物欲

2017.05.28

時計

そこそこ古めの男子なので、車・カメラ・時計とモノマガジンの表紙に出てきそうなものは一通り興味はある。

時計は昔からセイコーが好きで、クオーツから機械式までいろいろ買ってきた。
もちろん高級なものはそう買えないので、機械式といっても海外向けSEIKO5がお気に入り。

そんなセイコーの腕時計の中で昔から欲しかったものがある。

Boroboronotokei
セイコーのトップブランド、グランドセイコー2代目モデル、型番:6146-8000
盤面に刻まれる「HI-BEAT 36000」は、毎時36000振動の高速振動ムーブメント搭載の証。
この時計は国産初の自動巻き36000振動ムーブメントを搭載したモデルだ。

毎時36000振動がどうすごいのか、実は私もよくわからないのだがムーブメントの振動数とは振り子時計の振り子みたいなものか?
1秒に1回動く振り子と1秒に10回振れる触れる振り子では10回振れる振り子のほうが正確に時間が測れる。
つまりそういうことらしい。

これが欲しくて欲しくて、でも当然新品なんかは
売っておらず、中古時計ショップやネットオークションでも高い価格で取引されておりとても手が出なかった。

が、あるときネットオークションで見つけてしまったのだ。
不動品のジャンク扱いでで安いやつを。

思わず落札してしまった。
Boroitokei
うむ。
傷だらけだし動かないしかなりキテいる。
でもその分相場の5分の1くらいの値段で入手できた。

で、これをオーバーホール。
最初はセイコーの純正サービスでオーバーホールをしようと思ったが、時計のあまりの状態の悪さに、いい値段する純正サービスでもキレイにならなかったら…と思うとちょっとビビってしまい、ネットで見つけた時計ショップに依頼した。

見積もり段階でオプションの外装研磨を入れてもセイコーでオーバーホールするよりかなり安く済み、修理が終わるのを楽しみに待った。

ゴールデンウィークも挟み、預けてから1か月以上たってようやくオーバーホール完了。
届いた時計を見て驚いた。

Kireinatokei
想像以上にピカピカだ。
上の写真と同じ時計とはとても思えない(笑)

これは大満足。
この時計、私よりも古いのにそれを感じさせずにとても快調に動いている。
わたしの身の回りにあるなかでたぶん一番古い工業製品だろう。

その古さを感じさせないデザイン、そして時刻を刻む正確さがほぼ半世紀たっても通用するのが素晴らしい。
これはさらにあと半世紀だって十分通用する時計だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.07

サングラス

ぜんぜん気にもしていなかったグッズがひょんなきっかけでとたんに気になりだす、ってことがたまにある。

友人が気に入って使っていた偏光グラスがあった。
わたしもドライブをするときに偏光グラスを使うので、偏光グラスのメリットは知っているつもりだった。

友人は「TALEX」というブランドを気に入っている様子で、品質の良さをやけにアピールしてきたのだが、私はふ~~~んと聞き流していた。
わたしはユニクロで買った980円の偏光グラスで何ら不便を感じてなかったし。

そんなある日、横浜のランドマークプラザにある眼鏡屋さんをウィンドーショッピングしていると、件の「TALEX」のPOPが目についた。

そこに

「私たちTALEX社は、幕末から続く眼鏡レンズ発祥の地、田島町(大阪)で生まれました。」

え?
幕末?大阪?

こういうのにめちゃくちゃ弱い。

イタリアあたりのチャラブランドかと思ったら、戦前どころか幕末から続く日本製なのかTALEX。
創業時の社名「田村レンズ製作所」のンズでタレックスか!

とたんに気になりだしたTALEX。

その日はいったん店を離れ、すぐに友人に連絡していろいろ勉強。

というわけで
Tarekkusu買ってしまった。
ユニクロのフレーム込みで980円に比べてこっちはレンズだけで1万円。

フレームはカッコつけてイタリアのチャラブランドにしたので、総額ではユニクロの偏光グラスが3,40個買える値段に…

でもいいんだ。こちとらメイドインナニワよ。

チタンフレームでフレームの重さを感じさせない最高のかけ心地。
もちろん余分な眩しさだけを取り除くからか見えるもののエッジがくっきり浮き立つ感じはさすが980円にはない見え方。

今回は予算の都合で度なしで作ったが、これなら度付きで作りたくなる。プラス30ユニクロかかるらしいけど…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.02

キーホルダー

ずーっと気に入って使っていたキーホルダーが壊れたのが1年ぐらい前だったか。
とりあえず、ということで手元にあったキーホルダーで場をつないでいたのだが、先日プジョーに行った時になかなかお洒落なキーホルダーを見つけた。
Kihoruda色はオレンジ、ブルー、グリーンがあり、ブルーとグリーンでさんざん悩んでグリーンをオーダー。

が、受け取りに行くと敏腕営業マン氏から「これもどうぞ」とブルーをプレゼントされた。

うぉっ!これは非常に重いメッセージだっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.10.22

お紅茶マシーン

Okoutyaネスレがコーヒーマシンを売り出して、それがまた流行ってるとか。
カプセルをポンとセットしてボタンを押すだけで美味しいコーヒーができるという、最近広告でよく見かける例のヤツ。

私もそれなりにコーヒーはたしなむのだが、どちらかというとエスプレッソをベースにしたいわゆるシアトル系コーヒーが好きだ。
ネスレのドルチェ グストなんてすごく美味しそうなラテとか飲めそうで欲しいなぁ、なんて思ってたんだけど、ミルクをどうやって入れるのかなー、なんてことも思ってた。

で、ヨドバシカメラでその辺チェックして見ると、どうやらコーヒーのカプセルとは別にミルクのカプセルも使い、1杯のコーヒーに計2個のカプセルを使うとか。
うーーーーん、めんどくさいしちょっと高くつくなー、なんて思ってコーナーをうろつくと、UCC上島珈琲ブランドで同じようなの発見!

ほほー、こっちは紅茶も作れるのか~。
ウチは紅茶もよく飲むからなぁ~~
でもこっちはシアトル系のレパートリーは皆無か。やはりミルク対応は難しいのかな。

なんて思っていると、ネスレコーナーでティーマシンSPECIAL.Tなるものを発見。
こっちは紅茶に特化していて、フレーバーティーや日本茶も楽しめるらしい。
コーヒーを切り捨てることになるけど、お茶のレパートリーからすればUCCやドルチェグストよりも楽しめそうだな~、ということで決断。
Otyasetto本体を買うと必ず付いてくる初回限定セットがこれ。
さらにティーカップが一つついてくる。せめてペアで欲しかったが、もう一個は通販で買えとのことらしい。
いわゆるプリンター商法と同じで、カプセルで利益を出すビジネスモデルなのかな。
だいたい1杯60円から70円するので、家庭で飲む紅茶としては高い単価だろう。

まあティーバッグなんかに比べたら断然凝ったフレーバーの紅茶が楽しめる訳だし、セイロンだダージリンだと飲み比べも簡単にできるし、これからの紅茶ライフのクオリティーはかなり上がったと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.02.22

デジカメ増台

Kurupikusu気になるコンデジがでた。
ニコンクールピクスS800c。Android OSを搭載したコンパクトデジカメだ。
WiFiを搭載し、撮影した画像を無線で飛ばせるコンデジは今までにもあったが、Android OSを搭載し、モバイルWi-Fiルーターを使えば、撮ったその場でSNSに投稿できる。

これがなかなか魅力的に見えて、ガジェット好きには手に入れてみたい逸品だった。
とはいえ、なかなか購入に踏み切れなかったのだが、先日ようやく買う気になり、購入に向け始動。

事前の調査で、デジカメ下取りで3000円引きとの情報も得ていたので、私が初めて買った富士写真フイルム(当時)のFinePix1700Zを持参して、ヨドバシに行ったのであった。

正直、FinePixを下取りに出すのは、初めてのデジカメということで思い出も詰まっているしで悩んではみた。
しかし、壊れて動かないカメラだし、3000円になったほうがカメラも幸せだろうと勝手に決め付けて踏ん切りをつけてデジカメコーナーに。

そこで、ニコンの法被を着たおねいさんに「これください」というと、意外や意外、「ちょっと待った」のひと声。
おねいさん曰く、S800cは電池の持ちが悪くAndroidアプリをいじくっているとすぐに電池が無くなること、そして充電中はカメラが操作できないなどなど。
どうやら、購入後のクレーム、とまでは言わないまでも不満を感じるユーザーが多いので、お客様も思いなおされては?との親切心からのアドバイスのようだ。

そう言われると心がぐらついてくる。
おねいさんのお勧めはクールピクスS6500
これならWiFi標準搭載なので、スマホに画像転送すればSNSにコンデジ品質の画像を投稿することはできる。

いろいろ悩んで、値段も最新機種のS6500をS800cと遜色ない価格まで勉強していただいたので、S6500を購入。

下取りキャンペーンは対象外だったので、因果なものかFinePix1700Zも手放さずに済んでみたり。

スマホとの連携に四苦八苦しつつ、まだ大した写真は撮れてないけどどんなもんか…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.07.09

包丁

昭和初期、世界の一等国の一員となった日本はアジア最大の市場を持つ国として世界から注目を浴びるようになった。
なにしろ、フォードが日本に自動車工場を作っちゃったくらいだ。
横浜市神奈川区の子安に、いまはマツダの研究開発施設がある一帯に日本フォードが工場を作ったのが1928年。
当時の日本の自動車メーカー全社合計の生産台数が年1000台にも満たない時代に、フォードは子安の工場だけで年産1万5000台の大量生産体制を構築したのだ。

この工場は戦時中に日本に接収され、戦後は生産が再開されることなく1979年まで放置され、その後資本提携することになったマツダに譲渡された。

日本の製造業が国内工場を持て余すこの時代、海外の製造業が日本に工場を持つなんてもはや夢物語にも聞こえる。
そんななか、日本の地方に日本法人の本社と工場を置く有名ブランドがある。

岐阜県関市に本社を置くツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン株式会社
ドイツの刃物の街で有名なゾーリンゲンで生まれたツヴィリング J.A. ヘンケルスの日本法人である。
そして関市と言えばこちらも言わずと知れた日本の刃物の街。

ツヴァイリングが日本に工場を作ろうとした時、迷わず関に目を付けたそうだ。
そこにはゾーリンゲンと通ずる歴史と伝統、そして技術があったから。

そんなドイツと日本の伝統と技術が融合した究極ともいえる工業製品である包丁。以前から欲しかったのだが、やっぱりお高い。
ちっさな果物ナイフでもいいから欲しいなぁなんて思っていたら見つけてしまった。

先日オープンした三井アウトレットパーク 木更津にあるツヴィリング グループ ブランド アウトレット

お手頃な果物ナイフがあったので買おうかと思ったら、店員さんが刃物セットを強烈にプッシュしてきた。
うおーーー、なにこれすごく欲しい!でも高い!
うーーーんうーーーんと悩みに悩んで
Hotyoはい購入。
でもすごいこれ。スパーーンって切れる。
フランスパンとか、今まではのこぎりみたいなパンナイフで切ってたけど、これならスッと押すだけで切れる。

ドイツブランドのメイドインジャパン。
あ、イタリア忘れてたけどまあいいや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.05.13

天体観測

ちょっと前に月食の写真を撮ってからというもの微妙に天体写真が気になっている。
以前にもこんな写真を撮って天体写真の面白さの片鱗に触れちゃってたんだけど、前回撮った月食写真の出来にイマイチ不満だったところに来週やってくる天体ショー
日食そのものは特段珍しいものではないが、自分の住んでる場所で金環食が見られるというのは相当に珍しいと思う。

という訳で今回頑張っちゃうぞ~という訳で
Nd100000太陽を直接撮影する際に必要な、光を1/100000まで減光させるフィルターを購入。
これがまた品薄で、まったくニホンジン ハ オドラサレヤスイデスネー

以前中古品で見つけて衝動買いしたリモートコードもようやく日の目を見そうだ。日食だけど。

で、ここまでそろえて気になるのが当日の出勤と天候。
週間予報だと絶賛晴天予報なのだが、週間予報の1週間後の的中率は約60%とか。
仕事は天気に比べりゃどーとでもなる。

こりゃ目が離せませんゾ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.28

製造中止と聞いて

この間、あっち側に渡る覚悟を決めて300mm/f4を購入し、デジカメに関しては一通りの物欲は解消されていた。
もちろん欲しいアイテムはいろいろあるのだが、言ってみれば置き換え需要のようなもので緊急性や必要性はかなり低い。
とはいえ、わずかながら物欲を刺激するアイテムも確かにあり、その筆頭がマルチパワーバッテリーパック MB-D10だった。
これは大容量バッテリーをセットすることでカメラの連写速度が標準バッテリー装着時の約7コマ/秒から約8コマ/秒に上がるアイテム。
正直、毎秒7コマが8コマになってもそれ意味あるの?と思ってたし、なにしろこのMB-D10ってやつが\42,000もする高価な品なのだ。
1秒に撮れる写真を1枚増やすためだけに\42,000。
いや、正直に言うと、MB-D10を購入しただけでは1枚増えず、EN-EL4aという\18,900の大容量バッテリーと充電器\21,000、それにバッテリーをセットするBL-3という\3,675のカバーが必要になり、計算するのも面倒くさい金額になるのだ。
という訳で購入に二の足を踏むというか見送り態勢を取っていた。

そこに降って湧いたこの製品を含むいくつかの製品の出荷停止のご案内。
デジタル一眼レフカメラおよび一部アクセサリーの国内向け出荷終了について(ニュースリリース)≫
改正される電気用品安全法の影響で国内向けの出荷を取りやめるとのこと。
このニュースのおかげでMB-D10は一気に品薄になり、中古市場でも価格がグンと跳ね上がった。
余計購入意欲はそがれ、見送りどころか忘却の彼方へと飛んでいってた。

Batterigurippuところが、先日のお花見の時、プジョー仲間のみっちーさんがもつMB-D10をちょっと借りて自分のカメラに付けたとき、あれ?ちょっとカッコいいな、なんて思っちゃってマップカメラをチェック。
跳ね上がっていた中古価格も落ち着いていて、なんとなく買い時な気がしてついつい購入してしまった。

しかし、高速連写に必要なバッテリーはお高いので見送り。
そもそもバッテリーをセットするのに必要なBL-3が\6,000近くで取引されていてなんだか呆れてしまった。

ところが!
「BL-3」でネット検索をしていると魅力的なアイテムを発見。
バッテリー・充電器・カバーがセットになってなんと\4,000以下という超刺激的アイテム。
Denkitukiもちろん出所不明の互換品。使用には自己責任が大原則だが、あまりの便利っぽそうな仕様についつい購入してしまった。
ちなみに購入前にあの手この手で検索したけど使用感などはヒットせず。誰も買ってないのかなぁ…とちょっと不安に(^-^;

Situkannmaamaa装着したところを見ても、カバーの質感に不満は無い。正直期待はしていなかったのだが、思った以上の出来。
DCジャックのゴムカバーもそれなりに面一になっていて不満は無い。
ただ、バッテリーケースを外すツマミの動きが安っぽすぎる。見た目はそこそこなので我慢できるのだが。

El4気になるカメラ本体での認識も問題無かった。
電池チェック画面で残容量などは正常に表示するし、info画面のバッテリー種別は「EL4」と認識している。
ただ、防水性能はゼロだろうし、耐久性もそれほど信頼はしていない。
もとより互換品、その点は納得しないと使えないということも理解しているつもりなので、あとは使ってのお楽しみというところだろう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.23

ペナン土産

超絶円高である。
引きずられてユーロもびっくりするくらい安くなっている。ピーク時から3割くらい安くなっているのではないだろうか。
プジョーが為替取引にいつのレートを適用するかは知らないが、いつだったかランドローバーが小売価格をいきなりびっくりするくらい値下げしたような、そんなディスカウントをやってはくれないだろうか。

という訳で、マレーシア通貨のリンギットもそれなりに安くなっており、ちょっとしたお買い物も楽しい。
大体3~500円あればとりあえず満腹になる。

ホテル周辺は、夜になると食べ物からお土産ものまで様々な屋台が出現する。
中には偽物の時計なんかを売る屋台がいくつも並んだりして。
試しに値段を聞いてみると、オメガだろうがロレックスだろうがモンブランだろうがどれも4000円ぐらいの均一料金だとか。
高いなぁ~というと、「安心しろ、3000円にまけてやる」だと。自動巻きだしサファイヤガラスで傷も付かないぞ、となかなか粘る。
いや~それでも高いからいらないや、というとわかった!2個で5000円だ!と引き下がらない。
もちろん買ったって日本に持ち込む訳にはいかないブツなので、やっぱいらないと言ってその場を離れた。
しかし店の大将(この大将がエリック・ツァンにそっくりで、できれば何か買いたかったのだが(笑))、電卓片手に私を追いかけてきて、「オーケー判った!10リンギットでどうだ!!」と言い放った。日本円で約250円である。
さすがに「あれ?、買ってもいいかも」と思ってしまった。ただの時計としても安すぎる値段だもの。別の意味で怖いわ。

という訳でエリック・ツァンから逃げ切った私は、後日ペナン島の繁華街、ジョージタウンで時計を買い求めた。
Seiko5_2買ったのはこれ、SEIKO 5。
以前にブログでもネタにしたが、セイコーが東南アジア向けに製造している手巻き時計で、通常は日本では手に入らないモデル。
前回買ったのがそろそろ3年が経ち、そろそろオーバーホールの時期だよなと思っていたところだったので、街で見かけた「SEIKO」の看板に吸い寄せられてつい買ってしまった。
ネットで見かけていいなぁと思っていたエメラルドグリーンの盤面は、日本のセイコーアウトレットショップでもなかなか見かけない逸品。
もちろんワールドギャランティーも付いた正規品。

モンブランの腕時計よりは高いけど、なかなかの買い物ができて満足満足(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.07.17

九州新幹線全線開業CM集

当時あれだけ好きだった南野陽子も、CDはもっぱらレンタルだった。グッズにあまり興味がなかったからかもしれないが、写真集やポスターは持っていなかった。(オンキョーのポスターを1枚だけ持っていたような記憶も…)
平松愛理だってCDはもっぱらパチンコの景品でゲットするだけだったのだが、唯一「Variacion CHAPTER1」というPVを予約してまで購入したのは何故だったのか、今でもあまり覚えていない。

時代は進み、私も人並みにiPodを持つと、たいしてファンでもないのにSMAPやAKB48の曲をiTunes Storeで買っちゃったりしている。
なにしろ買うまでの障害が低すぎる。
シャワーを浴びて体を拭いて服を着て靴を履いてドアを開けてドアを閉めて鍵をかけて階段下りて自転車に乗って自転車降りて店の中うろうろしてやっと探し当ててレジまで持って行って財布を出してお金を数えて店員さんに渡さなくても、半裸どころか全裸でもパソコンの電源入れて(♪)こんなアイコンクリックして歌手名をキーボードで叩けば1曲150円ぐらいで財布に手をかけることもなく買えてしまう。

Bonnbonnというわけでネットサーフィンしていたらいつの間にか手元にDVDが届いた。
恐ろしい世の中である。
インターネットがなければ絶対に買わなかった代物である。
恐ろしい世の中である。

ちなみにいまパソコンから流れている曲は5回くらいマウスをクリックしてダウンロードした「Boom!/マイア・ヒラサワ」である。
恐ろしい世の中である。


| | コメント (2) | トラックバック (1)