« CEATEC JAPAN 2017に行ってみた | トップページ | またまたさよならドライブ »

2017.10.07

さよならドライブ

長いあいだあちこち一緒にお出かけしてきたプジョー307CCも、10月27日に切れる次の車検はたぶん通さない。

長い間一緒に遊んだりして、今でも数少ない307CCオーナーのみっちさんにお別れをするべく、彼の住む滋賀に行ってみた。

Tanukinookimono集合場所は滋賀と言えば!の信楽。

焼き物の街だけど、信楽、といえば

Hunoisan信楽高原鉄道列車鉄道事故

信楽高原鉄道の信楽駅には、「セーフティーしがらき」として、列車衝突事故に関する資料を展示したコーナーがある。
Zijiitenziこのコーナーの存在を知って一度見てみたかったので、じっくり見学してしまった。
こういう負の遺産を公開する姿勢に敬意を払う。

信楽で焼き物を物色したあとは、みっちさんの案内で「木になる木」でランチ。
この店は国道307号に面したいい感じのカフェで、307だけにプジョー307に乗っている人たちが集まって走ったあとに集まって食事をしたりしていて、私も一度行ってみたかったところ。

Nidai久しぶりに二台並べて。
みっちさんの307CCはうちと同じT6モデルで、いまだに乗り続けている同志と思っていたのだが、うちから先に離脱するとは…

Kare食べたのはカレー。
いつもみんなが食べてネットにあげてた、あのカレー。美味しかった(笑)

Mattyamonokaランチの後は、少し離れたこれも307号沿いの「茶のみやぐら」で抹茶モナカで一息。
ここも307オーナーの方がよく行っていたような…

そして
Ireihi
Sigaraki信楽高原鉄道衝突事故慰霊碑。
この事故は91年、私が大学2年の時に起きた。衝撃的な事故現場の様子は新聞やテレビで繰り返し流れたのでよく覚えている。
日本でまだ正面衝突する事故が起きるのか…という衝撃もあった。
この3年前に起きた東中野駅の衝突事故も衝撃だったが、犠牲者の数の多さはさらに衝撃だった。

ちょっと前に富士山の太郎坊にあるBOAC機墜落事故の慰霊碑に行ったが、実際にそこで事故が起き犠牲者が出た現場に立つと、ネットの画面で知る事故とはまた違い、「あー、ここで実際に事故があったんだな…」という何かを感じる。

事故現場の厳かな雰囲気を感じ、琵琶湖畔で撮影。
Usiro最後のツーショットかな。

長い付き合いだったな…

|

« CEATEC JAPAN 2017に行ってみた | トップページ | またまたさよならドライブ »

コメント

最後のツーショット、307CCだけ、他のプジョー車とテールランプが違って時代。このショットをよく見たし、写真に収めたな〜と僕らも見てて思いました。うちも乗り換えたけど、色々と思い出深い車種ですよね〜。。
お疲れ様でした〜!といいたいですわ。

投稿: tane | 2018.02.21 05:39

>taneさん
ありがとうございます。
ほんとこの車のおかげでいろいろな人たちと出会えたので、短いようで長かった307CCとのおつきあいは永遠だなって思いました。
このテールに何度「カッコいい…」と思ったことか(笑)

投稿: ごつ | 2018.03.18 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53490/66409152

この記事へのトラックバック一覧です: さよならドライブ:

« CEATEC JAPAN 2017に行ってみた | トップページ | またまたさよならドライブ »