« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016.09.24

慰霊

太平洋戦争における沖縄戦の死者数には諸説ある。

平和の礎には24万人余りの名前が記載されている。
この数には沖縄戦で戦死した米軍兵士も含まれており、沖縄県民の死者は軍人軍属を含めて約15万人、一般市民はそのうちの4~5万人と言われている。

東京大空襲の死者が10万人以上、広島長崎の原爆で広島は14万人、長崎で7万人の犠牲者が出たとされる。
一般市民に限った犠牲者数で言えば大きな数字ではないともいえる。
しかし、沖縄県民の犠牲者には現地召集を受けた正規兵のほかに鉄血勤皇隊や日本軍に協力した準軍属も含まれる。

また、連合国の一方的な虐殺ともいえる空爆と違い、沖縄戦では連合国側も1万4千人近い死者行方不明者を出す地上戦が3か月続いたところが大きく違うといえる。

1946年、沖縄戦激戦地であった糸満市に「魂魄の塔(こんぱくのとう)」が建てられた。
Hi戦後すぐに一帯の開墾を米軍に命じられた市民は、周囲に散る遺骨の収集・慰霊を米軍に要請したがなかなか認められなかった。

開墾するたびに遺骨が出てくるため作業が進まず、年が明けた1046年2月、米軍はようやく収集作業を認め、集められた遺骨を埋葬し魂魄の塔が建てられた。

塔にはアメリカ兵も含めた軍民人種かかわらず3万5千柱が納められ、のちに完成した国立の沖縄戦没者墓苑に移されたが、親族がどこで戦死したか分からない遺族が今も塔を訪れるという。

Naiyoのちの「ひめゆりの塔」や「健児の塔」のルーツにもなった塔は、まだまだ暑い夏の暑い日差しの中に静かにたたずんでいた。

屋台で供花を売っていたので、お供えさせていただいた。

Tamesarerudaitiそばにある北霊碑。

太平洋戦争中、沖縄で戦死した北海道出身者33,652名を祀る碑。
うち地上戦の戦没者は10,786名だという。
沖縄戦では北海道出身者が沖縄を除く全都道府県で最も多い犠牲者を出したそうだ。
はるか2,200km離れた北の大地から派遣され亡くなった兵士を思うと合わせる手にも力が入る。

もう一つ、かつて訪れてもう一度行きたかった碑へ。
実は昨年も行こうと思ったんだが場所をよく覚えてなくて断念したので、今年はちゃんと事前に調べて訪問。

Ryuuhuunohi琉風の碑
沖縄戦に巻き込まれ、亡くなった沖縄気象台職員72名を祀ったの慰霊碑だ。

1945年5月下旬、気象台は爆撃を受け壊滅、激戦地となった沖縄南部を陸軍気象隊とともに転戦し、何人もの犠牲者を出しながら6月22日ついにこの碑の建つ岩陰で解散したという。

Umigamieru岩陰から見た沖縄の海。
72年前、ここから見る風景はどんなだったろうか。
6月22日は日本軍の組織的戦闘が終わる直前だ。まだ米軍艦がびっしりと海に浮かんでいたことだろう。

現在沖縄では米軍基地問題など70年以上前の戦争の跡を今に至るまで引きずっている。
海軍沖縄根拠地隊司令官大田少将が海軍次官宛に打った「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」という沖縄県民の敢闘の様子を訴える電文を、今になっても重く受け止めなければいけないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.23

聖地巡礼

昨年訪れた斎場御嶽。そこから見た久高島に行くのも今回のテーマだった。

久高島は沖縄の中でも最も神聖な場所とされており、訪れる前から若干緊張しながら久高島行きのフェリーが出る安座間港に向かった。

Syuppatuフェリーは1日6便あるので、一日かけなくても十分楽しめる。

Yamato船の最後の乗客はクール宅急便。
当たり前っちゃ当たり前だけど、ちゃんとネットワークがあるんだねぇ。

Feri波を蹴散らして久高島に向かう。

Gamin約40km/h、20ノットぐらい?
思った以上に飛ばしながら島に向かう。

Kutakazimanoannnaiban久高島到着。
ここでレンタサイクルを借りて島を回るのが定石。

久高島は、アマミキヨという神様が島に降り立ち、沖縄の国づくりを始めたという伝説から沖縄の聖地となっている。
つまり、沖縄、琉球開闢の始まりのちなのだ。

聖地といっても、きらびやかな御殿や神殿があるわけでもなく観光客が大挙してやってくるわけでもない。
島にはお土産物屋さんが数軒あるだけで本当に何もない。

Ippnmiti自転車で琉球の歴史が始まったという海岸に向かう。
時々自転車に乗った観光客とすれ違うだけで、のんびりとした静かな時間が流れる久高島。

Kutakazimanohama島の最先端、カベール岬。
アマミキヨが初めて降り立ったと言われる場所。ここから今の沖縄が始まった。

パワースポットなんていうカタカナ言葉が薄っぺらく感じるほど神聖な場所なんだなと思った。
はるか水平線にコンテナ船が浮かび、うっすら見える沖縄本島には日常の街並みも望める。
言われないとただの小島のここが最高の聖地だなんて気づかないだろうけど、やっぱり来てよかった。

ここから琉球が始まり、琉球王朝となり島津藩の勢力に下り、明治政府では沖縄県となった。
太平洋戦争が終わり米国の施政下のもとで戦後復興を遂げ、1972年、日本に復帰。

「日本は単一民族国家だ」と言って批判を浴びた政治家がいたが、私は日本が単一民族だとは思っていない。
独特の文化と歴史を持った民族がいるとこの島は物語っていると思う。

そして沖縄の七御嶽の一つで、久高島のみならず沖縄でも最高の霊地、フボー御嶽へ。
Huboフボー御嶽は以前は男子禁制ながら女性は中に入ることができたらしいが、いまは男女問わず立ち入り禁止。

Tatiirikinsiなのでここから見るだけ。
見ることもできず、まさに聖地という感じだ。

島を一周し、フェリー乗り場まで戻ってランチは貸自転車屋さんのパーラーさばにでイラブー練り込みそば
Kutakazimasobaイラブー(ウミヘビ)がまんま乗ってるイラブー汁が名物らしいが、いやいやいやいや、ちょっと厳しいでしょ。

というわけで、沖縄の聖地巡りはとても充実したものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.22

嘉手納基地

沖縄に行く前、アメリカ空軍マニアに「今度沖縄に行くんだけど、嘉手納に一日だけ行くとしたら何曜日がいいの?」と聞いたら「木曜日の午後」と即答された。理由も言ってた気がするけどあんまり覚えていない。

というわけで、言われた通り木曜日の午後に道の駅かでなに行ってみた。

Zyanboもっとこうガンガン飛んでるのかと思ったが、そんなことはなく基地に白いジャンボが1機佇んでるだけで静かなものである。

Hariaしばらくすると海兵隊のハリアーが2機飛んでいき、またまた静かな基地に。

もういいや、と道の駅を後にしてホテルに戻ったのだが、そこでSNSをチェックしたらびっくり。
なんとさっき上がりを撮ったハリアーが墜落してしまったとか。
パイロットは無事救助されたそうだが、偶然に驚いた。

Nyusuそれにしても木曜日の午後、ぜんぜん飛ばねぇじゃんか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.21

宿題をやっつける

もう10年ぐらい前から気になっている店があった。

Amerikanamerikanミセス・マーコのアメリ感・アメリ館 3号店
国道わきの駐車場にぽつんと立つ不思議なお店。
初めてこの建物に気付いた時、アダルトグッズのお店かと思った。
が、ふと気づいた「STEAK&PIE」の文字。
ステーキハウスなのか…!!

が、このお店、北谷町にあるのでいつも泊まる恩納村から遠く、空港からもそこそこ離れており通りかかるときはお腹が空いてなかったりでなかなか訪れるチャンスがなく、昨年も店の前まで行きながら食べることはできなかった。

が、今回ついに行くことができたのだ!!
Amerikankanban昨年この看板の前で涙を呑んで撤退したのを昨日のことのように思い出す。

UsiSteak AMERICAN AMERICAN
アメリカ過ぎんぞコレ…

そしてステーキは
Makosutekiドドーーーン。

Nazosupu_1そしてやっぱり謎スープ。

Dezatoさらにアメリカンアメリカンなチーズパイ。

お会計の時に「Mrs.マーコさんて創業された方ですか?」って聞いたら、「そうですよ!本店にまだいますよ!」と教えてくれた。
本店だと?確かにここは3号店だ。少なくとも3軒はアメリ感・アメリ館があるはず。

「本店ってどこにあるんです?」
「ここからすぐよ」

ということで行ってみた。
本当に車で数分で着いた本店。
Makohonten次はここに来なきゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

ホテルでまったり

何度も沖縄には行っているが、毎回毎回あっち行ったりこっち行ったり沖縄中を駆けずり回っていたのだが、今回は「ホテルでのんびり」をテーマに、あまりあくせくせずに、ゆったりしようとふだんあまりやらないことをやってみた。

Gaden前から気になっていた、ホテルのわきにあるこの入り口。
パンフには「ザ・ガーデン ご滞在に彩りを添え、沖縄のさまざまな文化をご体験いただけるよう、各種カルチャープログラムや多彩なセミナー、ツアープログラムをご案内しております。」なんて書いてあるがさっぱりわからない。

ので、ちょっと探検してみた。
Zyanguru狭い階段を下りていくと、いきなりそこは亜熱帯のジャングルな雰囲気。
小川も流れており、手付かずな自然ぽい。

5分ほど歩くと急に視界が開け、きれいに整備された公園が。
Oniwaこれまたきれいな東屋が。
人の気配が全くしないのだが、ソファがきれいに並べてあり、ペットボトルの水もちゃんと用意されている。
トイレも使え、気配りを感じる。
こういうのがうれしいよね、やっぱり。

Umigamieru沖縄独特のセミの鳴き声のなか、彼方に東シナ海を望みながらぼけーっとする。
シルバーウィークだからそこそこ人がいるかな、と思ったけど、アッタテラスはこじんまりしてるからか本当に静かなのがうれしい。

お庭を散策したら今度はお昼ごはん。
去年食べようと店の前まで行ったら休店日だった、嘘みたいな店名「大衆レストランNo.1」に行ってみた。

Nanbawansutekiやっぱり謎スープが…
街中の食堂でこんなステーキが普通に食べられるんだもんなぁ。

長寿県のイメージがある沖縄県も、平均寿命はどんどん短くなって今じゃ30位前後(男性)で全国平均より短い。
まあ「飲み会の〆はステーキ」って言われるようなお国柄だから、こうなるのも無理はないか…

夕方にはホテルに戻り、カクテルタイムを楽しむ。
Kanpaiプールに沈む夕日を眺めながら冷えたワインを。こりゃたまらんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.19

備瀬のフクギ並木

沖縄2日目。
ちょっと前にガイドブックで見て気になっていた備瀬のフクギ並木に行ってみた。
ここだけの話、フクギ並木を知ったのが今年読んだそのガイドブック。場所は美ら海水族館のちょっと先。

というわけで車を走らせたのだが、現地は駐車場に車があふれて結構な賑わい。

Hukuginomori何があるというわけでもないのだが、フクギという木の並木が広がるだけの純朴な観光地。
確かに舗装されていない、白い砂地の並木道をのんびり歩くだけなのだが、もしかしたら昔の沖縄ってどこもこんなんだったのかな、なんて思いをはせてしまう。

Hukuginoumi並木から離れて海岸に足を向けると、伊江島の城山が見えた。
伊江島も一度行ってみたいなぁ

並木をのんびり歩いた後はお目当てのピザ屋さんへ。
と思ったらすんごい行列。こりゃだめだ…と第二目標のカフェ
NettaityayaHammock Garden Cafe 亜熱帯茶屋へ。
こちら目玉のハンモックシートは満席…
沖縄のカフェはどこも凝っていて人気ありますなぁ…

Sandoittiというわけで、おしゃれカフェにありがちなちょっとアジアンテイストな店内でサンドイッチとかコーヒーとか。

夜はホテルでのんびり、って決めていたので、夕食の買い出しはお馴染み
Sisaidoresutorannシーサイドレストラン。
アジアンテイストもいいけど、沖縄っぽいのはこっちだなぁ。

テイクアウトで買い込んで、ホテルに帰ってのんびりと。
Sisaidonotikinミートソースとチキン、それに
Nazosupu謎スープ。沖縄を堪能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

夏休み~~

今年もやってきました夏休み。

去年も行ったお馴染み沖縄に今年も行ってみた。

朝の羽田で、今回初めてラウンジってのに入ってみた。
Raunziフリードリンクでのんびりできるのはいいね。

Hneda
Umebosi羽田出発時、政府専用機の横を通過~~
向こうの窓側でないのが残念(笑)

去年は西表島に行って本島でも2か所のホテルを転々としたが、今年は本島でのんびりすることに。
いくつもホテルを楽しむのもいいけど、夏休みらしくのんびりするのもいいね。

Mensoreいつもこの看板で沖縄に来たことを実感。

今回の沖縄一食目はここ。
Irassyaimase去年初めて来て気に入った、嘉手納基地直営レストラン。

Sisaidoresutorant本当のアメリカのレストラン。

Rantimenyu
Suteki周りは兵隊さんだらけなんだけど、観光客が入っても日本人の店員さんがフレンドリーに接してくれる。
食事もおいしいしまた来たいなぁ。

ちなみに昨年しくじったチップは、今回店員さんが「入れときますね~」と事前に加算してくれた。慣れてないに日本人向けの特別サービスかな(^-^;

ホテルはお気に入りのジ・アッタテラス クラブタワーズ
Tyekkuin国道からちょっと奥に入った、街の喧騒の届かない静かなところがお気に入り。

Sinsitu
今回部屋がなぜかアップグレードしてくれたのだが、階が低くて景色があまりよくない…

これ次回は自腹で高層階のいい部屋取ってね、というホテルのメッセージだな。

チェックインを済ませ、シーズンが終わる前に買い付けなきゃいけないキーツマンゴを買いによはマンゴー園へ。
Yohamango夜遅くまでやってて、しかもお店の方のお話も面白いのでお気に入り。

ここでお土産を早々に調達して、初日の夜ご飯は、相変わらず行列ができてるなかま食堂
Syokudouiriguti
Nakamasyokudou頼んだのはやっぱりそば定食。

Puruこうしてリゾート気分の初日が終わるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.11

焼肉焼いた

ランクルをショップに出し、積載車をホンダに返して家に着くと、久しぶりにBlueforceさんから焼肉のお誘い。
なんでもワンコOKのイカした店を見つけたらしい。

場所を聞くとなんと三ノ輪。台東区の三ノ輪。遠い。遠いよ。
でも相当イカした店らしいので、車を飛ばして台東区まで行ってみた。どんだけ焼肉好きなんだよ・・・

と、思ったけど、呼び出された「焼き肉 まんてん」に行ってみると
Miseおぉ、これはなんだか期待できる店構え・・・

Kanpeiビールケースのテーブルとビール樽のいす。そしてなかなか見かけなくなった焼肉ロースター。こんな店はたいてい美味い。
そしてチラッと映るワンコ。

Nikuほら。こういう盛りなんですよ、イケてる焼肉屋は。

Kakemawaruinuそれにしてもお店の中に数匹の犬がうろちょろしてる。
焼肉の匂いに誘われることも無くおとなしくうろちょろしているその姿は、てっきり店のマスコット犬かと思ったら、どうやらお客さんが連れてきた犬らしい。
自由すぎる(笑)

Osuwariおなじみふうこさんもくつろぎタイム。
まるで自分の座布団に座っているように見えるが、これお店のマスコット犬の座布団。
自由すぎる(笑)

というわけで、Blueforceさんもたいそう気に入ったこの店には、またいつか来ることになりそうだけど、台東区はやっぱりちょっと遠いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.10

直した

7月末にパワステが壊れたランクル。
直後に車検も切れて立派な不動産になってしまった。

当初、車検は自分で取るつもりだったのだが、修理に出しに行くのに仮ナンバー取らなきゃとか、よく考えたら修理があがってからどっちにしろ仮ナンバーいるんだなとかいろいろ悩んでいるうちに一ヶ月が過ぎてしまった・・・

で、ようやく重い腰を上げて、修理と車検を一緒にお願いすることにし、後は車をどうやって工場に持っていくか、に。

仮ナンバーとってもオモステのまま高速走るのはヤバいので、自動車積載車を借りることにした。
ネットで調べると近所のホンダディーラーでなぜか積載車を貸してくれるらしい。しかも大手レンタカー業者の2割ほど安く。

予約をしようと電話をすると、ディーラー営業マンが普段使い、あいてるときにレンタカーで貸すシステムらしく、割と争奪戦とのこと(笑)

そして
Tunda積んだったー

不安だったのが最大積載量。
積載車のなかには最大積載量2tのものがあり、車両重量2.2tのランドクルーザーは過積載になってしまう。
で、前日に念のため電話で確認したら「2.7tですよー」とのことでホッと一安心。

Torakku久しぶりのトラックドライブで無事行きつけの四駆屋さんにランクルを届け、あとは修理と車検があがるのを待つばかりなりけり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »