ウェブログ・ココログ関連

2012.03.17

ブックマーク

ここ数年、いろいろな人のブログを読むのをRSSに頼っている。
ブログの更新があると教えてくれるこの仕組み、すごく役立ってはいるんだけど、中にはこれを実装していないブログもあり、結果そのようなブログを見に行くことも少なくなってしまった。

ふと思い立って、ブラウザのブックマークを片っ端からチェックしたんだけど、なんかタイムマシンで過去に戻った気分。
2009年とか2010年で更新が止まってるブログが結構あった。
アカウントも削除されて運営会社のトップページに飛ばされるのもちょいちょいあって、時の移ろいを実感。

新卒で入社してすぐに人事部長に言われた「会社作って10年後に残るのは3割以下。それだけ会社を続けるってのは難しいんだ。」って言葉を思い出す。

このブログを始めたのが2004年の9月。10年はまだまだ先だけど細々とでもいいから続けていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.16

こんなサービスあったんだ




コネタマ参加中: タイムマシンがあったら、どの時代に行きたい?


なんかネタ無いかな~とウダウダしていたら↑こんなサービスを見つけた。
ココログが提供する「コネタマ」という、ブログに書きやすい「ネタ」を提供するサービス。ちょっと乗っかてみることにする。

クルマですんごいスピードを出したときに「タイムスリップしちまいそうだぜ」とつぶやくのは私の持ちセリフの一つだが、まだ若かりし頃、友人たちと「タイムスリップするならどの時代に行く?」と真剣に語り合った事がある。
まさに目の前にタイムマシンのドアがあって順番に並んでるかの勢いで。

自然科学大好きな友人は恐竜のいるナントカとかいう時代を挙げ、歴史大好きな友人は武田信玄に「オタクの家紋、400年後も立派に甲斐の国を守ってるよ」と伝えに行きたいという。

私は明治維新直後か1960年代の日本に行きたいというと「どっちか一つだ!」と怒られた。
明治維新後はゼロからスタートする近代日本が見られるし、60年代は日本が活気に溢れていた高度成長期を体験できる。
どちらにするか非常に悩んだが、60年代をチョイス。
いろいろ理由はあるのだが、一番大きな理由は「現金が通用する」
なにしろ、タイムスリップしてもお金が無きゃなんにもできない。

明治時代のお金を用意しようとするとプレミアが付いていてかなりのコストがかかる。
しかし、60年代なら伊藤博文の千円札(63年発行)や聖徳太子の1万円札(58年発行)などのいわゆるC号券の時代である。

これらのお金はヤフオクでも覗いてみれば数~10パーセント程度のプレミアしか付いておらず意外と低コストで資金調達できる。
プレミアが付いてもこれを60年代に持っていけば今と貨幣価値がまったく違う。
消費者物価指数で見れば、60年代は今の半分以下である。200円あればラーメンが余裕で食べる事のできた時代である。1万円持っていけば今の2倍以上消費できるのだ。

うわー、ワクワクしてきた。
横浜造船所見てみたいし巣鴨刑務所も見てみたい。淀橋浄水場も見たいし米軍に接収されている本牧や都電の停まる東京駅丸の内口、代々木錬兵所も見たいなー

行きたいところがいっぱいだー
よし、まずはヤフオク巡りだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.14

ネットとブログとSNSと…

先日とあるオフ会で20数年ぶりに友人と会うことができた。
会うきっかけは某巨大SNSである。
このSNS,私はあまり好きではないのだが(苦笑)、うまく使うと高校卒業以来会っていなかった友人と再会できたりしてなかなか楽しい。

私がパソコンを買ったころ、まだインターネットなんて軍人か学者ぐらいしか使っておらず、「うわぁ、オタクな趣味だなぁ」等と言われながらもっぱらパソコン通信(NIFTY-Serve)で遊んでいた。
当時を思い出すと、今のSNSと当時のパソコン通信はどちらも狭いコミュニティーであるとか、ある程度(制度上は)個人が特定されるとか似ているところがあるなぁと思う。
でも個人からの情報発信が難しかったあたりは全く違うか…

インターネットが一般的になった90年代後半、テキスト系サイトとか日記系サイト等と呼ばれるサイトが流行った。
日々思ったことや主義主張、街で出会った面白い話などを載せたサイトである。
私がインターネットにはまったのもこの頃で、ヒマさえあればそういったサイトを駆け巡ったものだ。家の回線がISDNになったのもこの頃かな?

そのうち時代はブログに移っていったが、テキスト系サイトの管理人さん達は「移ったら負け」を合言葉にかたくなにhtmlをftpでサーバーにアップする作業を続けていった。
今でも私のお気に入りにはそんなサイトがまだいくつも残っている。

中にはブログに移行したサイトもある。特に頻繁に更新するサイトだと、その作業を考えるとどう見てもブログのほうが楽である。
見ているほうもRSSフィールドを活用すれば楽に最新のネタを効率よく読むことができる。(テキストサイト向けにもReadMe!というサービスがあったが、2008年2月でサービスは停止された。このニュースも感慨深かった)

が、そんな昔にちょいちょい訪問していた日記系サイトの管理人をSNSで発見。
かつてと同じような日記をSNSで書いていた。確かに読者とより濃い交流をしたい管理人だとSNSのほうが肌に合うのかもしれない。
でも、懐かしさとともに寂しさも感じた。
やっぱり「不特定多数の人が見ていない」というSNSはやっぱりインターネットの世界ではまだ「傍流」だと思うんだよなぁ。そっちに流れが向いているのは何だかわかるんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.20

Anniversary

先日、206SWが車検ですよ~というダイレクトメールが届いた。
2年前、307CCを買うに当たり下取りに出した車なのだが、いろいろおかしいぞ。
そもそも今手元に無いクルマのDMが来るというのが問題なのだが、あのクルマ、初年度登録は04年3月だったはず。
購入は確かに04年10月だったが…本来なら車検は来年の3月なんだけどなぁ。
もう206SWには乗っていないと伝えたはずなんだが、まあ顧客管理に関して言えばワタシも仕事でいろいろやらかしていて迂闊なことは言えないのでそこら辺はまったく気にしないことにする。

ふと思いついてこのブログの第1回目の投稿を確認してみると…!!
やっぱり!2004年9月20日の「こ、これでいいの?」から今日の記事が618件目、5年目に突入する記念すべき投稿になる。

思いおこせばセカンドカーにプジョーでも考えてみようかな~というのがこのブログを始めるきっかけだった。
第1回目の記事でも言及しているが、当時ブログというと政治的なオピニオンを発信するネットでの市民新聞的なイメージがあり、そして何より「トラックバック」という意味がまったくわからず、勝手に敬遠していた。
しかしどうやら日本では絵日記的に使う人が多いと聞き及び、なんならやってみっかと手を出してみたのがこの「ブログのはしくれ」である。

始めた当初は写真も小さく文章も短めで探り探りなのがほほえましい。
ネタはプジョーだったりランクルだったり自転車だったり場末の定食屋だったりでホント何のこだわりも無いブログだが、一応「写真は全てオリジナル」(ただ1枚だけ他サイトから借りています)、「法令遵守」と「0災で行こう!」をモットーに4年間続けてきた。
このブログ、いつまで続くか判らないが、ニフのディスク容量はまだ97%も残っているのでしばらくは続けられそうである。

この記事を書くに当たって過去の写真をいろいろ眺めていたら面白いものがあったので載せてみる。
Lzkakuho
これは2004年10月、パシフィコ横浜で行われた国際航空宇宙展であった航空自衛隊ヘリコプターのデモンストレーションの様子である。
さてどこの救難隊のヘリだろーかと検索して引っかかったのがこのサイト。百里だそーです(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007.10.07

ネット難民

それは、家庭内無線LANが不安定になったことから始まった。
ウチにはデスクトップパソコン1台と2台のノートパソコンがあり、ノートパソコンは無線LANでネットに接続している。あぁ、「無線」という響きはたまらんですなぁ。
で、数日前からノートパソコンでネットに接続できなくなった。アクセスポイントの設定でも飛んだのかと思いいろいろチェックするが特に異常なし。
そうこうしているうちに有線接続のデスクトップまでネットにつながらなくなった。こりゃ一大事だ。
プロバイダーから割り振られるIPアドレスはちゃんと設定されるのに、なぜかネットに接続できない。もしやあれやこれやがバレてプロバイダーから接続拒否…??いやいやそんなおイタはしてません。
念のためプロバイダに問い合わせたが、特にメンテナンスや接続拒否などはしていないとのこと。
こうなったらもうあそこしかない。風呂場の天井裏にある家庭内HUBをチェックすべく天井のカバーを開けると…やっぱりLINKランプが点いてない…(T。T)
電源抜き差ししても復帰しないので手持ちの10年落ちのHUBをつなげるとネット環境復活!
HUB不良なんて仕事で何度も見てきたし、そんなときは「機械モンですからねえ。壊れるときは壊れるんですよ。スペースシャトルだって壊れるんですから」なんてお客さんに言ってきたが、いざ自分で使ってる機械が壊れるとちょっと、ねえ?
プロバイダにHUBが壊れたことを伝えると、「1年保証は過ぎてるんで、後はお客様で何とかしてください」的なことを言われた。ハイ、もちろん私がいつもお客さんに言っているせりふです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.09.27

流行に乗って

最近あちこちのブログで「脳内メーカー」というのが流行っている。
名前を入力するとその人の脳みその中身を分析してくれるというサイトだ。まあ一昔前に流行った成分分析みたいなものだろう。
私はあまりこういうものに興味がないので他人の脳内を見るだけで楽しんでいたのだが、先日私の脳内イメージを勝手に分析してくれた人から「騙されたと思って一度やってミホ」と言われたのでやってみた。
B8e5c6a3cda7ccf7_2
これは、ないわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.02.16

1024人応援団!

Peugeot_1
夏の甲子園でおなじみの、アルプススタンドでよく見かける風景を作ってくれるWEBサイトを見つけた。
1024人応援団!というサイトで、ここに画像をアップロードすると自動的に右のような画像(クリックすると大きくなるよ)を作ってくれる。
季節やイベント時期によってパネルを持つ人々の服装が変化したりする、かなり凝った仕掛けもある。
まさにWeb2.0なことだなぁ、と感嘆する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.13

メンテ終わってる

お、ちゃんと書き込めてる。
動きも速いような…(プラシーボ効果?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテナンス終了?

丸2日もかけてメンテをしたココログ。
これが書き込めるということはメンテナンスは終わったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.06.12

タレントブログ

ちょこちょこチェックしているタレントBlogのなかで、最近注目しているのが磯山さやかの東京ヤクルトスワローズ女子マネ日記

以前彼女のラジオ番組を聞いていたが、プロフィールの「好きなプレー」に「6-4-3のダブルプレー」と書くホンモノの野球好きらしく細かい突っ込みが面白い番組だった。

「好きなチームは?」の問いに巨人以外のチームを挙げるタレントはなんとなく本当に野球が好き、という勝手なイメージがある。
日ハムが好きだが企業の社歌を覚えるほどの社会人野球好きだという伊集院光をはじめ、無類のトラキチ松村邦洋、広島カープファンで今でもドラフト指名を狙っている山本圭壱などなど、皆贔屓の球団の2軍選手まで詳しく知っているようなマニアだ。

磯山さやかも野球観戦の際にはスコアブックをつけるという変わり者アイドルだが、Blogを見ていると地方遠征でもきちんと球場まで行って応援しているので本当にヤクルトが好きなんだなと感心する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧