« 上から総火演 | トップページ | 沖縄 Day 1 »

2017.08.27

慰霊碑

日本の航空会社が起こした死亡事故は1985年の御巣鷹山日航機墜落事故が最後だ。

外国の航空会社が日本で起こした死亡事故も、1996年6月に起きた福岡空港でのガルーダ・インドネシア航空機の離陸失敗事故が最後である。

今では少なくなった旅客機の航空死亡事故だが、1966年2月から3月にかけて重大な航空機事故が3つ続けに起きたことがあった。

・2月4日 全日空機が羽田沖で墜落
・3月4日 カナダ太平洋航空が羽田で着陸失敗
・3月5日 富士山付近で乱気流に巻き込まれBOAC機が空中分解

3月5日に墜落したBOAC機は前日に着陸に失敗したカナダ太平洋機の残がいの横を離陸し、富士山中腹に墜落した。

墜落した場所は「太郎坊」と呼ばれる場所で、名前は事故の話で知っていたがどこにあるのかとかはよく知らなかった。

今回上から総火演やろうと地図を眺めていて、御殿場ルート登山口への道の途中に「英国旅客機遭難者慰霊碑」があるのを見つけた。

Ireihi富士山が起こした乱気流に巻き込まれ、空中分解した旅客機がここに墜ちた。

今から半世紀近く前に起きた事故だが、慰霊碑は今でも手入れがされており、とてもきれいだ。
黙とうし、当時よりはるかに安全になった飛行機の陰に少なくない命の犠牲があったことに思いをはせるのであった。

|

« 上から総火演 | トップページ | 沖縄 Day 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/65891866

この記事へのトラックバック一覧です: 慰霊碑:

« 上から総火演 | トップページ | 沖縄 Day 1 »