« 新国防長官初来日! | トップページ | 意味もなく車を走らせて美味しいものを食べに行く »

2017.02.11

犬を飼うということ

実は私、動物が大好き。
飼ったことのある動物はハムスターと十姉妹、金魚とメダカ。本当は犬も猫も飼いたかったけど親も自分もひどい喘息で医者から止められていたのと、住んでいたマンションがペット禁止だったのとで、飼うことはなかった。
でも周りの友人が犬を飼うのを見て本当にうらやましかったのを覚えている。

年末年始、いつも遊んでいた犬が2頭、虹の橋を渡った。
犬が亡くなることを「虹の橋を渡る」と界隈で表現するそうだ。

その2頭ともこのブログにちょいちょい出てきた、私も仲良くしてもらったわんこだ。

大人になって喘息も治まり、ペットOKのマンションに住んでいて、今でも犬は大好きだが犬を飼う決断はできないでいる。

大事なわんこを亡くされたお二方、本当に大切にわんこを育てていて、飼ってもいない私も本当に勉強になった。

犬という動物は群れの中で生活する動物なので、必ず「ボス」が必要で、ボスのもとで生きていくことに喜びを感じる動物だそうだ。

我が家は旅行が好きでちょいちょい泊りで旅行に行く。
外食も好きだが、行きたい旅行先のホテルやレストランが犬OKとは限らない。
もちろんペットホテルに預けたりすることだってできるが、もし自分が犬を飼ったら連れていきたくなるだろう。
でも行きたいとこに行けなくなるかもしれないと、そこにストレスを感じるかもしれない。

そして、犬を育てるということは、人間の子育てとは違い、子育てが終わった直後に介護が始まるということだ。
毎日毎日散歩してトイレの始末をしてご飯をあげてしつけをして、そして弱っていく大事なわんこの面倒を最後まで見る。
自分には無理だ、と思った。

そして思った。
自分で飼うんじゃなくて、他人が心を込めて育てているわんこの頭を撫でさせてもらおう。
時々ご飯をあげて「ご飯をくれるいい人だ」って覚えてもらって、おいしいとこだけもらおう。

そんな、愛情に包まれて育ち、いつも頭を撫でさせてもらった2頭のわんこが虹の橋を渡った。

Huutyann本当に全国津々浦々、いろいろなところを旅してまわったふうちゃん。

Porutanから揚げに目がない、食いしん坊のぽるたん。

知り合いのわんこが亡くなるというのをはじめて、そして立て続けに経験した。
本当に人間の友達が亡くなったのと同じような悲しみと喪失感を感じた。感じるなんて思わなかったけど、感じた。

ふうちゃんとぽるたん、本当に今まで楽しい経験をさせてくれてありがとう。

|

« 新国防長官初来日! | トップページ | 意味もなく車を走らせて美味しいものを食べに行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/64945408

この記事へのトラックバック一覧です: 犬を飼うということ:

« 新国防長官初来日! | トップページ | 意味もなく車を走らせて美味しいものを食べに行く »