グルメ・クッキング

2017.06.08

銘菓

年に数回大阪に出張することがある。
ずいぶん前まで、大阪からの帰りは赤福を買って新幹線で食べるのが私のルールだった。

全てが変わったのは2007年。

赤福はまき直しと称して売れ残った赤福を冷凍保存し、翌日以降に販売していた。

そのため当時は夕方以降もお土産屋にじゅうぶん赤福が並んでいた。
売れ残っても翌日以降に売れたから。

だがしかし、2007年10月すべてが変わった。

Akahuku
20時半過ぎの新大阪駅。
わたしの中ではもう幻のお土産になりつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.03

初花火

友人に誘われて肉を食べに行ってみた。

横浜市民が肉を食いに行くといえば天狗家かハングリータイガーのどっちかだろう。

というわけで、行ったのはハングリータイガーららぽーと海老名店。

Niku変わらぬ味。
最近静岡のさわやかがSNSなどで話題になることが多いが、なんのなんのハングリータイガーの開業は1969年。
郊外型ファミレスの元祖ともいわれるすかいらーくより1年早く、さわやかより8年早い。

ランチを済ませ、さてこの後どこに行くか… 相変わらずのノープランである。

誰かが「大さん橋に護衛艦来てるな」と。

じゃあ見に行きますか…

というわけで海老名から大さん橋に向かう。
桜木町を通り過ぎるときに
Hanabi花火!!
そこで気付いた。

今日は開港祭だ…!!
だから護衛艦来てたんだ…
横浜市民とはいえ社会人になってから移り住んだ私だと6月2日が開港記念日というのにあまりピンとこない。申し訳ない。

となると大さん橋の駐車場は大渋滞。
入口に並んでるあたりで花火はピークに。

Sukimahanabi駐車場から花火を鑑賞。
広場に上がると、花火が終わったからか観客も減ってきてゆっくり護衛艦が見れた。

Dd110DD110 たかなみ型護衛艦ネームシップたかなみ。通称たかみな。

まあ公開時間もとっくに過ぎ、外から眺めるだけなんですが…

というわけで相変わらずなノープランな一日が更けていったのであった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.01

ラーメンと銀行

ゴールデンウィークの中日、平日だったのだが休みを取った私はどこかふらりとドライブに行こうかといろいろ策を練っていた。

もしや暇かな?と友人に声をかけたらこのノープランなドライブに乗ってくれ、あれやこれや行き先を決めだしたのが前日。

ずいぶん昔から気になっている月夜野のラーメンショップ?
月夜野と言えば赤城のモツ煮の名店永井食堂もいいな…

なんて話をしたらどれもお休みで開いてないと…

あーだこーだ打ち合わせた結果、ようやく探し当てた群馬のラーメン屋を目的地と決め、翌日の決行を迎えた。

当日は友人とは高坂SAに集合。
高坂SAって新しくておしゃれなSAってイメージだったけど、今見るとずいぶんくたびれたSAになってしまった…

そうそう、SA、PAで一番のお気に入りだった東名高速駒門PAが移転してこざっぱりしてしまったらしい。
あの昭和なPAがもう見られなくなってしまったのはさみしいものだ。
ああいう面影のあるPAは、身近なところだと西湘バイパスの西湘パーキングくらいかなぁ。

さて、目的地は群馬県にあるうまいラーメンショップ東大室店。

北関東自動車道並志江PAのスマートICで降り、一路ラーメン屋へ。

Rasyo到着~~

街道沿いのラーメンショップによくある大きな駐車場を備えた店構えは気持ちを高揚させる。

Kitakantoukei私の好きなラーショとは一味違う、もやしやシナチクが入る、いわゆる「北関東系」と言われる盛り付け。

平日昼間にラーショを食べに北関東ドライブってのも面白い。

ラーメンを食べ終わり、ここまで来たんだから、と横浜銀行へ。

群馬県と横浜銀行の因縁についてはこちらを。

群馬県にある横浜銀行三支店、前橋・高崎・桐生のうち二つは攻略済みで、残る桐生に行ってみようと。

Hamagin同行の友人は「ふ~ん」な感じだったが気にしなーいい

Kiryuusitenコンプリート。

某経済通の友人に「群馬に横浜銀行の支店が三店あってさぁ」といった瞬間、「生糸か!」と返してきたことがあった。
友人によると、日本銀行の支店で「?」ってとこにあるのは生糸繋がりなことが多いからピンときたと。

日銀福島支店は東北地方で最初にできた支店なのだが、東北地方で作られた生糸などの集積地だったので真っ先に福島に支店ができたそうだ。

そうなると日銀横浜支店は?!となるが、日銀横浜支店の歴史は浅く、戦後GHQとの決済業務などを想定して1945年8月28日に日本銀行横浜駐在員事務所が開設されたのが始まりとのこと。
東京が近いからそれまで支店を開く意義はなかったってことか…

そんなこんなで桐生を後にし、せっかくなので
Nanakosiいつものななこし。

もう何度も来ちゃってる気がする。

Gutenbagaグーテンバーガー改めチーズバーガー。

というわけで北関東駆け足ドライブはこんな感じで終了~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.01

結婚記念日

もう十数回目の結婚記念日だが、毎年変わらず決まったお店でささやかなお祝いをしている。

おととしは食事中の会話からお店の方からささやかなプレートをもらった
昨年は予約の電話を切った後、折り返し電話がかかってきて「もしかして結婚記念日ですか?」と言われた。

今年の電話予約では何も言われず、食事中も別段それといった話もせず、デザートタイムに移った。

さすがに年に一回来るだけの客のことはそんなに覚えてないよね…なんて思っていると

Ita「ご結婚記念日、ですよね?」と。

すげぇ。
下の名前までバッチリ。
いや、9割確証があっても残り1割「違うかな」って思ったらこれ出せないよね。

「すごいですね!」って聞いたら「ちょっとドキドキだったけど、去年のご予約と同じお名前だったので」と。

これもう来年も行くしかないよね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.02.12

意味もなく車を走らせて美味しいものを食べに行く

Reinbouレインボーブリッジを走る。
車運転中にこんなのとってちゃマズいでしょ!SNSなら大炎上だよ!!

安心してください。
Demodaizyoubu助手席です。

というわけで、Blueforceさんの愛車で向かったのは、千葉県の安房小湊にあるお食事処「なかむら」。
そんな遠くに行くつもりもなく、ちょっと用事があったのでBlueforceさんの家に行き、どこかで飯でも食うかってなってあーでもないこーでもないって言って結局決まったのがここ。

そういえば(こんな言い方好きじゃないけど)若い頃は夜中に友人と会ってその勢いで奥多摩とか山中湖とか行ったものだ。
西に旨いラーメン屋があると聞けば夜な夜な車を走らせ、東に出るパチンコ屋があると聞けば夜な夜な車を走らせ、北にオープンしたスキー場があると聞けば夜な夜な車を走らせ。

行き当たりばったりであちこち移動する楽しさは格別だが、それはいい年こいた今になってもそれは楽しい。

昔は時間はあってもお金はなかったから、ぜいたくは敵で移動はもっぱら下道だった。
それがどうだ。今じゃ「贅沢は素敵だ」とばかりお高いアクアラインだって平気で使うさ。

Nakamuraそんなこんなで思い立って着いた千葉の先、鴨川市はおらが丼で町おこしを狙っている。
そのなかでもおかむらはBlueforceさんのお気に入り。

Osasimiteisyokuおらが丼で町おこしをしている鴨川市商工会の方には申し訳ないが、お刺身定食を頼んでしまった。
でも確かにこれは美味い!量も大満足!
これだけじゃなんなんで、
Katuwoカツオの刺身に
Kakihuraiカキフライまで頼んでしまった。

いや~~これは大満足。

帰りはのんびりドライブを楽しみながら、またまた贅沢にアクアラインを使ってあっという間に東京へ。

こういう遊び、昔レオンか何かで読んだ「夜中にマセラッティで都内を流して、ふと思い立って中央道に乗って長野まで飛ばして美味い蕎麦を食べる」みたいだ。
あのころ「チャラい!これはチャラい!!」ってバカにしたもんだけど、まあまあ似てることをやって楽しいんだからそんなもんなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.22

金沢紀行

Notohanto前から行ってみたかった北陸に行ってみた。

いろいろやりたいことはあったのだが、千里浜なぎさドライブウェイを走りたかったので、まずは能登半島に車で向かった。

泊ったのはペンション風民宿というキャッチフレーズもなかなかユニークな「能登半島
ホームページもなかなかに昭和なこの民宿、とにかく猫づくし猫づくし、あちこち猫だらけだった。

Heyamoneko
Nekoneko
テンプレ通りの部屋にかかる絵も猫、座布団も猫。ポットも猫。

Nabemohonkakuteki
Nabemoneko地元でとれる魚介たっぷりの夕食。
目につくものは全部猫柄。
Nekomamireすべて猫。
猫好きにはたまらない、それ以外の人にはそのこだわりっぷりが理解の範囲を超える、そんな民宿だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.21

宿題をやっつける

もう10年ぐらい前から気になっている店があった。

Amerikanamerikanミセス・マーコのアメリ感・アメリ館 3号店
国道わきの駐車場にぽつんと立つ不思議なお店。
初めてこの建物に気付いた時、アダルトグッズのお店かと思った。
が、ふと気づいた「STEAK&PIE」の文字。
ステーキハウスなのか…!!

が、このお店、北谷町にあるのでいつも泊まる恩納村から遠く、空港からもそこそこ離れており通りかかるときはお腹が空いてなかったりでなかなか訪れるチャンスがなく、昨年も店の前まで行きながら食べることはできなかった。

が、今回ついに行くことができたのだ!!
Amerikankanban昨年この看板の前で涙を呑んで撤退したのを昨日のことのように思い出す。

UsiSteak AMERICAN AMERICAN
アメリカ過ぎんぞコレ…

そしてステーキは
Makosutekiドドーーーン。

Nazosupu_1そしてやっぱり謎スープ。

Dezatoさらにアメリカンアメリカンなチーズパイ。

お会計の時に「Mrs.マーコさんて創業された方ですか?」って聞いたら、「そうですよ!本店にまだいますよ!」と教えてくれた。
本店だと?確かにここは3号店だ。少なくとも3軒はアメリ感・アメリ館があるはず。

「本店ってどこにあるんです?」
「ここからすぐよ」

ということで行ってみた。
本当に車で数分で着いた本店。
Makohonten次はここに来なきゃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

ホテルでまったり

何度も沖縄には行っているが、毎回毎回あっち行ったりこっち行ったり沖縄中を駆けずり回っていたのだが、今回は「ホテルでのんびり」をテーマに、あまりあくせくせずに、ゆったりしようとふだんあまりやらないことをやってみた。

Gaden前から気になっていた、ホテルのわきにあるこの入り口。
パンフには「ザ・ガーデン ご滞在に彩りを添え、沖縄のさまざまな文化をご体験いただけるよう、各種カルチャープログラムや多彩なセミナー、ツアープログラムをご案内しております。」なんて書いてあるがさっぱりわからない。

ので、ちょっと探検してみた。
Zyanguru狭い階段を下りていくと、いきなりそこは亜熱帯のジャングルな雰囲気。
小川も流れており、手付かずな自然ぽい。

5分ほど歩くと急に視界が開け、きれいに整備された公園が。
Oniwaこれまたきれいな東屋が。
人の気配が全くしないのだが、ソファがきれいに並べてあり、ペットボトルの水もちゃんと用意されている。
トイレも使え、気配りを感じる。
こういうのがうれしいよね、やっぱり。

Umigamieru沖縄独特のセミの鳴き声のなか、彼方に東シナ海を望みながらぼけーっとする。
シルバーウィークだからそこそこ人がいるかな、と思ったけど、アッタテラスはこじんまりしてるからか本当に静かなのがうれしい。

お庭を散策したら今度はお昼ごはん。
去年食べようと店の前まで行ったら休店日だった、嘘みたいな店名「大衆レストランNo.1」に行ってみた。

Nanbawansutekiやっぱり謎スープが…
街中の食堂でこんなステーキが普通に食べられるんだもんなぁ。

長寿県のイメージがある沖縄県も、平均寿命はどんどん短くなって今じゃ30位前後(男性)で全国平均より短い。
まあ「飲み会の〆はステーキ」って言われるようなお国柄だから、こうなるのも無理はないか…

夕方にはホテルに戻り、カクテルタイムを楽しむ。
Kanpaiプールに沈む夕日を眺めながら冷えたワインを。こりゃたまらんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.19

備瀬のフクギ並木

沖縄2日目。
ちょっと前にガイドブックで見て気になっていた備瀬のフクギ並木に行ってみた。
ここだけの話、フクギ並木を知ったのが今年読んだそのガイドブック。場所は美ら海水族館のちょっと先。

というわけで車を走らせたのだが、現地は駐車場に車があふれて結構な賑わい。

Hukuginomori何があるというわけでもないのだが、フクギという木の並木が広がるだけの純朴な観光地。
確かに舗装されていない、白い砂地の並木道をのんびり歩くだけなのだが、もしかしたら昔の沖縄ってどこもこんなんだったのかな、なんて思いをはせてしまう。

Hukuginoumi並木から離れて海岸に足を向けると、伊江島の城山が見えた。
伊江島も一度行ってみたいなぁ

並木をのんびり歩いた後はお目当てのピザ屋さんへ。
と思ったらすんごい行列。こりゃだめだ…と第二目標のカフェ
NettaityayaHammock Garden Cafe 亜熱帯茶屋へ。
こちら目玉のハンモックシートは満席…
沖縄のカフェはどこも凝っていて人気ありますなぁ…

Sandoittiというわけで、おしゃれカフェにありがちなちょっとアジアンテイストな店内でサンドイッチとかコーヒーとか。

夜はホテルでのんびり、って決めていたので、夕食の買い出しはお馴染み
Sisaidoresutorannシーサイドレストラン。
アジアンテイストもいいけど、沖縄っぽいのはこっちだなぁ。

テイクアウトで買い込んで、ホテルに帰ってのんびりと。
Sisaidonotikinミートソースとチキン、それに
Nazosupu謎スープ。沖縄を堪能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

夏休み~~

今年もやってきました夏休み。

去年も行ったお馴染み沖縄に今年も行ってみた。

朝の羽田で、今回初めてラウンジってのに入ってみた。
Raunziフリードリンクでのんびりできるのはいいね。

Hneda
Umebosi羽田出発時、政府専用機の横を通過~~
向こうの窓側でないのが残念(笑)

去年は西表島に行って本島でも2か所のホテルを転々としたが、今年は本島でのんびりすることに。
いくつもホテルを楽しむのもいいけど、夏休みらしくのんびりするのもいいね。

Mensoreいつもこの看板で沖縄に来たことを実感。

今回の沖縄一食目はここ。
Irassyaimase去年初めて来て気に入った、嘉手納基地直営レストラン。

Sisaidoresutorant本当のアメリカのレストラン。

Rantimenyu
Suteki周りは兵隊さんだらけなんだけど、観光客が入っても日本人の店員さんがフレンドリーに接してくれる。
食事もおいしいしまた来たいなぁ。

ちなみに昨年しくじったチップは、今回店員さんが「入れときますね~」と事前に加算してくれた。慣れてないに日本人向けの特別サービスかな(^-^;

ホテルはお気に入りのジ・アッタテラス クラブタワーズ
Tyekkuin国道からちょっと奥に入った、街の喧騒の届かない静かなところがお気に入り。

Sinsitu
今回部屋がなぜかアップグレードしてくれたのだが、階が低くて景色があまりよくない…

これ次回は自腹で高層階のいい部屋取ってね、というホテルのメッセージだな。

チェックインを済ませ、シーズンが終わる前に買い付けなきゃいけないキーツマンゴを買いによはマンゴー園へ。
Yohamango夜遅くまでやってて、しかもお店の方のお話も面白いのでお気に入り。

ここでお土産を早々に調達して、初日の夜ご飯は、相変わらず行列ができてるなかま食堂
Syokudouiriguti
Nakamasyokudou頼んだのはやっぱりそば定食。

Puruこうしてリゾート気分の初日が終わるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧