送ってみたりした。

ふと思ったのが、まあ私も何度か卒業を経験しているわけで、母親もそのたびに子育ての区切りを実感したりしたんだろうけど、はたして私の知らないどこぞのおっさんからねぎらわれたりしたのだろうか。

いや、当然時代を考えればそんなことは無いと思うのだが、やっぱりこれってすごく「今」なんだなと。

「ネットで知り合った人と会ってはいけない」なんて青少年向けの警句はよく見聞きするけど、今私が仕事以外で会う人間はほぼ全員ネットで知り合った人だ。

それ以外の人と会うのはそれこそ昔の友人の結婚式とか同窓会とかそんなイベント。

昔も趣味の集まりで仕事以外の人間と知り合う機会はたくさんあっただろう。

「乙」と送った女性と知り合ったのも元をたどればプジョー仲間がきっかけなのだが、どこがどうつながってたどり着いたのか、今となってはよく判らない。

そんな面白さがネット社会にはあるんだな、と実感した卒業シーズンなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.15

北陸新幹線の旅

最近テレビや雑誌で推しに推されている金沢・北陸。

もちろん北陸新幹線開通によって首都圏から金沢がぐんと近くなることで観光客からビジネスパーソンまで取り込んでやろうという北陸地方の意気込みを感じる。

その意気込みを感じたのか、毎度のBlueforceさんから「北陸、行くぞ」と連絡が。

Misazimaで、北陸新幹線開通の日の朝。なぜかこんなところに。

北越急行ほくほく線の美佐島駅。
2008年1月に行った筒石駅以来のトンネル駅だ。

Tonnneruekiトンネル駅特有のエアロック。
このドアがないと駅を列車が通過するとトンネル内を突き抜ける空気の力で地上の駅舎のガラスが割れてしまうらしい。

トンネル駅を見学した後は、北越急行が新幹線開通後に運行する「超快速スノーラビット」の出発式を見学すべく十日町駅に。

出発式には新潟のローカルアイドル、Negiccoがテープカットをするということで撮影禁止。
ローカルアイドルなので和気藹々きゃっきゃうふふしながらイベント進行するのかと思ったのだが、さすが結成から10年以上の歴史を誇るローカルアイドルの老舗、メディアコントロールはしっかりしている。

Riharasaruというわけで写真は式典前の予行練習を行うほくほく線のゆるキャラ、ホックン。

さて、Negiccoを瞼に焼きつけた我々は次の目的地、糸魚川へ。

Itoigawa2008年に行ったときとずいぶん様変わりした糸魚川駅。

かつてのレンガ造りの重厚な機関庫は、前面のみが駅前に移築されて駅前を見守る。

Kabe時の移ろい、わずか7年前の姿がこちら。

この前面パネルの奥には大糸線を走っていたキハ52が保存されている。
短いレールが敷かれ、アントと呼ばれる鉄道用車両移動機で数メートルだけ動けるようになっている。

Yoko
Antoここで保存されているのはキハ52-156。

Kiha雪の大糸線を走っていた退役間近の現役姿。
やっぱり走ってこその鉄道列車だよなぁ…

去るものがあれば来るものもあり。
Nyuusenこちらは最新鋭のE7系。
「人を運ぶ」という土俵は同じ。

さてさて、あとは新幹線の撮影スポットを求めてあっち行ったりこっち行ったり。
で、黒部宇奈月温泉駅のそばに陣取って新幹線ゲット!
Hokurikusinkansen

このあたりで日も暮れてきたので富山市まで移動し、念願の寿司!
Susi廻る富山湾という名の回転寿司「すし玉」でたらふく寿司を食べた後は富山駅に行って富山地方鉄道を体験。

Toyamaeki路面電車と駅が直結。各地の公共交通機関担当者が視察に訪れるというのもわかる。

Kanzyousen横浜市でもこのような交通機関が検討されているというが、ぜひ実現してほしい。

というわけで、駆け足で北陸を回った日帰り旅は終った。
できれば金沢まで行きたかったけど、日帰りクルマ旅じゃあここまでか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.02

いちごハンティングをもう一度

Itigobaikinguというわけで、おめでたいアニバーサリーは次の日も続くのである。

今年はまだいちごを狩っていないので、ネットで探して予約したホテルニューオータニ幕張の「スイーツ&サンドウィッチビュッフェ ~ホテルでいちご狩り~」に行ってみた。

いちごスイーツ以外にもグラタンやらチャーハンやら充実していて、まんぷくりん。

最後に、お店の方からまたもやサプライズ
Syotokeki予約したのはホテルとは関係の無いグルメサイトだったのだが、そこに利用目的を書いたのだがその情報が漏れていた(笑)らしい。

「まだ食べられますか?」と聞かれたが、ケーキは別腹、もりもり頂いた。

今年はお店の人に祝ってもらう記念日だったな(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.01

絹婚式

ついに結婚12周年。今年は絹らしい。
去年は富岡製糸場に行ったりして絹づいていたが、この前振りだったのか。

という訳で12年前からこの日だけの贅沢、ということで六本木ヒルズにあるラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションでディナーを。

いつもケーキを頼むのだが、料理で満腹になった上にケーキワンホールはいつも食べられなくてもったいない思いもしていたので、今回は料理に資金全力投球をし、ケーキキャンセル。

オープンキッチンでカウンター越しにお店の方といろいろおしゃべりをしながら料理を楽しめるのがこのお店の魅力なのだが、そんな中で結婚記念日で来ているなんて話をしたものだから
Kinenbikeki最後にサプライズを頂戴した。

いや正直言うと記念日のお話ししたときに「あーこの流れはもしかして…」って思いましたよ。
やっぱりこのクラスのお店だとホスピタリティばっちりだし、何かあるかなとは思ってましたが!
でもこのお皿に書かれたメッセージは本当にサプライズだった。
「こりゃ来年も来なきゃですね」って返したら「来年と言わずすぐにでも来てくださいよ(笑)」と返され、さすがだなと思った。

しかも、この日は雨で着ていたパーカーは割と派手に濡れていたのだが、クローゼットで乾燥させていました、とお店を出る時にホカホカのパーカーが出てきた。
うーん、こりゃほんとに来年と言わずすぐにでも行かなきゃだ(笑)

そしてこちらもサプライズ
Nekutaitotokeiお気に入りの「YOKOHAMA」ネクタイシリーズの新作をプレゼントされた。
ガス橙と赤レンガ倉庫、横浜市開港記念会館という横浜の名所名物が描かれたネクタイ。これは非常に気に入っているシリーズなので本当にうれしい。

時計は昨年の誕生日に貰ったセイコーのキネティック パーペチュアル。
キネティックドライブという、腕の振動を電気に変えて針を動かすというメカ好きにはたまらない逸品。
しかも永久カレンダー付きで、今年の2月28日も何の手も加えずに翌日には3月1日になっていた。
これもうれしかったな。

という訳でまた1年、楽しくやっていきたいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

横浜食い倒れ

博物館めぐりもいいが、味めぐりもいいね。

というわけで、横浜みなと博物館に行く前に朝ごはんを食べたのがそば処味奈登庵本店の名物メニュー
Huzisabnつけ天富士山盛り。
朝からがっつり満腹になって横浜みなと博物館へ。

横浜港の歴史を写真で学んだあとは
Hottokeki横浜ベイクォーターにあるパンケーキ屋、Butterのパンケーキ。
富士山盛りが胃に残ってはいたが、どうにも甘いものが食べたくて。
変に飾りがなく、シンプルなパンケーキはうれしいね。

このあと横浜をぷらぷらしていたのだが、Brueforceさんが夜ごはん相手を探していたので、横浜に呼び出し(笑)
Syounandesu同じベイクォーターにある湘南バーガーで名物さつましらすバーガー。
この店、ハンバーグを使った本格ハンバーガー屋とばっかり思っていたのだが、しらすを使ったハンバーガーということで意外だったのだが、パンにさつま揚げとしらすが食べ応えがあっておいしいね。ヘルシーだし(イメージ)

翌日は神奈川歴史博物館に行く前に赤レンガ倉庫へ
Sekaiitinoasagohan世界一の朝食で有名なbillsで優雅なモーニング。

確かに大きなマッシュルームにもちもちのスクランブルエッグは美味しいけど、コーヒー入れて3千円近いお値段は、私にとって世界一高い朝食だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »