« 横浜新道の歴史 | トップページ | 箱根でお花見 »

2016.04.02

久しぶりのお花見

Blueforceさん主催のお花見に、数年ぶりに参加してみた。

NahanahaBlueforceさんプロデュースなので、行きは当然お座敷列車。

Nahanahasyanaiお座敷でゆったりくつろぎながら、といきたいところだか、結局かぶりつきで運転の様子を見ながらあっという間にいつものお花見スポット、勝沼ぶどう郷へ。

Ef64tosakura久しぶりに見るEF64 18もまだまだ元気そう。

そしてなんと、たまたまだったのだがこの日はEF64の内部が公開されていた。
以前のお花見の時、機関車の中には何が入っているのかと問う私に、Blueforceさんは「愛情さ」と夢のある答えをくれた。

果たしてそれが真実なのか、私は希望に胸を膨らませて機関車の中に足を踏み入れた。

Untensekiまずは運転席。
操縦席、やねぇ。ほんと機関車の運転席はいつまでも眺めていられる。

Haizara助手席前に灰皿。
いまでもJR貨物は運転士の運転中の喫煙を認めているそうなので、灰皿もあって当然か。

さて、運転席の後方、機関車の車体には何があるのか。
Aizyou
Sugoiaizyou詰まっていた。そこには、愛情が詰まっていた。

単位スイッチ、抵抗器、送風機…

架線から取りこんだ電力を愛情をもってコントロールする様々な機器が、そこには存在した。

Blueforceさんは本当のことを教えてくれたんだ…

貫通扉から地上に戻った私はそう感謝したのであった。

|

« 横浜新道の歴史 | トップページ | 箱根でお花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/63583912

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのお花見:

« 横浜新道の歴史 | トップページ | 箱根でお花見 »