« 相撲観戦 | トップページ | 初花火 »

2017.05.28

時計

そこそこ古めの男子なので、車・カメラ・時計とモノマガジンの表紙に出てきそうなものは一通り興味はある。

時計は昔からセイコーが好きで、クオーツから機械式までいろいろ買ってきた。
もちろん高級なものはそう買えないので、機械式といっても海外向けSEIKO5がお気に入り。

そんなセイコーの腕時計の中で昔から欲しかったものがある。

Boroboronotokeiセイコーのトップブランド、グランドセイコー2代目モデル、型番:6146-8000
盤面に刻まれる「HI-BEAT 36000」は、毎時36000振動の高速振動ムーブメント搭載の証。
この時計は国産初の自動巻き36000振動ムーブメントを搭載したモデルだ。

毎時36000振動がどうすごいのか、実は私もよくわからないのだがムーブメントの振動数とは振り子時計の振り子みたいなものか?
1秒に1回動く振り子と1秒に10回振れる触れる振り子では10回振れる振り子のほうが正確に時間が測れる。
つまりそういうことらしい。

これが欲しくて欲しくて、でも当然売っておらず、中古時計ショップやネットオークションでも高い価格で取引されておりとても手が出なかった。

が、あるときネッとオークションで見つけてしまったのだ。
不動品のジャンク扱いでで安いやつを。

思わず落札してしまった。
Boroitokeiうむ。
傷だらけだし動かないしかなりキテいる。
でもその分5分の1くらいの値段で入手できた。

で、これをオーバーホール。
最初はセイコーの純正サービスでオーバーホールをしようと思ったが、時計のあまりの状態の悪さに、いい値段する純正サービスでもキレイにならなかったら…と思うとちょっとビビってしまい、ネットで見つけた時計ショップに依頼した。

見積もり段階でオプションの外装研磨を入れてもセイコーでオーバーホールするよりかなり安く済み、修理が終わるのを楽しみに待った。

ゴールデンウィークも挟み、預けてから1か月以上たってようやくオーバーホール完了。
届いた時計を見て驚いた。

Kireinatokei想像以上にピカピカだ。
上の写真と同じ時計とはとても思えない(笑)

これは大満足。
この時計、私よりも古いのにそれを感じさせずにとても快調に動いている。
わたしの身の回りにあるなかでたぶん一番古い工業製品だろう。

その古さを感じさせないデザイン、そして時刻を刻む正確さがほぼ半世紀たっても通用するのが素晴らしい。
これはさらにあと半世紀だって十分通用する時計だろう。

|

« 相撲観戦 | トップページ | 初花火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/65482259

この記事へのトラックバック一覧です: 時計:

« 相撲観戦 | トップページ | 初花火 »