旅行・地域

2017.09.10

沖縄 Day 3

3日目。
この日はのんびりグルメ旅の予定。

朝はホテルで優雅に和朝食。
Asagohanモーニングビュッフェもいいんだけど、それやると昼に響くお年頃…

朝食のあとは部屋でダラダラのんびりして、昼前に那覇に向かう。

目的地は昨年攻略目前にして戦略的撤退をしたまきし食堂
Erebeta入口エレベーターからしてこの存在感。
誰もが「モンキーのいるレストラン&BAR」に心を奪われるが、ここは冷静沈着にまきし食堂に行くべき。

Tennnai見よこの店内。モンキーのいるレストラン&BARなんて(たぶん)目じゃない。

Sobateisyoku頼んだのはソーキそば定食。
観光客でごった返していてもおかしくないシチュエーションの店なのに、客は仕事中と思われるリーマンとウチらくらい。
24時間営業なので夜が本番なのかもしれないが、ちょっと寂しいのぉ…

高度成長期の工業地帯にはどこにでもあった24時間営業の大衆食堂。
横浜にも根岸家みたいな伝説的な大衆食堂があったけど、どんどん減っていって…横浜市中央卸売市場本場の秋葉食堂もいつの間にか閉店して。

まだまだあちこちに24時間営業の大衆食堂がある那覇はパワフルなんだろうなぁ。

そんなパワーを満喫した後は市場でお土産を買ったり国際通りをぷらぷらしたり。

夕食は最近お気に入りの、米軍直営の嘉手納シーサイドリストランテ。
Sisaidoresutoran年々駐車場でわナンバーを見かけるようになった。

Yuukeiまきし食堂は古き良き沖縄の食堂だが、こちらもいかにも沖縄なレストランだ。

Niku今年はステーキだけでなく
Guratanグラタンもチョイス。
いかにもアメリカの料理過ぎて美味しすぎるでしょ…

アメリカと不思議な共存をする沖縄を堪能し、のんびりホテルに帰って明日の英気を養うのであった。
Yorunau

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.09

沖縄 Day 2

12回目の沖縄のテーマは「温故知新」。
確か2回目か3回目に沖縄に来た時に回った辺戸岬を再訪しようと久しぶりに北に向かった。

まずは、辺戸岬のちょっと南にある大石林山から辺戸岬を眺めてみることに。

沖縄はあちこちに聖地があって、ちょっとばかり聖地のインフレが起きている印象があるが、昨年行った久高島が沖縄神話の南の聖地とするならば、ここ大石林山は北の聖地らしい。

天地・宇宙・万物を支配する天帝から「この下に神の住むべき霊地がある。だが、まだ島の形になっていない。降って立派な島を作ってきなさい」との指示を受けた女神アマミキヨは、下見をしに下界に降りた。

そこは聖地になりそうではあるものの島と呼べるようなものではなく、天帝に「いいところだが整備が必要。それには土や石、草木が必要だ」と報告する。

天帝はそれらを与え、聖地の整備を命じたのであった。

そして最初に作られたのが久高島。
ほかに6つの聖地が作られ、そのうちの一つが大石林山にある安須森御嶽だ。

久高島にあるフボー御嶽と安須森御嶽、どちらも「琉球で最初に作られた御嶽」という説があるようだが、これはとても興味深い。

現在沖縄県人のルーツは九州・奄美諸島と言われており、そうすると安須森御嶽が先に作られたという神話は合理的に思うし、九州から移住してくる前から台湾などから移り住んでいる人がいたという話を聞けば、南にある久高島が最初に聖地が作られたというのも納得だ。

沖縄の神話に必ず出てくる「アマミキヨ」の名前が奄美からきているとしたらやっぱり聖地は北から作られたのかな~なんて思い、本当に想像力を掻き立てられる神話の世界なのだ。

Rinzanというわけで大石林山から奄美諸島与論島を望む。
距離22キロ、この近さなら泳いででもこれそうだ。

Rinzannnoyama大石林山の奇岩。
ここはすごい聖地らしいのだが、なんとなく面白観光地の雰囲気もあってなんだか不思議な場所だった。

大石林山から辺戸岬はすぐ。

Hedonobaiten沖縄本島の最北端。
Saihokutan占領下の沖縄ではこの先の与論島の間に国境があり、岬の沖合では返還運動の水上デモが行われたりした。

辺戸岬から大石林山のほうを眺めると
Nankairuなんだありゃ…

というわけで行ってみた。
Tenboudaiなんだこりゃ…

ヤンバルクイナ展望台、というそのまんまな展望台からの景色は、鉄格子が若干邪魔だがなかなかの絶景。
Kesiki
Yanbarutenboudai
Yanbarunotenboudai鉄格子の外にカメラを出せばインスタ映え間違いない。

ヤンバルクイナ展望台で思いがけず巨大ヤンバルクイナを目撃したが、こっちは当初の目的地「ヤンバルクイナ生態展示学習施設 クイナの森
Yanbarukuinaここは、人工ふ化で生まれたやんばるくいな「きょんちゃん」を生体展示している施設。
Kyontaynn一戸建てくらいある巨大なケージの中でただ一羽飼われているきょんちゃんは、非常に警戒心の強いヤンバルクイナには珍しく、人の姿を見ても隠れたりせずに愛嬌を振りまくアイドル的存在だとか。
KyontyannmizuabiKinouenokyontyann独りぼっちはさみしいんじゃないかと思ったが、ヤンバルクイナは縄張り意識が非常に強い鳥で自然の中でも基本的に一羽で生活しているとのこと。

ヤンバルクイナといえば1981年に新種の鳥として発見されたというニュースが強烈に印象に残っているが、この施設の説明員の方の解説や展示でヤンバルクイナの理解が深まった。
当時11歳だったのに意外と印象に残ってるもんだなぁというのもなかなか面白い発見だった。

ヤンバルクイナに癒された後はホテルへ。

今日のホテルはブセナテラス。
ブセナテラスは今年開業20周年。
アニバーサリーの意味も含めて、久しぶりにブセナテラスに宿泊。
Heyaブセナテラスに初めて泊まったのが99年。あのころ開業2年の出来立てほやほやホテルだったわけだ。
Hoteruテラスから見る景色は変わらないなぁ。
Dinaカフェテラスでまったりとディナーを楽しみつつ
20th20周年おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.08

沖縄 Day 1

今年も遅めの夏休みは、昨年と同じ沖縄に行ってみた。

今年は、私は初めて沖縄に行ってから19回目の夏。
記憶を呼び起こすと、そのうち11回沖縄に行っている。
なんかもっと行っているような気もしたのだが、今年は12回目になるようだ。

前日は
Seibukyuzyo
Yakyuなぜか西武球場で野球を見て、自宅に帰ったのは日が変わるころ。
そこからいろいろ準備をして、こりゃ寝てられないな…ということで一睡もせず…

Dahane早朝の羽田空港。眠いけど遠足に行くちびっ子状態であんまり眠くないというね。
久しぶりの沖止めで一回のバス乗り場へ。
Garagaraちょっと早く来すぎたか、ガラガラやね。
Okidomeバスに乗ってhttp://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?__mode=edit_entry&id=88341419&blog_id=56350#
Sutauozuおっと、スターウォーズジェット。
Zyousyou三浦半島上空をグングン上がって

Sikokuokiスターウォーズ仕様のコップでコーヒーを飲みながら巡行中。

Okinawappoi
Mensore到着~~
F-15とめんそ~れを見ると沖縄来たことを実感。

Kaityuudouro今年は19年前に来て沖縄にのめりこむきっかけを再訪しに、まずは海中道路へ。
あの時、沖縄に行く前に熟読したガイドブックでまず目について、絶対行こうとまず向かったのがここだった。

Azihana

昼食は、海中道路を渡ったさきの平安座島にある海鮮食堂味華。カニそばが名物らしいのだが、残念売り切れでエビフライ定食でまんぷくりん。
Ebihuraiほかにもおいしそうなメニューがたくさんあって、また来たいね。

Omoidenoumi19年前、この入り江の港で透き通る海を見て「おおぉ!テレビや雑誌で見る海だ…!」と沖縄が私のハートをわしづかみ。

あの時、那覇空港から旅行会社の手配したレンタカー屋に行くと、カーナビ付きの車が出払ってしまったということでナビ無しの3ドアのミラージュを満タン返ししなくていいよって条件で借りて、地図を見ながらここまで来たのを今でもよく覚えている。

まだあの頃はナビは普及しだしたころでまだまだ地図を見てドライブする文化は廃れる前だったな(笑)

昔の想い出を浸りつつ、今日の宿へ向かう。
途中、ちょっと寄り道を。

Henoko何かと話題の辺野古地区の中心にある辺野古商店街。
ここはキャンプシュワブの歓楽街として米軍民政府土地課長アップル中佐も協力して開発された商店街で、中佐は町民にも大変親しまれたそうだ。
今は反基地運動の象徴にもなっている辺野古地区だが、かつては今と違う表情があった。
それはそのままかつてと今の沖縄そのものなんだなぁと思う。

ネットでは相当ピリピリしているとか観光客は近づくと危ないなどと言われていたが、もちろんそんなこい。

基地前の国道には座り込んでいる反対派と警備する機動隊がいるが、止められることもなく何の問題もなく通ることができた。

Kourioohasi今夜の宿は古宇利島にある
Hoteruプチリゾート古宇利島

フロントはなく、ネットで予約すると鍵ボックスの暗証番号が送られてきて部屋に出入りする、民泊のようなシステム。

WEBサイトはしっかりしてて怪しげなところはないのだが、初めての宿泊システムなので少々警戒していったのだが…
Oheya部屋はとてもきれいで清掃も行き届いていた。
Huroバスルームからの景色も古宇利大橋を望む絶景。

食事をとるところはないが、キッチンには調理道具やお皿、調味料までそろっているので、材料を持ち込んで自由に作ることができる。

Heyakarokesiki
Yuusyokuが、今回はここに来る途中のあちこちの道の駅で買ったスパムおにぎりと魚の天ぷら、オリオンビールでオキナワンフード三昧。

こういうのハマりそう…

Yozoraこのホテルは屋上に自由に登れるのもいいところで、古宇利島の星空を撮ろうと三脚まで持ち込んだのだが…この雲で残念ながら断念。
でもまた来たいなぁ…と思いつつ沖縄の1日目が過ぎていくのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.08.27

慰霊碑

日本の航空会社が起こした死亡事故は1985年の御巣鷹山日航機墜落事故が最後だ。

外国の航空会社が日本で起こした死亡事故も、1996年6月に起きた福岡空港でのガルーダ・インドネシア航空機の離陸失敗事故が最後である。

今では少なくなった旅客機の航空死亡事故だが、1966年2月から3月にかけて重大な航空機事故が3つ続けに起きたことがあった。

・2月4日 全日空機が羽田沖で墜落
・3月4日 カナダ太平洋航空が羽田で着陸失敗
・3月5日 富士山付近で乱気流に巻き込まれBOAC機が空中分解

3月5日に墜落したBOAC機は前日に着陸に失敗したカナダ太平洋機の残がいの横を離陸し、富士山中腹に墜落した。

墜落した場所は「太郎坊」と呼ばれる場所で、名前は事故の話で知っていたがどこにあるのかとかはよく知らなかった。

今回上から総火演やろうと地図を眺めていて、御殿場ルート登山口への道の途中に「英国旅客機遭難者慰霊碑」があるのを見つけた。

Ireihi富士山が起こした乱気流に巻き込まれ、空中分解した旅客機がここに墜ちた。

今から半世紀近く前に起きた事故だが、慰霊碑は今でも手入れがされており、とてもきれいだ。
黙とうし、当時よりはるかに安全になった飛行機の陰に少なくない命の犠牲があったことに思いをはせるのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

海の家

某SNSに、カップヌードルの日清が群馬に海の家を出す、と告知があった。

群馬に海は無いのに、だ。

最近の日清は広告プロモーションがくだらなすぎて気に入っているので、ちょっと遠いが群馬の山奥にある海の家に行って見た。

Gerende場所は川場スキー場。
冬には何度か滑ったことがあるが、雪のないシーズンに行くのは初めて。

Uminoie本当にスキー場のリフト乗り場脇に海の家があった。

Ramen海の家なのでシーフードヌードル群馬パッケージVer.が試食できる。

別に泳げる海があるわけでもなくタダのシーフードヌードルを食べたらやることが無くなったので、吹割の滝へ。

Taki滝のすぐ間近まで行ける吹割の滝、妙に親しみがわくんだよな。

一度も海を見ることなく、海の家に行くたびは無事終了~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.03

初花火

友人に誘われて肉を食べに行ってみた。

横浜市民が肉を食いに行くといえば天狗家かハングリータイガーのどっちかだろう。

というわけで、行ったのはハングリータイガーららぽーと海老名店。

Niku変わらぬ味。
最近静岡のさわやかがSNSなどで話題になることが多いが、なんのなんのハングリータイガーの開業は1969年。
郊外型ファミレスの元祖ともいわれるすかいらーくより1年早く、さわやかより8年早い。

ランチを済ませ、さてこの後どこに行くか… 相変わらずのノープランである。

誰かが「大さん橋に護衛艦来てるな」と。

じゃあ見に行きますか…

というわけで海老名から大さん橋に向かう。
桜木町を通り過ぎるときに
Hanabi花火!!
そこで気付いた。

今日は開港祭だ…!!
だから護衛艦来てたんだ…
横浜市民とはいえ社会人になってから移り住んだ私だと6月2日が開港記念日というのにあまりピンとこない。申し訳ない。

となると大さん橋の駐車場は大渋滞。
入口に並んでるあたりで花火はピークに。

Sukimahanabi駐車場から花火を鑑賞。
広場に上がると、花火が終わったからか観客も減ってきてゆっくり護衛艦が見れた。

Dd110DD110 たかなみ型護衛艦ネームシップたかなみ。通称たかみな。

まあ公開時間もとっくに過ぎ、外から眺めるだけなんですが…

というわけで相変わらずなノープランな一日が更けていったのであった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.05.04

想い出の地

わたしがスキーを始めて滑ったのは、大学1年生のあの時。
バブル真っ盛りのあの頃、大ヒット映画「私をスキーに連れてって(87年)」の熱気も冷めやらない90年冬だ。

大学の学食には格安バススキーツアーの売り込み営業マンが跋扈し、カラフルなツアーパンフレットが乱れ飛んだものだ。

初めてのスキーはそんな格安スキーバスで行った北志賀竜王スキー場。
ゲレンデの中に民宿が立ち並び、初心者から中級者まで楽しめるコースが気に入って結局毎年行くようになった。

そんな北志賀に、何年ぶりだろうか行ってみた。

ゴールデンウィーク後半戦、例によって直前になって旅行に行くことを決めた。

テーマは「高原ドライブ」

いろいろ探し回って志賀高原を走る志賀草津道路を目的地に、思い出の地北志賀へ。

Yama思い出の北志賀竜王スキー場。
5月上旬とはいえゲレンデのところどころに雪が残り、ロープウェイで上る山頂エリアではまだまだスキー営業中だった。

ロープウェイに乗り、山頂駅にあるカフェへ。

Mukasinokitasiga92年2月の北志賀竜王スキー場。

Pensyon2017年5月、あの時のレストランがまだ残ってるのを見て感激。
ロープウェイの添乗員さんにあの頃の熱気を熱く語るが、どう見ても20代半ばのお兄さんは「そんな時代があったってのは知ってます」的に聞いてくれた。
スマホに入れた当時の写真を見せたら「あ、この建物まだある!」とかなかなか面白いリアクションだった。

Mukasidayo右側にロープウェイが見えるが、写真は開業一年が経ったころ。
今年で開業26年であちこちに年季を感じるリフトになってるが、あの頃はピッカピカの最新鋭ロープウェイで…なんて話で盛り上がり、山頂へ。

Nagano1,930mの景色は見ていて飽きることがない。

絶景を堪能し、テーマの高原ドライブを実行に移すべく志賀高原を抜け、万座へ。

Saiko途中日本国道最高地点へ。
箱根じゃなかったっけ?と思ったけど、あれは「国道一号最高地点」だった…

Kougenこれこれ!こういうのすごく気持ちいい!
あいこちでシーズン最後のスキーを楽しむ人たちがいて、スキーもまだまだ人気あるなと実感したり。

万座から軽井沢に抜け、上信越道から関越、圏央道であっという間に帰宅。

25年前、長野方面にスキーに行くと移動に半日以上費やしたのを思い出したが、あの頃は金がなかったから関越道もめったに使わなかったからそりゃそうだった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.01

ラーメンと銀行

ゴールデンウィークの中日、平日だったのだが休みを取った私はどこかふらりとドライブに行こうかといろいろ策を練っていた。

もしや暇かな?と友人に声をかけたらこのノープランなドライブに乗ってくれ、あれやこれや行き先を決めだしたのが前日。

ずいぶん昔から気になっている月夜野のラーメンショップ?
月夜野と言えば赤城のモツ煮の名店永井食堂もいいな…

なんて話をしたらどれもお休みで開いてないと…

あーだこーだ打ち合わせた結果、ようやく探し当てた群馬のラーメン屋を目的地と決め、翌日の決行を迎えた。

当日は友人とは高坂SAに集合。
高坂SAって新しくておしゃれなSAってイメージだったけど、今見るとずいぶんくたびれたSAになってしまった…

そうそう、SA、PAで一番のお気に入りだった東名高速駒門PAが移転してこざっぱりしてしまったらしい。
あの昭和なPAがもう見られなくなってしまったのはさみしいものだ。
ああいう面影のあるPAは、身近なところだと西湘バイパスの西湘パーキングくらいかなぁ。

さて、目的地は群馬県にあるうまいラーメンショップ東大室店。

北関東自動車道並志江PAのスマートICで降り、一路ラーメン屋へ。

Rasyo到着~~

街道沿いのラーメンショップによくある大きな駐車場を備えた店構えは気持ちを高揚させる。

Kitakantoukei私の好きなラーショとは一味違う、もやしやシナチクが入る、いわゆる「北関東系」と言われる盛り付け。

平日昼間にラーショを食べに北関東ドライブってのも面白い。

ラーメンを食べ終わり、ここまで来たんだから、と横浜銀行へ。

群馬県と横浜銀行の因縁についてはこちらを。

群馬県にある横浜銀行三支店、前橋・高崎・桐生のうち二つは攻略済みで、残る桐生に行ってみようと。

Hamagin同行の友人は「ふ~ん」な感じだったが気にしなーいい

Kiryuusitenコンプリート。

某経済通の友人に「群馬に横浜銀行の支店が三店あってさぁ」といった瞬間、「生糸か!」と返してきたことがあった。
友人によると、日本銀行の支店で「?」ってとこにあるのは生糸繋がりなことが多いからピンときたと。

日銀福島支店は東北地方で最初にできた支店なのだが、東北地方で作られた生糸などの集積地だったので真っ先に福島に支店ができたそうだ。

そうなると日銀横浜支店は?!となるが、日銀横浜支店の歴史は浅く、戦後GHQとの決済業務などを想定して1945年8月28日に日本銀行横浜駐在員事務所が開設されたのが始まりとのこと。
東京が近いからそれまで支店を開く意義はなかったってことか…

そんなこんなで桐生を後にし、せっかくなので
Nanakosiいつものななこし。

もう何度も来ちゃってる気がする。

Gutenbagaグーテンバーガー改めチーズバーガー。

というわけで北関東駆け足ドライブはこんな感じで終了~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.12

納車記念ドライブ

飛行機写真でいつもお世話になっている方にトヨタの86が納車されたと聞き、こりゃ黙ってられないわいと納車記念ドライブを企画した。

集合場所は横須賀佐島漁港のそばにある「Marine&Farm」でおしゃれなモーニング。

いちおう湘南まで車ですぐ(深夜なら30分)の所に住んでいるハマっ子なので、うまいラーメンショップしか知らないわけじゃないんだよアピールをしながら、ナウい湘南ボーイによく似あう湘南ベーコンエッグプレートをオーダー
Syareotuasagohanここで食事をするなら、やっぱり相模湾を一望できるテラス席がイチオシ。

Osyarekanban空気が澄んでいれば富士山まで一望できるのだが、このひはあいにくもやっていて江の島までがなんとか。

ちょっとゆっくり目に朝食を取った後はのんびりと三浦半島ドライブ。

昔、まだ外回りの仕事をしていたころにちょいちょい休憩を取っていた剱埼灯台に久しぶりに行ってみた。

仕事中に来ていたのはもちろん平日で、たぶん初めて休日に行く剱埼灯台はそこそこ訪れる人がいるようで狭い道を車が行き交う。
納車されたばかりの車にはちょっと厳しく、ちょっと申し訳ないなと思ったが、こじんまりした磯から眺める相模湾に免じて許してもらおう。
Buratamorisiki

お昼は三崎のお気に入り「海舟」で海鮮づくし。
Kankansiki名物舟盛りを並べて艦隊風に。

ちょっと短い三浦半島一周ドライブだったが、堪能できた一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.10

ドキュメント 冬のごほうび 2017 序章編

1月上旬、愛犬を亡くしひどく落ち込んでいたBlueforceさんから、温泉に行きたいすぐにコーディネイトしろ、と厳命が下った。

「明後日、どうしても秘湯に行きたい」

そんな想いをかなえるべく、予約の電話をかけまくったが、さすがに2,3日後の温泉旅館の予約ができるほど甘くはなかった。

「来月、来月行きましょう。必ず予約を取って見せます」

そう約束をし、2月の温泉旅行計画が動き出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧