« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018.03.21

雪の箱根路(n度目)

雪の降る休日。絶好の箱根日和だ。

と言いつつ、朝から家でゴロゴロしてて、雪のニュースを見ながら行こかやめよかウダウダしているうちに14時を過ぎてしまった。
もうダメだこれ以上家にいたらもう手遅れだ!とばかりに家を出て、まずは大平台へ。
Hakonetoan背景がうっすら雪化粧の箱根登山鉄道の踏切を発見。
実は雪の影響で箱根登山鉄道が止まっているとの交通情報を聞いていたので写真はあきらめていたのだが、国道一号を走っていると防災無線で運転再開の情報が流れてるのを聞き、がぜんやる気に。

踏切で待っていると車輪のきしむ音が聞こえてきて
Kitadensyaちょっと思った感じではなかったが、この先道が渋滞してそうだったので撤収。

国道1号で箱根峠を目指すつもりだったのだが、案の定小涌園の手前から渋滞でピクリとも動かず。
たまらずUターンして旧国道1号で向かうことに。

急坂を上り切れず放置された車が数台あるが、走っている車はほとんど見かけない。
Tougenotyaya峠の茶屋で餅でも食べようと思っていたのだが、さすがに閉店。

箱根峠で一休みし、乙女峠を…と思ったが渋滞情報で真っ赤だったので沼津まで降りて東名で家に向かうことに。
Asigara足柄SAはまるで関越道のSAの様相(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.03.10

近場の林道

たまには朝からラーメンが食べたいんだ。

Ramenというわけで、新規開拓でラーメンショップ津久井店へ。

Rasyoいまさら論評するまでもない安定の美味しさである。

朝ラーで満足した胃をこなすのにどうしよっか・・・とスマホで地図を眺めてると、そばに宮ケ瀬湖がある。
宮ケ瀬湖といえば、昔ダムができる前はちょいちょい走りに行ったなぁ・・・

あの林道まだあるんかなぁ・・・と地図をよく見ると
Rindouirigutiあった!

Hayatogawaなんか記憶にある風景とはちょっと違うけど、昔通った早戸川林道だ。

Huyunoomoide友人のレガシーと一緒に走ったのは94年、もう24年前か。
宮ケ瀬ダムは91年10月に建設が始まり95年10月に試験湛水が始まったので、この時期は工事も佳境だったころか。

Nizinooohasi虹の大橋は1985年に完成していて、あの頃もよく渡ったが、当時から心霊スポットで有名だったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.04

結婚記念日

毎年結婚記念日は決まったお店で食事をするのだが、今年はさらに趣向を変えて温泉にも行ってみた。

といっても新しく我が家に来た車にスタッドレスタイヤがおごられたので、以前の年中ノーマルタイヤだった307CCと違い雪道を走りたいという欲求にも応える一石二鳥的なやつ。

場所は福島県にある会津芦ノ牧温。

東北道も圏央道のおかげでアクセスが楽になり、途中大内宿に立ち寄る余裕も。
Yuugatanoooutisyukuといっても、さすが17時ごろともなると店はどこも閉まっていて寂しい限り。

早々にホテルに向かう。
Ryokan泊まったのは丸峰という昔ながらの温泉旅館ホテル。
部屋もトラディショナルな温泉旅館で、昔から見慣れた部屋の配置には安心感すら漂う。

Yorunorotenburoただし、部屋にある露天風呂は景色も抜群。

Yonakiramen温泉旅館ホテルでは外せない夜鳴きラーメンも完備。美味しい喜多方ラーメンがいつでも食べられる。

Asagohan朝食は見たこともないお椀の波状攻撃。レストランからの景色は、目の前に渓谷が広がる絶景。
これはなかなかである。

Asanorotenburo朝食を食べたらこれまた雪景色を眺めながらひとっ風呂。

特に目的もない旅だったのでチェックアウト前にいろいろ調べると、鶴ヶ城が帰路の途中にあるっぽい。

Turugazyoというわけで見物。
新政府軍と旧徳川幕府軍が戦った会津戦争の舞台にもなった城で、昭和40年に再建された天守の中には若松城天守閣郷土博物館があり、会津戦争やその源流でもある戊辰戦争についてわかりやすく解説してくれている。

今でも福島県と新政府軍を構成していた鹿児島・高知両県との確執は時に真面目に、時にユーモラスに語られたりするが、博物館ではその深さの一端を垣間見た気がした。

幕末の歴史に触れた後は、来るときに寂しい宿場町だった大内宿にリベンジ。

Hirunoooutisyuku夕日に照らされる宿場町。
江戸時代は会津若松から宇都宮に向かうとき、この景色を眺めながら宿場町に入る。
当時と今、この風景だけはそんなに変わらないんかなと思うと不思議な気分になる。

雪の福島、なかなか良いものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »