武器

2015.12.06

新田原にいってみた

昨年行ってとても楽しかった新田原エアフェスタ。
航空祭も楽しいのだが、日ごろネット上でお世話になっている方々があちこちから集まってきて忘年会よろしく基地の周りでワイワイやるのがとにかく楽しい。

というわけで、今年も宮崎まで行ってみた。

といっても、飛行機代だってバカにならないので、一年間しこしこ貯めたマイルを使ってタダで往復するという必殺技を使った。

むかーし作ったシンガポール航空のマイレッジクラブで溜まったマイルを使ってANAの国内線を予約したのだが、電話で便を予約し、チケットはメール添付のPDFで届くというシステム。

果たしてこれで飛行機に乗れるのかとっても不安だったのだが、当日のチェックインはびっくりするくらいスムースに進み、あっという間に搭乗。

Yokohamakuusatu朝焼けに浮かぶ横浜。抜けるような空が気持ちを高ぶらせる。

Atugikuusatu眼下に3つの飛行場が見える。

Kaisetu厚木に立川、横田。
っと、厚木基地の手前に旧藤沢飛行場、現在の荏原製作所藤沢事業所が見える。

1959年に厚木基地所属のU-2偵察機が燃料切れのトラブルで不時着したのがこの藤沢飛行場だったのだが、こう見るとほんのあとちょっとで基地に帰れたわけで、本当にすっからかんだったんだろうな。

宮崎空港で大阪から来た友人と合流し、基地に向かうべく電車に乗り最寄りの日向新富駅に向かった。
駅からちょっと歩いたところのチャンポンハウスたつやに立ち寄り、名物のカツサンドをゲット。
Tatuya
Tikinkatu定食もうまそうな店だったのだが、時間も無いのでテイクアウト。
このサイズでハーフ。1人前はパンの間にB5判ぐらいのチキンカツが挟まっている。ハーフでも十分食べ応えあり。

飛行機撮影のベースキャンプはその道では有名な空の駅・眺鷲台
昨年もここに車を止めて拠点にしていたのだが、食事をする時間がなく何も食べなかったのだが、今年は是非ともということで。
Zidoriramen去年見て食べたかった宮崎地鶏ラーメン。
宮崎地鶏が思った以上にたくさん入っていて、しかもコリコリ美味しいのなんの。満足満足。
Katukare航空祭当日はメニューが限られていたのでカツカレー。量勝負で味は・・・

Tikinnanban初日の夜はホテルのチラシで見つけた闘魂居酒屋鉄人へ。
なんか居酒屋面白部門エントリーで味は二の次かと思ったが、なかなか安くて美味しい宮崎名物鳥料理が楽しめた。

土曜日の夜は宮崎名物鶏のもも焼き発祥の店といわれている丸万焼鳥へ。
Torisasi
Yakitori鳥刺しに手羽焼き。
さすが美味しいのだがなかなか料理が出てこないのが残念。忘年会シーズンに航空祭が重なって店も相当混んでいたようだけど。

〆は昨年食べて大満足だった釜揚げうどん戸隠へ。
Udonちょっと甘みがあってふんわりゆずの香りがする汁に細身のうどんをくぐらせて、これがやっぱりおいしいね。
ちょっと贅沢に卵も落として満足満足。

旅の〆は去年と同じ、宮崎空港のレストラン夢かぐら
Siitakeやっぱりこれは外せない椎茸ステーキ。

朝は早起きして飛行機撮影、夜は繁華街で忘年会。本番は雨にたたられたけど、いや~~、楽しい新田原航空祭だった。

飛行機のほうの写真はいつもの別邸で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.15

観艦式に行ってみた

いつも趣味界隈でお世話になっている方から、「15日、休めるか」とメールが。

こっちから質問はない。

「休めます」と返信。

というわけで、観艦式に行ってきた。

Tyahu
Syukuhou

詳しくはいつもの通り別邸で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.12

FLEET WEEK

今年は自衛隊観艦式の年。

観艦式を盛り上げるために、観艦式参加部隊が集まる横浜、横須賀、木更津では自衛隊だけでなく自治体も巻き込んで様々なイベントが行われる。

そんなFLEET WEEK、横浜では大さん橋に係留された護衛艦いずもに電灯艦飾が施されるというので、ランドマークタワーに上って眺めてきた。

Izumoランドマークタワーの最上階スカイガーデンから見ると、海上自衛隊が保有している艦船(自衛艦)の中で最大のいずももずいぶんこじんまりとしてる。

さて、翌日は観艦式の事前公開(体験航海)があったので、三浦半島の先端、城ケ島から見物してやろうと早朝から島に乗り込み、城ケ島公園から観艦式会場の相模湾を眺めてみる。

Burunotan今年は観艦式で初めてブルーインパルスが参加。

洋上での曲技飛行がどんなものなのか見当もつかなかったが、離れたところから見る曲技飛行もなかなか。

Sakuranozyunbi
Sakuranokanseiというわけで、曲技飛行の華でもある「桜の花」も遠方から眺めるとずいぶん平べったい。

海上には護衛艦も並んでいるが、艦上からみる桜は壮観だろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.16

富士総合火力演習に行ってみた

ネットで応募はしたものの、やっぱり連絡はなく外れてしまった陸上自衛隊の人気イベント、総合火力演習。

諦めていたのだがひょんなことから友人に誘っていただき、「団予行」の日に見学することができた。

当日早朝に御殿場駅に集合し、おなじみ東富士演習場へ。
Dhyun
Babababababa

そして久しぶりに夜間演習も。
Babyun

と、いうわけで詳しくは別邸で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.29

厚木で暇つぶし

春恒例の「厚木基地 日米親善春まつり2015」が迫ったこの日、お祭りに展示される米海軍の戦闘機がくるんじゃね?ということで知り合いのマニアが厚木基地周辺に来るというのでちょっと行ってみた。

特になにが撮りたい!とかないので、超のんびりモードでぷらぷらしてると知りあい発見。
戦闘機を撮りながらあれこれバカ話をしてなかなか充実したゴールデンウィーク序盤戦だった。

IgurusuVFA-115 Eagles #300

RoiyarumeisuVFA-27 Royal Maces #200

DaiyamondobakkusuVFA-102 Diamondbacks #100

知り合いは春まつりには目もくれず、岩国に遠征するとか。頑張ってくださ~い(^-^)/~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.07

新田原エアフェスタ2014に行ってみた

ちょっと前までは考えもしなかったことだけど、いよいよ飛行機に乗って基地祭に行くようになってしまった。

昨年三沢に行ったが、あれは道中の寄り道も目的だったりしたが、今回純粋に航空祭を楽しむだけで九州は宮崎で行われた航空自衛隊新田原基地であったエアフェスタ2014に行ってきた。

新田原基地は滑走路のすぐそばまで近づくことができると聞いていたので楽しみに九州に向かった。

気合いを入れて金曜日に休みを取って羽田に向かう。
当初は休みをとらないつもりで夜発の便を取ったのだが、出勤後に羽田、ともなると撮影道具やお泊りグッズを持って出勤するのが面倒なので休みを取った。

といえ、休みを取ったはいいが、便の変更をするとべらぼうなお金が飛んで、出発時刻はそのままでのんびりと羽田に向かった。


Haneda久しぶりに展望デッキで撮影。
特に何があるでもないので、知る人ぞ知る百里680と記念撮影。

しばらく空港をぶらぶらして夕暮れ時に搭乗。

Yakei今年の9月1日から離着陸時の電子機器利用の規制が緩和されたので、さっそく夜景撮影。
三浦半島から相模川にかけての景色

Kaisetuこのどこかにうちも映ってるんだなぁ…

宮崎空港には既に週の半ばから展開している友人にピックアップしてもらい、ささやかな宴会を楽しんだ。

土曜日はエアフェスタの予行があり、本番のプログラムに沿ってヘリや戦闘機、ブルーインパルスが演技を見せてくれた。
それらはいつもの別邸で。

この日はプジョー仲間のしらのさんと久しぶりの再会。
鹿児島に住むしらのさんも予行を楽しもうと来られたのだが、途中307CCのミッションにトラブルが発生するという教科書のような出来事を乗り越え、レンタカーで登場。

最近は307CC乗りも本当に減ってきて、トラブルもあちこちから日常茶飯事に聞くので本当に大変です。

Tokonatu予行を楽しんだ後はホテルに戻り、本番事前反省会と称する宴会。
途中、シーガイアのそばで海をパチリ。
60年から70年代にかけ、宮崎は空前の新婚旅行ブームに沸いた。
ブーム絶頂の頃は全国で結婚したカップルの3割以上が新婚旅行先に宮崎を選んだというが、この風景を見ればまだまだ海外旅行が高根の花だったあの時代に南国ムードを感じられるこの地にあこがれたというのも理解できる。

事前反省会は宮崎随一の繁華街ニシタチにある黒木屋で。
ホテルのフロントでお勧めの居酒屋を聞いて予約の電話を入れたのだが、どこも満席。
航空祭に年末の忘年会シーズンも重なり、10件ぐらい電話を掛けまくってようやく押さえられたのがこの店だった。
が、予約時間に店に行くと予約が入っていないと。
いえいえいえいえ、私が電話しましたし。この店に電話入れましたし!この番号に電話しましたしっ!!
「あー、これ別の支店の電話番号ですね」
「…………」

店長のご厚意で急きょ部屋を用意していただき、無事事前に反省をすることができた。店長様様でした(^-^;
Otoosi黒木屋が特別なのか宮崎のスタンダードなのかはよく分からないが、お通しがお寿司だった。

Tikinnn宮崎と言ったら鶏の炭火焼き。

Tikinnanbanそしてやっぱりチキン南蛮。

ほかにも地頭鶏(じとっこ)の美味しそうなメニューがたくさんあったのだが、頼んでも頼んでもオーダリング端末からは「ピー」のエラー音。そう、品切れのオンパレードに店員さんも思わず苦笑い。

宮崎といえばうどんも有名で、〆に食べたかった私はみんなを連れて釜揚げうどんの店、戸隠本店へ。
このお店、しらのさんに教えてもらったのだが、私ドストライクなお店だった。

Udunya見てくださいこの店内。
演出ではなくナチュラルに存在するこの昭和。

Udun細めの釜揚げうどんに甘辛の柚子風味のつけ汁。
これが美味い!
締めにぴったりのうどんに大満足して翌日の本番航空祭を楽しんだ。

本当の反省会は宮崎空港のレストラン夢かぐらで。
Kanpai
Toriniku鶏もも炭火焼で乾杯。

Siitakesuteki知らなかったのだが、宮崎は椎茸の名産地だとか。
黒木屋では品切れで食べられなかった椎茸のステーキを堪能。
さすが名産だけあり、肉厚ぷりぷりで本当の肉のような触感。これは品切れになるわけだ。

乗る予定の便は千歳からの折り返しで、雪で遅れたとのことで本当は時間ぎりぎりだったところお食事もお土産選びも時間たっぷり。

Hyuuganatusohutoデザートはドリンクスタンドパームの日向夏アイス。

Patapataアイスを食べながら発見。もはやレッドデータブック入りも間近だと思うパタパタ時刻表。

というわけで定刻から1時間以上遅れで宮崎から羽田に到着。

Kyatatumaturi航空祭の締めは、羽田の手荷物コンベアに並ぶ脚立。

初めての飛行機遠征は楽しく終わったのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.09.28

久しぶりの航空祭

Eafesuta久しぶりに航空祭に行ってみた。
場所は浜松。直前まで行こうか迷っていたのだが、車で3、4時間ならすぐそこだな、なんて思い、深夜2時ごろに出発。

早朝、先に浜松入りしていた友人と合流し、浜松基地周辺は混むだろうという予測の下、タクシーで基地に乗り込む。

思っていたほどの混雑はなく、開場とほぼ同時に基地の中へ入ることができた。

会場をぶらっとした後、撮影場所としてもくろんでいた基地南側に移動。
初めての基地だし、どこを何が飛ぶかとか予習はほぼしてこなかったので、みんなについてゆくだけ…

というわけで観光バスの駐車場と思しき所に陣取り、飛行機が飛ぶのを待っていると、大型機のエンジン音が。

Ropasuおぉ、KC-767がやってきた。
生で見るのは初めての自衛隊が誇る空中給油機だ。
日本がKC-767を採用したのが2008年。当初導入予定だったアメリカ空軍では導入の経緯に不透明なところがあると議会で問題になり、この当時は採用が見送られ、同機種を運用するのは日本とイタリアだけだった。

これが生産機数が少ないことからくるコストアップや運用リスクがあれこれ問題になったのを記憶しているが、結局米軍も採用を決め、そこは一安心になった様子。

それにしても、専守防衛が旗印の自衛隊が空中給油機をもつとはねぇ。
「いやいや、これがあれば訓練時に給油のために基地に戻る回数が減るから騒音が減るんだよ!」とか自衛隊は言ってたけど、よくその言い訳思いついたな!って当時は思ったものだ。

Kuutyuukyuuyu航空自衛隊は空中給油方式にフライングブーム式を採用している。
前世代の給油機では機体後部から目視でフライングブームをジョイスティックで操作して被給油機に接続していたのだが、KC-767では操縦室の後ろにある部屋からテレビモニター越しに給油操作をする。

EhutuuF-2の機動飛行。
実はF-2の生機動も初めて見る。富士総火演でも頭上素通りするの見ただけだし・・・
いや~最強戦闘機の呼び声が高いF-2の機動はやっぱすごい。そして洋上迷彩がなんてかっこいいんだろ。

Ewakkusuこれも飛んでるの初めて見たE-767、早期警戒管制機(AWACS)である。
こちらは日本独占販売で、航空自衛隊しか持っていないレアモデル。

Ewakkusunobankuなかなか気合いの入ったバンクを見せるE-767。
旅客機ベースの軍用機が取る思い切った機動は見ていて気持ちがいい。

Hatosama締めはブルーインパルス。
雲ひとつない青空でのブルーも何年振りだろうか。
飛行高度を生かした演技も堪能できた。

Rupuやっぱブルーは人気があるね。
ブルーインパルスのパイロットも3年のブルーインパルス勤務が終わると戦闘機部隊に戻るわけで、いつまでも彼らが実戦を経験しない世の中を守っていきたいな~、なんてことをブルーインパルスの素晴らしい演技を見るたびに思うわけである。

これで航空祭のイベントは終了。
あとは帰るだけである。

帰りは友人たちと一緒にドライブすることになり、長旅に備えて浜松といえば
Unagiでしょ。
明治創業の名店、八百徳本店のうな重を堪能。高くて美味い!

スタミナも付け、友人におごってもらったレッドブルパワーもあいまって家を出てからあまり寝ていないのに第二東名をノンストップで走り抜け、伊勢原バス停付近の名物渋滞も秦野中井ICからの裏道で華麗に回避。
あっという間に帰宅できた。

天気がいいと航空祭も面白い。ほとんど格納庫にいた豪雨の三沢がいい思い出になるのはいつのことだろうか。
というわけで、ひっそりといつもの別邸を更新…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.09.28

横須賀沖洋上迎撃戦

Sensuikan以前、シンガポール海軍の軍艦を船から撮ったことがあったが、またまたそのような機会に恵まれ、横須賀沖で獲物を待ちかまえることとなった。

獲物は太平洋に面した各国が、万一潜水艦事故が起きた際にスムーズな連携を取れるべく行われる第6回西太平洋潜水艦救難訓練に参加するオーストラリア海軍の潜水艦ウォーラーと韓国海軍の潜水艦イチョン。

Hunetohune
今回は天気は良かったものの風の影響で波が高く、乗り物に酔わない私でもヘロヘロになってしまった。

恒例のGPSの航跡。
Sukayoko
シンガポール海軍の時と比べ、横須賀湾を広範囲にわたって徘徊してる。
なかなか出てこないウォーラーの待ちぼうけの軌跡ともいえるか(笑)

という訳で、続きはいつもの別邸で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.25

総火演の予行に行ってきた

Taihou昨年に続き、今年も総火演を楽しむことができた。
昨年は本番だったが、今年は某友人のあとをついて総火演の予行練習の見学である。

天気は悪くはなかったものの、雲も多く、写真を狙っていたF-2戦闘機はほぼ雲の中を飛んでいた。
Huziyama恒例の「対TOT富士発動!」も、今年は本物は見えず。

他演習の様子はいつもの通り別邸に譲るとして、装備品展示の様子を少々。

演習が終わり、ほんの少しの時間ながら演習で活躍した自衛隊装備品を間近で見ることができる装備品展示は、また演習に参加した隊員さんと直接話ができるチャンスでもある。

12siki私は、今年演習初参加の12式地対艦誘導弾に興味があったので、まずは担当の隊員さんに話を聞こうと向かったのだが…

とにかく何を聞いても「それはちょっとお答えできなくて…」と申し訳なさげな答えに終始。
さすが最新兵器。

12式の前モデル、88式は三菱ふそう製ザ・グレートをベースとした74式特大型トラックに架装されていたが、12式は重装輪車両に架装されている。
wikiには三菱重工製と記載されているが、隊員さんに「どこ製ですか」と聞くと「国内有名メーカー製です」と何やら通販の解説のような答え。
「すみません。防衛省のホームページに書いてあるようなことしか答えられないんです」と言われてしまい、「タイヤの数は6個です、ぐらいですかね?」と聞いても「う~~ん、それもちょっと…」と(笑)
陸上自衛隊のホームページを見たら、確かにタイヤの数は書いてなかった。写真では8個あるように見えるのだが(笑)

次に、軽装甲機動車を見物。
窓には相変わらず「接写禁止」の貼り紙が。
「何を撮っちゃいけないんですか?」ときくと、「それは言えません」と、よく考えたらごもっともなお答え。

他にもいろいろ興味深い、そして面白い話が聞けた。
観艦式や総火演などは、写真を撮るだけでなく隊員さんと直接話をするのも楽しいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.01.20

習志野空挺 降下訓練初め

Pyon新春恒例の、陸上自衛隊 第一空挺団 降下訓練初めを見に、習志野まで行ってきた。
前回はとても寒かった覚えがあるのだが、今回は素手でもシャッターが楽に切れるほどだった。

日の出前に家を出て、ディズニー渋滞とオートサロン検問渋滞に華麗に捕まり、ヘロヘロになりながら会場着。

しばらくすると目の前に大型輸送ヘリが着陸。
Dassyu誰が出てくるかと思いきや、一人の隊員がダッシュで飛び出してきた。

なにが始まるのかと思いきや
Pasyapasya降りてきた偉そうな人の写真をひたすら撮り続けてた。
有事の際も命張って写真を撮る係の人なんだろうな。

Uewomiroという訳で、私もこんな風に腕ぷるぷる言わしながら撮った写真は、例によって別邸でどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)