« ラーメンと銀行 | トップページ | サングラス »

2017.05.04

想い出の地

わたしがスキーを始めて滑ったのは、大学1年生のあの時。
バブル真っ盛りのあの頃、大ヒット映画「私をスキーに連れてって(87年)」の熱気も冷めやらない90年冬だ。

大学の学食には格安バススキーツアーの売り込み営業マンが跋扈し、カラフルなツアーパンフレットが乱れ飛んだものだ。

初めてのスキーはそんな格安スキーバスで行った北志賀竜王スキー場。
ゲレンデの中に民宿が立ち並び、初心者から中級者まで楽しめるコースが気に入って結局毎年行くようになった。

そんな北志賀に、何年ぶりだろうか行ってみた。

ゴールデンウィーク後半戦、例によって直前になって旅行に行くことを決めた。

テーマは「高原ドライブ」

いろいろ探し回って志賀高原を走る志賀草津道路を目的地に、思い出の地北志賀へ。

Yama思い出の北志賀竜王スキー場。
5月上旬とはいえゲレンデのところどころに雪が残り、ロープウェイで上る山頂エリアではまだまだスキー営業中だった。

ロープウェイに乗り、山頂駅にあるカフェへ。

Mukasinokitasiga92年2月の北志賀竜王スキー場。

Pensyon2017年5月、あの時のレストランがまだ残ってるのを見て感激。
ロープウェイの添乗員さんにあの頃の熱気を熱く語るが、どう見ても20代半ばのお兄さんは「そんな時代があったってのは知ってます」的に聞いてくれた。
スマホに入れた当時の写真を見せたら「あ、この建物まだある!」とかなかなか面白いリアクションだった。

Mukasidayo右側にロープウェイが見えるが、写真は開業一年が経ったころ。
今年で開業26年であちこちに年季を感じるリフトになってるが、あの頃はピッカピカの最新鋭ロープウェイで…なんて話で盛り上がり、山頂へ。

Nagano1,930mの景色は見ていて飽きることがない。

絶景を堪能し、テーマの高原ドライブを実行に移すべく志賀高原を抜け、万座へ。

Saiko途中日本国道最高地点へ。
箱根じゃなかったっけ?と思ったけど、あれは「国道一号最高地点」だった…

Kougenこれこれ!こういうのすごく気持ちいい!
あいこちでシーズン最後のスキーを楽しむ人たちがいて、スキーもまだまだ人気あるなと実感したり。

万座から軽井沢に抜け、上信越道から関越、圏央道であっという間に帰宅。

25年前、長野方面にスキーに行くと移動に半日以上費やしたのを思い出したが、あの頃は金がなかったから関越道もめったに使わなかったからそりゃそうだった…

|

« ラーメンと銀行 | トップページ | サングラス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/65400038

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出の地:

« ラーメンと銀行 | トップページ | サングラス »