« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015.09.24

宿題

もうかれこれ20回弱沖縄に通って、前から気になって一度でいいから行ってみたかった店

Misesumako

ミセス・マーコのアメリ感・アメリ館 3号店

3号店…
どこかに1号店、2号店があるらしいこのお店。

今年こそ行ってみようと思っていたのだが、諸般の事情でその願い叶わず。

叶うまでが夢。ドリームズカムトゥルー。待ってろアメリ感☆アメリ館

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.09.23

沖縄食べある記

沖縄にはおいしい行きつけのお店があちこちにあって、行くたびにそこに通ってしまい新規開拓ができないという贅沢な悩みがあった。

ので、今回はなるべく新規のお店を開拓すべくあちこち周ってみた。

Inabaといっても、西表島は初めて行ったところなので、どこにしようか悩みつつペンションの方にもお勧めされたキッチン イナバ

Simadouhu
Goyapiza地元食材をふんだんに使ったメニューが多く、島豆腐のサラダやゴーヤのピザはなかなかの美味。
店内もきれいで、また来たいなぁと思ったが、ウチからだとかなり遠いのが難点。

フェリーの乗り継ぎのため、石垣島での立ち寄り先は空港とフェリーターミナルのみ。

石垣空港は以前の空港が移転し、大きくきれいになっていた。

旧空港にあった食堂は移転後フードコートに様変わり。
Ishigakikuukounosobaやいま村で定番の八重山そばをずるずると。

旧空港のあの食堂。いつか行こう、なんて思っているうちにあっけなく無くなっちゃった。
歴史を感じる佇まいが魅力だったけど、何となく足を踏み入れなかったのが残念だ。
はかないなぁ…

Isigakimaguroフェリーターミナルから歩いてすぐのところにあるお刺身屋さんマルハ鮮魚

No_maguro元祖ファストフードな雰囲気で刺身とてんぷらをいただく。
ご飯は近所のホカ弁屋さんから仕入れました的な感じでこれまたいい感じ。

本島では最近流行りの島カフェ巡りなど。
Oribunoki観光スポット、ニライカナイ橋そばにある
オリーヴの木に立ち寄る。

海のすぐそばにある浜辺茶屋とは違い、小高い丘の上にあるカフェ。
Simakafe青い海、木々の緑がとても清々しい。
Honzitunopasutaブッフェ形式のサラダ・ドリンクがついてくるランチセットはボリューム満点。
静かに遠くの景色を眺めてのんびり過ごす至福の時。

そしてもう一軒。
Muranotyaya古宇利島にあるむらの茶屋
島の高台にあるのはいいのだが、そこに向かう道がちょいと険しくとちゅうで「道、合ってるのかな…」と不安になるくらいだが、その先にある眺望はさすが。
Kourioohasi晴れていれば青い海に青い空の強烈なコントラストが飛び込んでくるはず。

ここでは沖縄で初体験のウニ丼をチョイス。
Unidon古宇利島はウニが名産なのだが、現在は資源保護のため禁漁となっており、そこはちょっと残念。
古宇利島産ではないが、シラヒゲウニという沖縄産ウニの丼は小鉢も充実していて満足満足。

新規開拓と言いつつ外せなかったシーサイドドライブイン。
Sisaidodoraibuin
Teikuauto
NHKの名物ドキュメンタリー番組でも紹介されたドライブインの名物メニューがこれ。
Nazosupu謎スープとも呼ばれるこのスープだけは外せない。
Hottodoggutonazosupuうまいんだなこれが。
本当は店内でゆっくりしたいところだが、ここは新規店ではないのでテイクアウトでぱぱっと通りすがる感じで。

アメリカンテイストぷんぷんのシーサイドドライブインのあとはこれまたアメリカンテイストぷんぷんなステーキハウス、The Rose Garden (ザ ローズガーデン)

Rozugaden横田基地そばにあるニコラに雰囲気は似てるか。

Rozugadensutekiアメリカ人はみんな大好きステーキ。

ステーキといえばもう一軒。
ここは今回の旅で一番面白かったお店。
Sisaidoresutoran米軍関係者の保養施設となっている「嘉手納マリーナ」内にある、シーサイドリストランテ

Sapotosukodoronレストランの運営はKADENA AIR BACE FORCE SUPPORT SQUADRON。調べると、横田などにも同じような部隊が存在するようだ。

Iriguti敷地は嘉手納基地の扱いのようだが、特にセキュリティチェックもなくレストランに入れる。

店内は完全にアメリカ。
客も店員もアメリカ人。
トイレのマークも非常口の表示もアメリカ仕様。
Doru当然メニューもドル表示。

Amerikannasuteki何を頼んでも出てくるのはアメリカ仕様。
ドリンクもお代わり自由なアメリカ仕様。
周りの客も全員アメリカ仕様。

会計もドルなのだが、ここで予想していなかった事態が。

チップ

チップ額を記入する欄が。

そりゃチップな国を旅行するときは事前に勉強していくけどさ。
突然言われても困る…

あわてて会計額の15%ぐらいの額を記入したが、ちょっと少なかったかなぁ…

ちなみにここはアメリカなので消費税は非課税だった。

嘉手納基地の近所のこちらも外せない。
Hamaya沖縄そばの浜屋

Hamayanosobaここはいつ来てもおいしいなぁ。

沖縄そばで初めて行ったのがここ。
Nakamasobanosetto恩納村の国道を走っているとき、いつも気になっていた店だったなかま食堂を初めて訪問。

名物というソバ定食を頼んだが、味・ボリューム・コストパフォーマンスどれも大満足。
また次も行きたくなる店が増えてしまった…

そしていつも通り〆は那覇空港で沖縄そば。
スタバがある場所に沖縄そば屋があったような…気がするんだけど…勘違いかなぁ
SimenookinawasobaというわけでANA FESTA ゲート1号店で旅行最後の沖縄料理。

結局沖縄に行くと常に満腹状態でいる気がする…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.22

いつものように遅い夏休み

毎度毎度のように、今年も遅めの夏休みを取って、久しぶりに沖縄に行ってみた。

今年は、今まで行ったことのないところに行ってみよう!をコンセプトに、目新しいところを主に攻めるプランを立てて沖縄に乗り込んだ。

まず、初日。
今まで行ったことのない西表島に行ってみた。

泊ったのは西表島星砂ビーチフロント コーラルガーデン
ペンションのような雰囲気で、部屋も全部で5室というこじんまりした感じ。

Iriomotenohoteru部屋から海も望めて、周囲も静かでとてもいい雰囲気だった。

今回は日程の都合で西表島に1泊しかしなかったのだが、さすがにそれはもったいなかったなぁ。

西表島で1泊したあとは沖縄本島に移動。

そこで今まで泊まったことのないところに行こう、というわけで、最近はやっているらしいプチホテルのラ・カーサ・パナシア・オキナワ・リゾートをリザーブ。

Entoransuエントランスはちょっと立派なペンション風。

Sinsitu驚いたのは部屋。ちゃんとリゾートホテル風で、バスとトイレも別々。
実はここ、1泊の料金は1万円ちょっとと沖縄のホテルにしてはそんなに高くないので実はあまり期待していなかった。
しかし部屋は広くて綺麗に整っていたし、机や冷蔵庫、アメニティーも立派なものが備わっていて、良いほうに期待が外れた。

Hoterutopuru
Puru関東近県でも1万円払えばそこそこのペンションに泊まれると思うけど、ここまで設備の整ったペンションはなかなかないのでは。

プールもきれいだし、周りのデッキチェアもくたびれてない。

ここは旅行予約口コミサイトトリップアドバイザーでは恩納村でランキングNo.1をゲットしているのだが、あながち間違ってないなと思った。

ここで2泊した後、やっぱりどうしてもここに泊まりたくてすぐそばのジ・アッタテラスクラブタワーズにも泊った。

Attairiguti
Attanosinsituやっぱここいいなぁ。

プチホテルは小さな子ども連れにも人気があるそうで、パナシアも小さな子ども連れ家族が多かったが、アッタテラスは宿泊に年齢制限があり、まさに大人のリゾート。

夕暮れ時のカクテルタイムには、プールサイドのバーでワインや軽食が自由に楽しめる。
そンなサービスがリゾート感を盛り上げるよね。
Attaterasuホスピタリティはさすがテラスホテルグループ。
スタッフからの至れり尽くせりのサーブは恩納村ランキング1位のホテルもかなわないなと思った。

なんだかんだいって、やっぱバレーパーキングはとにかくリゾートっぽくてたまんないよね、と非常に俗っぽいけどそういうとこなんだな、なんて改めて思ったのであった。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015.09.18

寄付金

先日、川崎の溝の口駅を歩いていると募金を募っている団体がいた。

東日本大震災以降、駅のコンコースなんかでペットの避難場所がどーたらこーたらといって募金を集めている人たちをよく見る。
あまり聞いたことのないNPO法人だったりすると途端に怪しく思えてしまい、まじめに活動をしているとしたらそれは申し訳ないのだけどなんとなくうさんくさいものを見る目で見てしまう。そこはしょうがない。

で、彼らもそんな怪しげなNPOかと思ったら、掲げたのぼりに「国境なき医師団」の文字が。
おいおい、ノーベル平和賞も受賞した特A級のNPOじゃないですか。

国境なき医師団のWEBサイトを見ると、まずトップに国境なき医師団のロゴを誇らしげに掲げるランクルが。
もうそれだけで支援に値する。

というわけで募金をしようと財布をガサゴソしながら近づくと、お兄さんから声をかけられた。

「国境なき医師団をご存知ですか?」

いやふつう知ってるでしょと思いつつ、募金箱を探すが見当たらない。
よくよく話を聞くと、クレジットカードで毎月継続的に募金をするシステムという。
街中で現金を扱わなくていいし、月々定期的に入金されるから効率もいい。これはユニセフでも採っている合理的な仕組みだ。

というわけで、初めてカードを使った寄付というのをやってみた。
ランクルのガソリン代として大切に使ってほしい、なんて思いつつ。

なんてことをブログに書こうと思っていた矢先にこんなニュース。

朝日新聞デジタル:米軍が国境なき医師団を誤爆 アフガン北部、16人死亡

米軍のアフガンでの武力行使にはいろいろ思うとこもある。が、こういうのがあるのがやりきれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.12

テールライト交換

とある暇な週末。

ふらっと行きつけの四駆ショップに行って、リフトに乗ったシグナス仕様のランクル100を眺めながら社長と無駄話。

シグナス仕様にする前はランクル後期仕様にするつもりだったらしく、「後期仕様のLEDテールライトが余っちゃったんだよね」と。

飛びついたね、それに。
「それ、買います」
って、0.5秒後にはつぶやいてたよね。

というわけで

Kyuugataこれが

Singataこう。

そして夜は

Yoruこう。

これで完成かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.05

築地で旨いものを

仕事で汐留に行ったとき。
高層ビルのエレベーターホールからふと外を見ると、朝日新聞の社屋が見えた。

あ、ここから築地って近いんだ。

昼飯時だったので、ちょっと足を延ばして築地場外に行ってみた。

最近は外国人観光客が多い、とは聞いていたが、平日の昼間、アジアからだけではなく欧米から来てると思しき観光客もたくさんいてそれはそれはにぎわっていた。

まあ今更ここで海鮮、ってこともなく、実は前から気になっていたお店に行ってみた。

Mako「喫茶・お雑煮 お二階へどうぞ」
なんという魅惑な看板。
そして二階へ

Makonoirigutiなかなか入りづらい入り口だ。
だが、和歌山で遭遇した店員がいない、常連だけで切り盛りしてるような地元スナックに比べれば屁でもない。

昭和の面影しかないドアを開け店内へ。

Makonositunai完全に映画のセット並みに昭和が再現された店内。
いや、再現という言葉は不適切だ。
再現も何も人の手の加わったディズニーランドやラーメン博物館のハリボテなんかではない、本物の昭和。

カウンターの中に年配の女性が一人。
お食事メニューも「お雑煮セット」のみ。

Torizousui鶏肉にお餅が入り、とき卵がのった素朴なお雑煮。
卵がのってるのは初めて食べたが、どこの地方がベースになってるんだろう…

Syokugonokohi食後に出てくるコーヒーもナチュラルに昭和。
そういや昔の喫茶店ってコーヒーフレッシュこんなので出てきたよね。スタバも悔しかったら真似してみろって感じだ。

コーヒーを飲みながら、地デジの薄型というここだけ21世紀のテレビをだらだらと見て、何となく高度成長期のリーマンってこんなだったのかなと思ってみたり。

というわけで、いつまでも残ってほしいね、こんな店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »