« サングラス | トップページ | 時計 »

2017.05.21

相撲観戦

前から機会があったら見てみたいと思っていたのが大相撲。

ただ、野球やサッカーと違ってまずどうやって会場に入るのか、すらよくわからない。

そんな時、友人から「相撲身見行く~~~~」と声がかかった。
当然「はいはいはいはいはいはい」と手を挙げたわけだが、やっぱりちょっと普通のスポーツとは違った。

当日。

Ryougoku両国駅。
これは旧駅舎。
両国駅は1904年、両国橋駅という名で開業した。当時、総武鉄道という私鉄が千葉から東京に向けて路線を伸ばしていった。
隅田川まで来たところで、当時の会社に川を渡る橋を架ける資金がなかったため、終着駅として両国橋駅が作られたわけである。
今の両国駅の隣に建ち、飲食施設「-両国-江戸NOREN」として残る旧駅舎がいかにも終着駅なたたずまいなのはそんなわけで、この駅舎も好きな建物の一つである。

Ekisya駅舎内。上野駅と同じような雰囲気を醸し出すが、設計はどちらも鉄道省建築課。
竣工は1929年。約90年前の建物が現役の施設として活躍しているのを見て、当時新進気鋭の建築技師が集っていたであろう鉄道省建築課の意気揚々たる心意気を感じるのである。

そんな駅舎を堪能し、さっそく国技館へ。
初めて知ったのだが、大相撲の入場券の購入方法は何通りかあり、その一つが相撲案内所で入場券を買う方法。
相撲案内所とは、かつてはお茶屋さんと呼ばれ入場券のほかにお弁当やお茶、お土産などを用意するいわば「販売代理店」

Tyaya相撲案内所で入場券を購入すると、一般入り口ではなく相撲案内所入り口から入れるのも魅力。
非日常の入り口だ。

ここで入場券をわたし、たっつけ袴姿の「出方さん」に升席まで案内してもらう。

テレビだと相撲中継は夕方からだが、土俵では8時半過ぎから取り組みは始まっている。
最初は序の口から人もまばらな国技館で淡々と取り組みが進んでいく。

Kokugikan
わたしたちは国技館の中にある相撲博物館を見学したりして大相撲を堪能する。

昼を過ぎたころ、升席に戻ってお食事タイム。
Bentoお弁当も出方さんが運んでくれる。まさにお大臣。

若手の取り組みを見ながらお弁当を食べる。
これですよこれ、やってみたかったのはこれ。

そして
Yakitori国技館名部との焼き鳥。
国技館地下にある焼き鳥工場で作られる珠玉の一品。

冷えても美味しいといわれているが、ほんと美味しい。
これを食べて目的の3/4は終わったも同然。

幕入り後になると観客もはいり、大賑わいに。
Siomaki相撲っぽい写真も撮って、これ楽しすぎでしょ!

Rikisi大人気稀勢の里。
この日は稀勢の里が勝って結びの一番が終了。

小学生のころ、マンションの隣の部屋に住んでた仲のいい友人から、大相撲に行って升席に座った土産話を聞いてから何となくあこがれていた升席の相撲観戦。
あれから40年近くたってようやく叶ったのだが、これは楽しい別世界を味わえた。

また次にチャンスがあったらぜひ行きたいし今回誘ってくれた友人マジ感謝。

|

« サングラス | トップページ | 時計 »

コメント

数年前に数回観に行きました、焼き鳥、すごく美味しかったのを覚えています。それだけしか覚えて無いのかって感じですが(笑)

投稿: tane | 2017.07.03 05:48

>taneさん
いや、あれは思い出に残る味ですよ。
国技館で食べるってのもまた特別ですからね~

投稿: ごつ | 2017.07.03 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/65480846

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲観戦:

« サングラス | トップページ | 時計 »